FC2ブログ

記事一覧

9 years ago・・・

昼間は非常に良い天気でしたが、夕方からはうす雲が・・
GPVでも今一歩みたいだし、月も大きいし。なによりちと疲れ気味なので、今晩はパス・・・
明日は晴れて欲しいナー
 
ようつべに、懐かしのしし座流星群の動画をUpしておきました。
 
 
2001年11月18日。
前日の11月17日も、撮影を敢行しましたが(翌日そのままフツー通り出社した・・)、ほとんど泣かず飛ばず。
こりゃ、ダメだよ、アッシャーさん、、、
と、思って、夜半過ぎから出かけよう・・と思っていたら、22時くらいから地平線から大火球が多数出現!!
げげっ、これは凄い!!と慌てて、近くの獅子ヶ鼻公園へ。同期の知人達や会社の方と一緒にでかけました。
 
使用したのは、半年程前に入手した特殊BSI-CCDビデオカメラ。
すでに感度劣化していたシロモノでしたが、8.5mmF1.4のCマウントレンズを付けると星像は甘いものの、5,6等星がTVレート、1/60秒で映し出せます。25mmF0.95レンズを付けると星像も良いのですが、チップサイズは1/2インチフォーマットですので、画角が取れません。
星像があまりにも差があるので、非常に悩みましたが、流星は画角が命。8.5mmを選択しました。
 
この日の為にテストは十分におこなっており、電源も、DeepCycleButtelyボイジャーを上州屋で買ってきました。
録画はどうするか悩みましたが、なにしろ、本当に出現するかどうか判らない天文現象に大枚は避けません・・
プレステに使っていたテレビデオのS-VHSで記録することにして、キャプチャボードだけ購入したのでした(とはいえ、2001年当時はキャプチャボードも高かったデス・・・4諭吉くらい)
 
 
 
残念ながら、ボクが行った獅子ヶ鼻公園では、2時過ぎくらいから雲が出てきてしまいました・・・
遠天の仲間達は、竜頭山まででかけていって朝まで快晴だったそうです。
 
ピーク予報の3時を前に雲が全天を覆ってしまいました。
雲間にカメラを向けると、ヒュンヒュン、流星が飛んでいるのが写ってきます。
ピークを見られなかったのは悔しい!!
でも、これだけ沢山の明るい流れ星を見たのは、後にも先にもこの時だけです。
次回、流星雨をもたらすダストトレイルと遭遇するのは21世紀末まで待たなければならないとも言われています。
そう考えると、いろいろと悔いは残りましたが、なにはともあれ、ビデオカメラでこの流星群を捉えた例は希少かなとも思いますので、ヨシとしましょう。
 
当時のデジタル一眼レフカメラ、FinePixS1Proの購入も検討だけはしたみたいです。
でも、確か当時、35万円くらいしてましたから・・・ちと手が出ませんでしたね。

 

Vixen VX-1 Film Camera S.G800フィルム(多分・・・) シグマ28-105mmZoomレンズ
 
でも、一応、フィルムでは撮影しています。
ただ、獅子ヶ鼻公園ではまだまだ光害がありますから、ちょっと苦しいですね。
 
あれから、もう9年も経ってしまったんですね。
昨年は多少、出るということで、獅子群は撮影に行きましたが、多分、今年はパスかな~
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

これ見てないんです。この年代は天文から遥か遠いところにいました。
こんなのを実際に見てみたいです。

No title

これは貴重な映像。編集無しですか?

No title

これ凄いですね!
なんだか美しいを超えて、恐ろしさを感じちゃいます。

>Vixen VX-1
懐かしいですね~

No title

おぉ~懐かしいですね~
私はこの頃天文から離れていたのですが、獅子群だけは毎年見ていました。
八ヶ岳で流星雨を浴びたのが昨日のことのように思い出されます。
一生に一回見れただけでも良しとしなければいけない現象だと思います。
スピルバーグはアリゾナの砂漠(だったと思う)で子供の時に流星雨を見て、映像の世界に行こうと思ったらしいですよ。

No title

貴重な動画を残されていたのですね。
この時期、天文から離れていましたが何故かしし座流星群は見に行きました。
確かに大火球の連発であっけにとられて眺めていたのを思い出します。
あまりに数が多すぎてもう勘弁してくれと一人つぶやいていましたよ。
あの体験をもう一度してみたいです。

No title

これは貴重な記録ですね!(^o^) びゅんびゅん流れていて怖いくらいです。もう一度、流星雨がやってきて欲しいですね~(^o^)

No title

Eagleさん、こんにちは。
そうですかー、獅子流拝見されなかったのですね。
でも、流星雨は期待できなくとも、ペルセ、双子、オリオンと流星は多数流れますので、流星観測の楽しみは味わえます。
ジャコビニは流星群の可能性があったかもしれません・・・?

No title

Kobeさん、こんにちは。
編集はさすがにしています。流星が流れた前後だけキャプってから、つなげてますが、なにしろ数秒に1ヶは視野を飛んでいきますから、1000ヶ近い流星を捉えたと思います。暗めのものはメンドイので見捨ててます。
VHSですから倍速で流して流星がでた付近をキャプチャ、保存、後から、動画を接続して圧縮して保存という感じです。
圧縮前なら、7等星くらいは写っていたと思いますが、RAWデータはでかすぎるので当時のHDD事情からすでに手元に無いですね・・
マスターテープも、たぶん、引っ越す際に捨てたかなぁ・・。
今回、Mpeg4で高圧縮していたものを改めてFLVで再圧縮しています。
あと、音声カットしてないのありましたね、、、ちと見苦しくなってしまい、申し訳ないです、、、。

No title

saciさん、2001年の獅子流は凄かったですよ。
フィルムでは誰か撮るだろうから、何か違うことをやろうと思ってたところ、ちょうどこれに合わせる形で、たまたま超高感度ビデオカメラを手に入れられてラッキーでした。
ただ、もう少し、広角のレンズにとか、カメラも2式あったのに、バッテリー周りの関係で1式しか動かさなかったりとか、いろいろと後悔は残りました。
肉眼では素晴らしい光景でしたよ。明るく煌く流星がひっきり無しに流れ落ちてくるのですから・・!!

No title

adonoanさん、こんにちは。
実は、1998年のときは、マスコミが盛大に騒いだので、獅子ヶ鼻公園も自動車で一杯になってました。
でも、2001年時は3年前の失敗を引きずっていたからか、知人以外にはほとんど車も来ず、安心して撮影できました。
そのような状況下でしたので、天文屋さん以外で見られた方は案外少ないかも・・ですね。
大火球の連続、凄かったですよね。特に期待してなかったので、まだ寮にいた頃に大火球を目にした時には驚きました。それも一発だけではなく、ひっきり無しに飛ぶので、思わず見入ってしまって迎撃が遅れました(笑)

No title

RUKUさん、こんにちは。
RUKUさんも拝見されたのですね!
この体験はもう一度機会があれば・・!と思って昨年のしし群は多少出る可能性があるとのことで、デジカメ持って見てきました。
2001年の時の片鱗はありませんでしたが、それでも明るいしし群が多数拝見できて、オリオン群より圧倒的に楽しめました。
やっぱりしし群は派手めな流星が多いので楽しめます。
ただ、出る/出ないのムラが多いのが難点ですねー・・。
1月のりゅう座イオタもそうですが・・・。

No title

これは大変貴重なデータですね!
それにしても凄い流星群だったんですね。
当時は天文から遠ざかっていて全く見逃してしまいました。
当時はデジカメもキャプチャーボードも高かったですよね。
私もカノープスを清水の舞台から飛び降りるつもりで購入しましたが
結局あまり活用しませんでした。

No title

ひろしさん、こんにちは。
ホント、もう一度、できるなら見たい!!
今だったら、どう撮るかなぁ・・
ISO感度が超高められるデジカメ買って数秒で撮影しつうつ、動画機能でも撮りたいですねー。

写真撮影は、やはり遠天の方々が6×7で非常に美しい写真を多数撮影されていました。動画で正解だとは思ってます。
ブルーミング以外はなかなかリアリティがあって良いでしょ・・?

No title

シュミットさん、こんにちは。
天文屋さん以外は仕方なかったと思います。
マスコミもあんまり騒ぎませんでしたし、、、(天文現象はマスコミが騒ぐと外れるというジンクスは、確かにそのとおりかも・・ ^^;)
ほんと、凄い一晩でした。前日が全く泣かず飛ばずだったので、期待できないなーと思ったら・・!

キャプチャボード、ボクは確かIO-DATAのモノを購入したのですが、いいお値段だった割にやっぱり活用する機会がなくって・・・結局、このしし群にしか使ってないなあ・・・。

No title

しし群、懐かしい光景です。もう9年ですか、早いものですねぇ。
子供の頃から流星雨を楽しみにしていたので、あのときは本当に感動しました。ああいうの、残りの人生でまた見られるんでしょうか・・。

2001年はまだまだ銀塩が主流でしたねー。僕もカメラ3台とソニーのビデオカメラで撮りまくりました。
カメラはHG800とE200の4倍増感をチョイスしました。ビデオはナイトモードで撮りましたが、こんなに動き滑らかに撮れませんでした・・。

No title

ふうまさん、こんばんわ。
1999年にしし座大流星雨!というので子供の頃に本で読んでとてもワクワクしたのを憶えています。
ノストラダムスの大予言もですが・・そっかーボクらは2x歳までしか生きられないんだー・・とかクラスメイトと話したものです。

ふうまさんもビデオ撮影されていたんですね!
一応、ボクもこのカメラの記録にDVを使おうかどうかすごく悩みました・・家電屋めぐりをしたのも懐かしい思い出ですが、結局安価な機種でもやっぱり諭吉10人弱でしたから・・諦めて、キャプチャボードになったんですよ。
ナイトモードだと露出が1/4秒になるので、ちょっと流星らしさがなくなるかもしれませんね。
バッテリーの関係から、冷却CCDカメラも使わなかったのも心残りです。ST7Eでは画角が狭いですが、超広角レンズを付ければ流星痕の様子が非常に興味深く写ったんですよね(タナ光のTanakaさんが撮られたGifアニメの流星痕の様子は超圧巻です・・!!)・・ロシア製16mmを買って使えば良かった・・。ただ、これはハナから頭になかったんで、仕方ないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ