FC2ブログ

記事一覧

天文ガイド3月号 最優秀

天文ガイド3月号の月例フォトコンテストで、最優秀に選ばれました (◎-◎;)!!
マイナーな銀河でしたので、びっくりでした。(;゚Д゚)
撮りたい天体を撮って、それを評価していただけたのは、やっぱりとても嬉しいです。

天文ガイド 3月号 最優秀作品 NGC2805付近  
オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2使用 SXVR-H694 冷却CCDカメラ 自宅にて

遠州地方は、この時期は良く晴れてはくれるのですが、西風が強く、オライオンの様な、表面積が大きくなる望遠鏡だと、どうしても、ブレてしまいます・・・
この作品も、風がある日でしたので、RGB画像だけでも撮れれば・・という感じで、CCDSoftで、L=5分×6枚、RGB=各5分×4枚と、RGB重視で撮影しました。
また、RGB画像は、多少ぼけても良いので、撮影した画像のほぼ全てを使ってますが、L画像はさすがに、選別して、39枚と、半分程度まで絞ってます。
実際には、もう少し捨てたいところでしたが・・・

画像自体は、ちょっと粗さは残ってますが、600万画素はA4サイズでプリントするにはちょうど良いサイズで、特にインクジェットプリンタでは、この荒れは逆に効果的に働くと考えています。
これは、以前に、天文ガイドのO大明神がジェラシック・パークであえてブレを生じることで、自然さを出すのと同様に、ノイズは少し残した方が解像感が増すと仰っていたのもありますし、また、福井のSもとさんが素晴らしいM13で入選された時にあまりに素晴らしい写真でしたので、画像が欲しいと無理を言って貰ったことがあったのですが、なるほど、プリント前提で、画像処理をされていて、大変感銘を受けました。
当時は、半自作カメラのST7CustomやSXV-H9では、140万画素ということもあり、とても真似できないなーと思ったものですが。
勿論、SXVR-H694なら、プリント前提での画像処理というのができる最低限の画素数だと思います。モニタで見るよりも、もう1段、メリハリをつける(具体的にはステライメージでマルチバンドシャープを使いました)ことで、プリントのクオリティをアップすることが出来ました。



さて、ブログやホームページを拝見してくれている方は、良くご存知かとは思いますが、
銀河めぐり・星雲めぐりと言って、いろいろな天体を撮っています。

手記用に作成しました。そのままだと、フォトコンテストには出せないけれど、小さくても、見栄えがする天体をチョイス。ホーグの銀河とかも最初は考えたのですが、小さすぎて・・
SuperThinGalaxyは、MT160とSXV-H9での作品。
日本語に訳せば、超薄銀河でしょうかね。うしかい座にあります。
余談ながら、うしかい座にあるUGC天体はちょっと大きめのがあって狙い目です。

その他の写真は、オライオン30cmです。車輪銀河は低空で小さい天体ですが、あともう一歩キレ味が欲しいですね。遠征しないと撮れないのですが、この秋にはまた撮ってみたいと考えています。
キーナン体系はいずれもっとちゃんと露出をかけて作品化したいですね。
小さいけれど、面白い姿してます。

僕の場合、技術が未熟な頃は、こういった、いろいろな天体を撮影してきた(まぁ、、今でもいろいろと撮ってるんですが ^^;)こともあって、なんというか、B級グルメではないですが、B級天体というのはいくつかストックがあります。
また、今後も、マイナーだけど面白いヨ?というのを紹介していけると嬉しいなぁ・・
ストックはだいぶ減ってきてますけどねー・・・(;゚Д゚)
秋の銀河で、あの天体は、撮って入選させたいナというのは一つあります。
NGC2805も、もちろん、銀河巡りで見つけた天体です。



星ナビ誌には、金星が入選していました。
金星 DFK/DMK21AF04 CCDビデオカメラ 30fpsにて画像取得

先月、落選したとばかり思っていましたが、僕の場合、23日頃にポストに投函しているのもあって、一月分遅れになってるようです・・・
と、すると、来月分はまた、月遅れになっていて結局落選の憂き目にはあいそうですが・・・
一応、星ナビ誌の〆切は20日ですものね。、、、

さて、UVフィルターを通してみる金星は、実に興味深いです。
スーパーローテーションと呼ばれ、4日で一周すると言われる雲は、実は、常に変化していて、4日後に同じ模様が撮れるわけではありませんでした(2012年に確認・・)
それほど、激しい変化が金星では起きています。
UVフィルターは朝日分光のMX380を使ってますが・・独身の頃に買っておいて良かったなぁ・・・と思ってしまいます(; ̄ー ̄A アセアセ・
今だと、フィルター1枚にウン万円とか出せないッスからね・・・(^^ゞ

カタリナ彗星のイオンテイル  フジ X-E1 デジタルカメラ NewFD300mmF2.8L望遠レンズ

さて、天文ガイドにはもう一作品、カタリナ彗星を送ってました。
見事にゲキチン。この分野だと、なすはちさん、強いデスネー・・・
今月の見応えのある作品に唸ってしまいました。
ここ最近、すっかりと彗星での採用は遠のいてしまっています・・・。
撮りたい天体なのに違いはないので、ちゃんと撮ってはいますけどね (^^ゞ

星ナビ落選作 小亜鈴星雲M76 オライオン30cm反射望遠鏡 SXVR-H694冷却CCDカメラ

こちらは星ナビ落選作でした。撮るだけなら、OⅢ、Hαでも撮影してたのですが、どうにも、それらを上手く使ってないのか、あるいはRGB画像だけで仕立てたものをそのままプリントしたのか・・・
どちらにしても、個人的にも消化不良の作品でしたので、そりゃあ、撃沈しても仕方ありませんよね・・
また、時間ができたら、再処理したいデータです。データだけは豊富ですので・・

きりん座の銀河 IC342 オライオン30cm反射望遠鏡 SXVR-H694冷却CCDカメラ

こちらも、星ナビ落選作になります。
きりん座のIC342です。見事な渦巻銀河です。が、自宅から狙うには少々苦しい天体であらうことは否めません。
それでも、撮りたいなぁ・・と思わせる魅力は感じて頂けると思います。
目覚まし時計、こま切れ睡眠で頑張りましたが・・・見事に撃沈でしたヨ・・・(;´д`)トホホ…
色ムラ等、苦しさは感じて頂けるかもしれませんね・・・
遠征で撮ると綺麗な姿を見せてくれると思いますので、ぜひみなさん、狙ってみてください。

手記にも書きましたが、オライオンミラー落下の件を始め、YuenoさんからNJP赤道儀を譲っていただいたり、Mikさんから、各種フィルター(特にAstro丼)やST10XMEという素敵カメラをお貸ししていただいたり・・
また、技術レベルでは、グレーテルさんのご指導、Sもとさんの作品、CCDママさんや、まほろばさん、メーテルさんの率直なご意見・ご感想。
遠天や中天メンバーのアドバイス・・・。

本当に、いろいろな人たちのご指導の上で成り立った作品だと思っています。
まさか、こんなマイナー銀河がねぇ・・(; ̄ー ̄A アセアセ・

もちろん、このブログにコメントをしてくれる皆さんがいてこそ、撮影のモチベーションが保たれていることも大きいです。
本当に、このブログを見てくれて、書き込みまでしてくれている皆さんからは、やはりなんらかの影響を受け、その結果が作品に結実していると思うのです。
感謝していると同時に、今後とも、また、ぜひ、いろいろなご意見を頂ければ嬉しく思います。
今後とも、よろしくお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

> ようかんさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。きりん座のIC342も、自信作ではあったのですが、ちと自宅からはキビシイ天体の様です(若干、淡いので)

プリントに適した画像処理・・と、いう程ではないのですが、例えば、インクジェット出力なら、最後に、ノイズを加える、で、1~2%程度、ノイズを上乗せすると、銀河の腕のメリハリが出てくるように見えます(目の錯覚を利用したテクニックです)
特に、インクジェットプリンタだと、各色を吹き付けて写真を表現するので、あえてランダムノイズを加えるのは、いわゆるディザ処理(ディザガイドじゃないよ)と同じで階調性を増す効果も得られたりします。
で、今回は、ノイズを加えるのではなく、あえて、画像に強調処理をして荒れさせてから印刷したという、、、えっと、なんというか、ホント、大したことないな・・(; ̄ー ̄A アセアセ・ 削除

No title

> glo*****さん、こんばんわ。
どうもありがとうございます~
コメントからすると、g-logさんもやはり撮影されていらっしゃっていそうですね!

最近の銀河群、いいですよねー。僕も狙いたいのですが、1インチセンサだと画角が苦しくて、、、
でも、いい刺激を頂いています。
同じ銀河仲間として、お互い頑張りましょう!

No title

> ぴんたんさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます!
素晴らしいS147でしたね!
金色に光る星雲がとても印象的でした。
M42の力作は残念でしたね。
構図が斬新で、見応えがあって、面白いと思うのですが、定番の領域なだけに難しい面があるのかもしれませんね。
こちらこそ、ぴんたんさんの作品にはとても刺激を受けています。
特にNarrow作品の自然さ・・お見事です。見習いたい、といいたいところですが、どうされてるのかすら、皆目検討つかず、ですよ(泣)

またお互い、頑張りましょう!!

No title

> ひろしさん、こんばんわ。
CCDママさん程ではないのですが、一写入魂で、3晩に渡って撮影して仕上げました。
自宅撮影なら、複数晩に渡る撮影も不可能ではないので、それでなんとかって感じですが、でも、それでも、自宅からでも、DeepSkyを堪能できるのって、楽しいですよね。
ひろしさんのデジタル観望。僕で言う星雲巡りですが、やはり、だれも映してない様な星雲を撮るのって面白いです。
今回は、それが結実して、まさかの最優秀賞でしたが、でも、マイナーだけど、面白いって天体ってありますものね~。
また、お互い、頑張って撮影していきましょう!

No title

> NIKON1957さん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
南天限界のこだわりのあるNikon1957さんのバトンを引き継いで、マイナー銀河のこだわりが受けたのかなぁーと思ったりしています。昨年も、そういう天体を割と送ってましたしねー。

ところで、以前は最優秀とると、雑誌送ってくれたと思うんですが・・・来ました?ウチ、未だに来てないッス・・(´;ω;`)ブワッ
いや、まぁ、いいっちゃいいんですけど・・・
実家に送るつもりでいましたが、買わせマス。

No title

> 8cmユーザーさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
8cmユーザさんも、いろいろとニワトリで頑張られてるので、送れば絶対チャンスはあると思ってます。
継続は力ではないですが、前に、よっちゃんがアドバイスくれたように、やはり、最優秀って、1回限りではなく、その前後の繋がりもあると思うんですよね。
もちろん、入選も、ですが・・・。
今回は、南天低空のこだわりのあるNikon1957さんの受賞も受けて、という面も強いと思いますが、DWINGELOO1が何気に効いてる気がします・・。
ブレないという点では8cmユーザーさんも確固とした立ち位置を持ってらっしゃるので・・。
お互い、また頑張りましょう!!

No title

> マルさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
4年で入選って、凄いですよぉ。
今年は是非、複数回入選、いや、ぜひ、最優秀を目指して頑張ってください。
腕前は確かですので、あとは+α!? (^^ゞ

年々レベルが・・は、僕も痛感しています。
幸い、クローズアップの方面だと、あまり、競合してこない点では、助かってますが・・段々、ヤバイっす・・
CMOSも、これまでは、独壇場でしたが、今月は、なついさんが二誌入選(やはり苦労はされておられるようでえすが・・)

なにはともあれ、お互い、がんばりましょー!

No title

> ☆シュミット☆さん、こんばんわ。
どうもありがとうございます~
金星は、ほんと、一月送れでしたねー。エスパー?(^^ゞ

NGC2805は、仰る通りで、より遠くの銀河が興味深いです。
30cmオライオンの魅力って、まさにその点に尽きます。
宇宙の奥行きを感じさせてくれて、また、SXVR-H694の画素数とも相まって、拡大して見る楽しみ・・。最高です!!
とても相性の良い組み合わせだったんだろうなぁ・・と自分でも感じてしまいます。
明星ちゃんも、ここのところ、いやいや期に入りまして、いろいろと悩まされてくれてますが、でも、やっぱり、可愛いですねー(; ̄ー ̄A アセアセ・

No title

こちらの方は遅くなってしまいましたが、改めて最優秀&ダブル入選おめでとうございます。
日曜の夜に久しぶりに銀河を撮ってみましたが、やはり難しいです。
銀河はお任せして私は淡い物狙いに専念します。
お互い頑張りましょう。

No title

遅ればせながら最優秀賞おめでとうございます。UTOさんはどのジャンルでも凄いけど、系外銀河、しかもマイナー銀河が真骨頂だなあと思います。お見事!!

No title

> astroryojinさん,こんばんわ。
お褒め頂き、ありがとうございます。
そうですよね。マイナーであれ、メジャーであれ、課題としては、如何に魅せるか、見せるか。ですね。

撮りたい写真で、結果評価されるのが一番シアワセだと思います。
と、いうか、やはり、自分らしい、というかスタンスというか・・そういう作品、作風が、認めて貰えての最優秀なのかなぁ・・なんて、生意気にも思ったりしています(; ̄ー ̄A アセアセ・
いずれにしても、自分らしい写真での入賞で嬉しい限りです。

No title

> モカのパパさん、こんばんわ。
自信作、と言われると、うーん、勿論、送るからには入選するだろう・・、して頂戴(人∀・)タノム
という写真を送ってはいますが、今回はまさかの最優秀でした。
Nikon1957さんの後、ということもあって、意欲作が評価されたのかもしれません。
NGC2805,あまり他に例を見ませんしね・・

落選作までお褒め頂いてありがとうございます。
欠点をあえて挙げるとすれば、M76は色味がなかったか・・と思います。
折角、いろいろなフィルターで撮影していたので、もう少し特徴を出すとか出来た筈ですが・・・(多分、〆切間際でやる余地無しでした・・・)

No title

> hanaさん,こんにちは。
どうもありがとうとざいます&二誌入選おめでとうございます。
どちらも、hanaさんらしい作品でお見事でした。
対日照、一度は見てみたいものです。

IC342は美しい銀河ですので、hanaさんも、ぜひ狙ってみてください。

No title

> のんたさん、こんにちは。
どうもありがとうございます。
マイナーですが、それぞれ特徴が違う銀河が集まっているのも、この領域の魅力的なところですよね~。
冷却CCDカメラの三色分解だと、銀河や星の色がビビッドになりますよね。
この辺り、デジカメだと再現できない・・というか、干渉フィルターによる三色分解フィルターの特性上、色差が大きくなる(=不自然ともいえますが)からでしょうね。

No title

> 玄さん、こんにちは。
どうもありがとうございます~
手記は、今回、マイナーな銀河ということもあって、書きやすかったです。

No title

> RUKUさん、こんにちは。
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます。

自宅庭からだと、なかなか思うように撮らせて貰えないことが多いのですが(夜半前後からが勝負デス・・)、冬場の透明度の良さにも助けられて、なんとか・・って感じです。

僕も、暗い空で、散光星雲が撮りたくなってきてますが・・
ウチのGENESISだとちょっと力不足かなぁ・・。

No title

> タキさん、こんにちは。
どうもありがとうございます。
暗い天体といっても、実は、みなさんが遠征で撮影されている分子雲に比べたら、遥かに明るいと思うので、ニワトリでもなんとかなってます。
あとは、大口径の明るいニュートンの威力のおかげでしょうね~。

No title

> ビスタですさん、こんにちは。
どうもありがとうございます~
そうなんですよ、写真展の会場からウチまでは車で10分くらい。
空はかなり明るいです、、、
それでも、撮れるのは冷却CCDカメラのおかげでしょうか。
最近だと、デジカメもなかなか良くなってきていて、透明度さえ良ければ、ニワトリでもいろいろと楽しめそうです。

No title

> GENTAヽ(^o^)丿さん、こんにちは。
どうもありがとうございます~
銀河は銀河で、またちょっと違ってきますよね。
中心部との輝度差が大きいので、ISO感度を下げて撮るか、ヒストグラムは散光星雲に比べたら遥かに左寄りにした方が無難かもしれません。

No title

> ふにゃ太郎さん、こんにちは。
どうもありがとうございます~
はい、仰る通り、マイナー銀河がメインなので、今回の受賞はとても嬉しかったです!!
最近、彗星の方がイマイチなので、こちらももっと頑張らねば・・です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ