FC2ブログ

記事一覧

中秋の名月

本日は中秋の名月・・と、知ったのは会社帰りの車の中でラジオ聞いていてなんですけど、ね σ(^^;
 
天気は下り坂。
夕方は晴れ渡っていましたが、望遠鏡を出すのはちょっとシンドイ。
そこで、とりあえず、雲が出てこないうちに、タムロン55-200mm望遠レンズでパチリ。

EOS40D タムロン55-200mm F4-5.6 200mm側F5.6 ISO400設定 1/500秒
 
満月・・というわりにはちょっち欠けてる様な・・
21時頃には案の定、雲が出てきて全天を覆い尽くしてしまいました。
お手軽撮影ですが、とりあえず抑えておきました(こういうのも大事だと思ってます)
 
ところで、ATLUX赤道儀がK-astecさんのところから戻ってきました!
本当は、もう少し天気が持ってくれそうなら、早速テストといきたかったところですが、次回に持越しです。
ギアが摩耗していたと、連絡を貰っていたのですが、今一歩、ピンときてませんでした。

現物見て納得 (^ー^;)
まんなか、すり減ってるよ!!
思わず見た瞬間、笑っちゃいました。
う~ん、無理させてきたからなぁ・・
あと、中古で買ったのですが、グリスが固め?なんか多少、バランスが取れてなくても、あんまり差がわからないんですよね。
先日、ぼうら屋でGENTAさんのGPD2も似たような感じでバランスウエイトを大きく動かしても、バランス保持していましたが・・・多少バランスが崩れていても鈍感というか分かりにくいせいで、ギアに余計な負担をかけていたのかもしれません・・
せっかくの赤道儀なので、今後はもう少し気を使って使っていこうと思います。・・・できる限り・・σ(^^;
 
K-astecさんにはいろいろとお手数おかけしましたが、丁寧に対応していただいて、とても感謝です。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

赤道儀のウォームギアがこんなに磨耗するものだとは思いませんでした。
だとしたら、もう少し硬度が高い材料でギアを作ってもよいのではないかと、設計そのものに疑問を持ってしまいました。

No title

メインのウォームではないのでしょうが、銅系の材料でウォームを作るなんて機械屋から見たら非常識です、普通は鉄系ですしそのほうが安くできるはずです。ホイールの方は銅系が正解、鉄系では焼きつきやすくなります。

No title

昨晩の月は綺麗でしたね~、うちもギリギリ見ることができました。

ウォームにこんなに負荷が掛ってるものなんですね、欠けていてビックリです。
K-ASTECさんの作業は本当に丁寧で安心感がありますよね。

No title

Eagleさん、こんばんわ。
ホント、びっくりしました。
いろいろと無理させてたんだろうなぁとちょっと反省。

No title

やまちゃん、こんばんわ。
やはりもっと硬度があるものでないとダメなのですね。
どこの部分だったか忘れましたが、タナ光のTaNaKaさんが、EM-200で大事な部分が黄銅だったので、三鷹光器でつくり直して貰ったとか昔に言っていた覚えがあります。
どうも見えない部分では、ちょっと?コストを抑えた造りになってるそうで・・う~ん・・って感じですね。

No title

adonoanさん、こんばんわ。
中秋の名月、もう少し明るいウチに撮っておけば風情があったかなぁ・・でも、撮るだけ撮ったというだけで満足感があったりします。

K-astecさんから添付されてきたCD-ROMはまだ見てないのですが(^^;
とても丁寧に対応してくれて、良かったなと思っています。
早く、実戦テストをさせてみたいですね~
ん~・・天気予報だと日曜日までお預けかなぁ~

No title

今年の名月も月齢14なので、満月ではありませんでした。これで、3年連続です。
来年は、十五夜は満月になるとの事ですので、まん丸の月が楽しめそうです。

No title

ベランダGPDさん、こんばんわ。
そうだったんですか!ボクはてっきり中秋の名月=満月=月齢15とばかり思ってました!
勉強になるなあ 〆(._.)メモメモ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ