FC2ブログ

記事一覧

銀河巡り NGC337

仕事が忙しいのはさておき、この11月はお天気が、壊滅状態です・・。
いや、まぁ、気力があれば、撮りたい被写体があれば、チャンスはあったとは思いますが・・
ゴジラエルニューニョの影響なのでしょうか。
11月末に差し掛かったというのに、浜松近辺は暖かな日が多く、電気毛布やこたつの出番はありません・・と、いうか、電気入れないこたつが程よくて、もー (^^ゞ
って感じです。なんど、こたつでゲキチンしていたことやら・・┐('~`;)┌
嫁さんは最近、子供の寝かしつけるときに添い寝しているので(ミルクをあげていた1年前はボクの役目でしたが・・)、そのまま、こたつで明け方まで・・なんてことが多かったりして・・(;゚Д゚)
ちゃんと目覚まし時計かけて起きればいいのですが、、、その前に、寝ちゃうんだよねぇ・・
そんなことはさておき。
夜明け前の金星くらいはCCDビデオカメラで撮りたい!と思って早起きしてみたら、思った以上に南に移動していて、結局、隣家の屋根に隠れて撮れなかったり・・
なんだか、やることなすこと裏目、裏目に出ている希ガス・・

それはさておき。
11月頭になりますが、アトラクス赤道儀がお陀仏する前に撮影した、銀河巡り。
NGC337とNGC337Aです。
NGC337&NGC337A イプシロン200 アストログラフ望遠鏡 ST10XME冷却CCDカメラ

左側の淡い渦巻銀河がNGC337A、右側の明るい銀河がNGC337です。
NGC337は、渦巻銀河の様に見えて、なんとなく、銀河同士が接触している現場の様にも感じるのですが、実際はどうなのでしょうね。
面白い領域でしたので、翌日も、撮影しようと思ったら、アトラクス撃沈ですよ・・(;゚Д゚)

まぁ、、旧い機材なので、老朽化してきている面は否めないです・・・
ただ、まだ動くなら、なんとかして動かしたいというところではあります。

なお、この写真は、隣家の灯りも始め、外灯の灯りもあり、背景ムラに苦労しました。
リアルタイムで、ムラが変化してるんだもん、、、
ぴんたんさんのフラットエイドにお世話になり、なんとか見せられるものに仕上がりました。
ひどい背景ムラには、フラットエイドがベストだと思っています。
すばらしいソフトを公開されているぴんたんさんには本当に感謝です。

また、ST10XMEは、素晴らしい性能を秘めていることも改めて確認できました。
冷却改造デジタル一眼レフカメラで頑張っているのんたさんが、ST10XMEはノイズが多くて・・と仰っていましたが、確かにノイズは多いかもしれませんが、それらをキッチリ補正してあげると、とんでもなく写ってくるので・・・。驚かされます。

一見、ノイズが多いのに、ちゃんと補正すると写ってるよ・・と、いうのは、一番最初のデジタルカメラが、CV-04L冷却CCDカメラだった自分としては、当たり前とはいいませんが、慣れている面があるのかも。
逆に、ブルーミングを始め、適切な補正をしないと、写真にならないのがNAGBカメラですから、やっぱり、デジタル一眼レフカメラや、ミラーレスデジタルカメラによる天体写真よりも難しいというか、特殊な面はあるかもしれませんね・・

ノンブルーミング回転法や、カラザノイズ除去など、自分の意見も含まれてはいますが、先人の知見・経験の上で構築された処理方法があってこそ・・使えてるのかもしれませんね。
デジタル一眼レフカメラやデジタルカメラによる天体写真も、SEOさんやをの字さんの活動・経験で、すでに10年を超える年月のノウハウが蓄積されています。
冷却CCDカメラとデジタルカメラ・・・
似ている様でいて、Bestな処理法、ノウハウ、経験の蓄積がそれぞれ違うんですよねー・・

ボクの場合は、どうしても、冷却CCDカメラ寄りの処理になってしまうので、なかなかデジタルうカメラの性能を発揮でずにいます・・
撮っていて楽しいのは、断然デジカメなんですけどねー・・・PCで苦労するのもデジカメ、かな。

では、この辺で (^^ゞ



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

お久し振りです。

一気に寒くなって来ました。

我が家もコタツを出したもんだから、そのまま寝ちゃう事が多いです(笑)

入ったら出られない…

同じですね(笑)

No title

最近になってUTOさんが両方買ったらと言われたことがわかるようになってきました。暗いVISACを使うとST-10XMEがあったらなぁと思う事が結構あります。
あの時(約1年前)は冷却CCD(ST-10XME)を始めて使って、右も左もわからない状態だったのでネズミノイズの多さにビックリしてました。
まあ、済んでしまった事をぐだぐだ言っても仕方ないので、お安く譲って頂いたニンジャさんに感謝しながらML8300で頑張ります。

No title

メーテルです。
?表示名の変え方が分かりません、、、
お使いの10XME、懐かしいですね、、、お隣さんがお使いだったもので。
言われる様にデジカメもフラットなどを考えると星雲星団は冷却が楽なのかと思いますね。

No title

> 小ちゃんさん、こんばんわ。
こちらこそ、ご無沙汰しております。
こたつ、最強ですよね!文明の利器とはまさにこのことだー!!と満喫しております(爆)

No title

> のんたさん、こんばんわ。
長年やってると、いろいろと判ることがありまして・・
STシリーズも当初のシリーズは、かなり、手実装だったのですが、最後期型だと、リフローによる実装に変わってます。
で、自分のSt7Customと2010年に入手したST8XMEの比較、お借りしているST10XMEがそうなんですが、リモートガイドヘッドコネクタがある最終形態はSTシリーズでも、ノイズが非常に少ないです。2008年頃以降のカメラでしょうか・・・
それ以前のカメラは残念ながらノイズが多く、また使用していくうちに欠陥ノイズが出たりするようです。
なので、カメラが、後期型ではなかったのだろうなとは思いました。
後期型ST10XMEは、FLIにも負けない性能を秘めていると思います。

今、ボクがお借りしているのも後期型ではないのですが、ノイズをちゃんと補正すると、思った以上に写ってくるので、いろいろと楽しめそうで、とてもありがたいです。

ML8300もいいカメラですが、やはり感度面で考えると、まだまだちょっと苦しいのかなぁ・・・

No title

> ae3**ktjmさん、こんばんわ。

名前の変更はできるのですが、どこだったかなぁ・・・
そのお隣さんの機材がボクのところに来ましたので、ボクも頑張って入選まで持っていかないと!と思っているところです(^^ゞ

カラム欠陥は、それこそ、よしざわさんや、たかはし@ヘロヘロさんが苦労されていたと思いましたが、なんとも懐かしい思いで使っています。

星雲・星団撮影ですが、ボクの感触からすると、F4より明るい光学系が使える単焦点だと、デジタルカメラの方が有利だと感じています。
最近、エムティさんがいろいろと撮られているのですが、やはり短焦点ではデジカメの方が効率が高いという印象・・
その一方で、なすはちさんは5年も前から、C11直焦点で撮影されて、すごい写真を撮れれていますし・・
ここまでのレベルになると、機材の性能云々よりも、如何に機材を使いなしているか、になるのでしょうね・・

No title

> UTOさん返信有り難うございます。
前期型、後期型があるとは知りませんでした。多分購入後5年以上経っているようなので多分前期型だったと思います。(ノイズも多かったので)
もう少しスキルがあれば感度的に魅力を感じたかも知れませんね。

ML8300はピクセルサイズが5.4μmと小さく高解像度なので明るい光学系と組み合わせるべきですね。

No title

おはようございます☀😃
(↑あ、小ちゃん!)
おとといから急に寒くなり、うちもこたつ出しました~。
こたつの威力は最強なので、まだコードなしです^^;

写真ステキですね~。望遠鏡から一度見てみたいです
ナイス★

No title

エムティです、私も表示名が変えられないです。ごちょごちょしている内にタイムアップになってしまいました。
冷却CCDは色が明瞭に出るし暗い長焦点には最適ですが、昨今の異常天気だと遠征でLRGBが揃えられず坊主を覚悟しなければいけない所がいやです。その点デジカメの最近の進歩は目覚しく結果が出しやすいです。もう遠征はデジカメ、長焦点は冷却CCDと割り切ることにしました。
こたつは電気入れない方がいいですよ。一旦入れたら夜間の遠征に出かけられなくなると思います。普段から遠征用防寒着のテストでしのぎましょう。

No title

こたつネタ。弱いっす。ついついコメントを。
昼間のこたつ。夜のこたつ。どっちがいい? 昼間のこたつ。(のんびりしてていい)
こたつにみかん、お餅。どっちがいい? みかん。(こたつ=みかん)
家族でこたつ、ひとりでこたつどっちがいい? ひとりでこたつ。(足がぶつかる)

すいません。こたつネタによわいんで。
冷却CCDはよくわかりません。すいません。

No title

> のんたさん,こんばんわ。
ボクもST8XMEを手に入れて初めて知ったのですが、中の基板が変わっていました。それでノイズが少なく、製品のバラツキも少なくなったんだろうと思います。
ブルーミング補正とか、特有の処理が間に入ってしまいますしねぇ・・。
仰る通り、8300は、明るい光学系で使うと良いと思います。
像質から、デジカメよりも感度の高さは確実に感じてると思います。
あとは、デジカメに対する画素数の少なさ・・これをどう考えるかでしょうか・・。
長焦点のVCでお使いになる場合、後処理でソフトビニングして使っても面白いと思いますよ。
画素数はさらに減ってしまいますが、感度が上がるし、どのみち星像が肥大しているのなら、ソフトビニングして使うのもひとつの手かな。

No title

> Cさん、こんばんわ~
どうもありがとうございます。
こたつの破壊力、半端ないっす。ここ数日、こたつで3時か4時くらいまで、寝てしまってたりします・・(; ̄ー ̄A アセアセ・

No title

> gqm*****さん、こんばんわ。
あらー、名前変えられないですかー。
Yahooブログに登録していれば、編集できそうなのですが。。

仰る通り、昨今の安定しない天気だとLRGBの冷却CCDだとちょっと大変ですよね。
エムティさんのD810Aの作例を見ていると、短焦点の明るい望遠鏡なら、冷却CCDは要らないのではないかと思えてきます。

やー、それがもう、手遅れ・・。ここ3,4日ほど、こたつで毎日ゲキチン状態でした (; ̄ー ̄A アセアセ・
でも、今日は、かったりーな・・と思いつつ、カタリナ彗星撮りに行ってきますよ。

No title

> ゴットハンドさん、こんばんわ~
いえいえ、コメントありがとうございます。

ボクは、夜のこたつが好きだなぁー。ぬくぬくしたまま、寝ちゃう (^-^;)
お餅とみかんは、断然、みかんだよねー。
こたつだとちょっと喉が乾きやすい気がしますし。
なくてはならないものですね!
ボクもこたつは独り派です!だって足伸ばして寝られないもんね!

あー・・こたつ、最高です!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ