FC2ブログ

記事一覧

今日は画像処理デー

の、つもりでしたが、実際には、画像処理よりも、フォトコン応募用のプリントと、応募用紙を書いていたら、1日終わってしまいました (;゚Д゚)
もちろん、明星ちゃんの相手をしたりしていたこともありますが・・・

なんとか、星ナビ、天ガとも、3作品づつ、6作品揃えましたので、明日にでも、ポストにいれてきます (`・ω・´)ゞ
どれか1つでも、拾って貰えると良いのですが・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

それでも、昨晩を含め、いくつか画像処理は捗りました。
NGC1554 ハインドの変光星雲  オライオン30cm反射望遠鏡 SXVR-H694冷却CCDカメラ

おうし座にあるハインドの変光星雲です。やはり変光星に照らされている為、星雲そのものも変光するようです。
ハッブルの変光星雲の様に、形状まで変えるかどうかは分かりませんが・・・
どうなんでしょうねぇ・・
周囲に淡い分子雲があり、これも含めて撮ると面白そうです。
実際、エムティさんが、天文用デジタル一眼レフカメラ、D810Aで撮影された中にも、この周囲の分子雲が描きだされてました。
もう少し、広い視野だと面白いと思います。
明るい星雲の周りが、波紋みたいに見えるのが興味深いですね。
分子雲なので、ニワトリ向きではないですが・・冬場の透明度に恵まれてなんとか・・撮れました。


きりん座の渦巻銀河 NGC1560 オライオン30cm反射望遠鏡 SXVR-H694冷却CCD

きりん座にある視直径11.7'の大物銀河です。が、大きい分、淡いのが難点です。
この天体は、我々の天の川銀河が属する局部銀河群のお隣にあるマフェイ銀河群に属する小宇宙で、800万光年と、小宇宙としては近くにあります。
てっきり、不規則銀河とばかり思っていましたが、渦巻銀河に分類されているようです。
マフェイ銀河群にはIC342なども属しています。近傍の銀河のため、大きさは大きいのですが、淡い天体が多いですね。

おとめ座の小宇宙 NGC4762 オライオン30cm反射望遠鏡 SXVR-H694冷却CCD

左側の天体がNGC4762です。右側の銀河はNGC4754。どちらの銀河もレンズ状銀河に分類されているようです。4754は渦状構造らしきものも見えますが・・Sa型という程、明瞭な渦があるわけでもなさそうですしね。
4762は、対照的で数学的な美しい銀河として知られていますが、実際に撮影してみると、淡い部分は、やや複雑な構造をしており、なんらかの相互作用を受けたであろうことが見受けられます。
明るい天体と思って、追加撮影しなかったのですが、もう少し撮り足してみようかなぁ・・。
改めて、撮りたくなってきました。

まだまだ、沢山の未処理データが溜まってますので、また処理したら、お見せしますね~!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

エムティです。暗黒星雲の中に奇妙なゴミみたいな物が有るなーとは思ったのですが、そんな有名所とはしりませんでした。来年がんばって狙ってみようかな。

No title

> エムティさん、こんばんわ。
有名処かは?ですが (^^ゞ
いちおー、変光星雲として銘入りの天体です。
明るいし(周囲の分子雲はともかくとして)、ぜひ強拡大で狙ってみてください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ