FC2ブログ

記事一覧

M95,M96

相変わらず?後厄で、ツイてないようです・・(;゚Д゚)
一応、ちゃんと、厄落としに行ってはいるんですけどねぇ・・。

データをバックアップしていたIO-DATAのLAN DiskがRAID崩壊してしまいまして・・
過去のCCDデータと、写真が吹っ飛んでしまいました。
一応、RAID1ミラーリング構成にしていて、多分ですが、Disk2は認識しているのですが・・
ちょっとIO-DATAのLanDiskは、OS部分もHDDに持っている様で、、RAID崩壊してしまうと手が出しづらくなるようです。
LinuxPCを用意すれば、データはサルベージできそうですが・・Linuxかぁ・・昔、インストールしようとしたことはありましたが・・・

天体観測用途に使われていた画像処理ソフト、IRAFを使いたくて、最初からそれが入っているディストリビューション、Debianを入れようとしたのですが、当時、メジャーだった、Slack wareやRed Hat等と違ってマニアック過ぎて・・挫折した記憶が・・。まぁ・・もう、20年程昔のことですが・・。

まぁ、どうも、Disk2は認識してるっぽいので、これをDisk1に入れ替えてどうなるか、様子を見てみたいとは思ってます。

M95とM96 ε200カタディオプトリック望遠鏡 ST10XME 冷却CCDカメラ

アトラクス赤道儀に搭載して撮像したのですが、ガイドケーブルの接触が悪く、ほぼノータッチガイドになってしまってました(´;ω;`)
結果、星像が崩れてしまい、残念でした・・(;´д`)トホホ…

でも、ST10XMEと、ε200の組み合わせは、画角がそれなりに広く、また、風やシンチレーションの影響も受けにい様で、遠州地方の冬季に使う分にはベストマッチじゃないかなー・・
より高精細でブルーミングしないSXVR-H694の方が組み合わせとしては向いてはいるのですが、OAG9を取り外さないと、バックフォーカスが満たせず、性能が出せないので、この組み合わせはテストしてないんですよね(OAG9は付けっぱなし)

うーん、月例フォトコンテストの作品を出さなくては・・と思ってるのですが、先月はいろいろと撮影はしてたみたいですが、C/2013US10 カタリナ彗星の撮像がメインだったし、狙っていたマイナー銀河は思ったよりも面白くなく・・。
まぁ・・それでも、出すだけは出そうと思ってますが、、、ダメ元で、ということになりそうです。
星ナビは〆切に間に合わないかもしれませんが、一応、今日、ポストに出してきました。
天文ガイド分を、何か、箸にかかるものがないか、いろいろと模索ちう・・・。
ほんと、どれも、ぱっとしないので、困ってマス・・( ̄へ ̄|||) ウーム     
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

UTOさん、まあそんなに落ち込まないでくださいな。
いつもいつも良いことばかりではありません。

LAN Diskは2が生きていることを祈ってます。
僕はRAIDが嫌い(トラブル多い、復活もリスクあり)なので、
単純に3つのディスクにコピーしています。
2台は電源ノーマリオフです。

No title

utoさん、こんばんは、
あらまぁですね。
私も以前はRAID10でしたが壊れてからは外部にバックアップしています。
最近写真画像は全てマックで管理していて(3TB)、更に自動でこうやって書いている間にも自動でOSごと、外部5TBにバックアップしてくれています。

No title

> タキさん、こんにちは。
確かにそうですねぇ・・それにしても、ここのところ、ツイてないです。
RAID、仰る通りですね。これだったら、バックアップソフトを使って、HDD2式に保存する方式の方が無難な気がします。

No title

> ae3**ktjmさん、こんにちは。
この趣味のHDD容量消耗って半端ないですもんね、、、外部5TBへのバックアップ、流石ですね。
それにしても、RAID1でハマるとは・・おもってもいませんでした。
ディスク自体は生きているので、また長期休暇の際にでも、サルベージしてみます。
簡易的なテストだと、Disk1,2を入れ替えて様子見というのをやってみようかな・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ