FC2ブログ

記事一覧

またまた木星

夕方、会社の5Fから見る浜松の風景は霞がかっていて、晴れてはいるけれど・・という空でした。
帰宅時には空もだいぶ澄んできましたが、GPV予報でもイマイチな天気だったし・・
と、いうわけでやっぱり木星を撮影してお茶を濁すことにしました。

MT160 PowerMate×5 DMK21AF04/DFK21AF04
 
機材は昨晩と同じですが、昨晩よりもさらにシーイングは悪い・・!
ピント合わせに手こずりましたが、かなり時間をかけてこれくらいでいいかな・・・というところまで追い込めたつもりではいます。
さすがに衛星の模様は映らなくなりました。
 
透明度も多少あがってきた(それでも、4/10かな~)ので、星雲撮影といきたいところですが、
月明かりがちょっと厳しいなァ・・ということと、ちと今から機材を組み直すのもシンドイ・・・。
いい月夜です。
せっかくなので月も撮ることにします。
 
MT160にコレクタレンズを付けて、EOS40Dのライブビュー機能でピントを合わせてから、
タイマーコントローラで、連射!秒間6.5コマの威力を見よ!

MT160+コレクターレンズ EOS40D ISO400設定 1/250秒 ホワイトバランス:Auto PSで現像、SIでソフトビニング3×3、軽くUSM
 
・・・全滅でしたッ!Σ(゚д゚|||)ガーン
あちゃー・・連射したらダメなんすね・・・当たり前?
 

MT160+コレクターレンズ FinePixS3Pro  ISO400設定 1/250秒 ホワイトバランス:Auto PSで現像、SIでソフトビニング3×3、軽くUSM
 
こちらはブレてない。
個人的にはこの月らしい色合が大好きです♪S3Pro。
 

MT160+コレクターレンズ E-300 ISO400設定 1/320秒 ホワイトバランス:Auto PSで現像、SIでソフトビニング3×3、軽くUSM
 
E-300による月面です。この焦点距離ではフォーサーズフォーマットでは、視野ギリッギリ。
色味は若干、赤に転ぶ印象です。
 
EOS40Dでライブビューで合焦した後、Tリングを変えて、S3Proを付けてみたところ、ピントはokでしたので、
そのまま、Nikon-フォーサーズのマウントアダプタを介してE-300を付けて撮影しています。
 
いずれもオートホワイトバランスでの撮影ですが、各社とも色味が違って現れて面白いですね。
それにしても、レリーズがなく、手押しでシャッタ切ったE-300がちゃんと撮れているのに、まさかEOS40Dが全滅とは夢にも思いませんでした。
実は昨晩も、EOS40DとS3Proで月面は撮影してあるんですが、やっぱ全滅だろうなあ・・
きちんと確認しておけば良かったです・・・ヒストグラムだけ見て、トンでないことしか見てなかったので失敗でした。
まあ、貴重な星食とかでミスしたわけではないので、これはこれで、はぐれメタル級の良い経験値を積んだと思いましょう。
次からはミスしないぞ・・っと。
ミラーアップもできるハズだから調べておこう・・。
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

木星は、シーイングの悪化は画像からはわからないほど、よいできだと思います。本当に安定してシャープな画像ですね。
ピントあわせ時に画像がぶれるので電動化しないとだめかなと思っているのですが、UTOさんの画像みていると手動でがんばれるはずと思ってしまいます。

No title

Eagleさん、こんにちは。
木星画像、でも、やっぱり細かい部分が昨日以上に解像しないので苦しいなぁ・・ああ、、この画像嫌い!って感じです。
自分で処理してるから欠点もモロ判りなので、特にそう感じるんでしょうね、きっと。

シンチレーションも冬場程ではありませんが、ぐにゃぐにゃ揺れ動いてとりとめがない感じでした。
電動化はあるといいですねえ、、今回も、ピント合わせに悩まされて多分、30分は行かないにしても、20分は決めかねてたと思います。
スローシャッタにしてみたり、いろいろと試してやっと、あ、これくらいなら・・!という感じになりました。
電動フォーカサーならかなり省力化できそうです。
ASC-11にはロボっち付けているんで惑星はすごく楽です。ピント合わせ。
動画、スタックしたら即破棄してしまったのですが、考えて見れば、衛生基準でスタックさせたら、ひょっとしたら衛星の模様も捉えられたかもしれませんね・・なんとなくあと一歩って感じがしたので。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ