FC2ブログ

記事一覧

明星の誕生日と今日の木星

さて、先週末は、娘、明星の誕生日でした。
先週は、明星も体調を崩していて、熱が40℃出たりして、いろいろと大変だったのですが、週末にはなんとか回復。
日曜日は、AM中は体力回復のためか?AM中いっぱい寝てましたが、起きたらゴキゲンでした。(その間に、望遠鏡は片付け・・・)

昼過ぎから、予定通り、明星の好物のうどんを食べに行くことにしました。
磐田市内だと、佐和が安くて美味しかったのですが、すっかり人気店になっており、若干、時間をずらして、1時過ぎに行ってみましたが、お店の外にまで並んでいました。(;゚Д゚)
まぁ、他に予定が無ければ、待ってもいいのですが・・・。
他に行きたいところもありましたので、諦めでした。

で、嫁さんが、そういえば行ってみたいところがある!とのことで、行ったのは、さぬき庵
13時半頃でしたが、結構、車も止まっています。
店内は思ったよりも広く、店員さん達も、とても、対応が良かったです。

さぬき庵 天おろしセット  フジ X-A1 デジタルカメラにて、パチリ。

僕は天おろしセットをうどんで注文。蕎麦もあり、個人的にはうどんよりは蕎麦が好きなんですが・・・。明星が、蕎麦はまだ食べられない(アレルギーが心配)のもあり、うどんで注文。
うどんはコシがあり、美味しかったです。小鉢2品も、ちょっと上品な感じで美味しかった。
あと、コーヒーがサービスの様です。
嫁さんはカツ丼セット。うどんの方は、関西系の出汁が効いたもので、美味しい。カツ丼の方は、一言でいえば、懐かしい味。味付けも濃い目で個人的には、もう今一歩かな・・と思っていたのですが、嫁さんは好みだったようです。

明星も、大満足?  フジ X-A1 デジタルカメラ XC16-50mmにてパチリ

美味しいうどんに、明星も大満足の様です。
店内も、十分広く、のんびりとした風景と相まって落ち着きます。明星も、家や実家の雰囲気に近いからでしょうか。店内を歩いて楽しんでました。


その他、小さなゼリーを貰ったり、帰る時に、シールを1枚サービスでくれたり、と、サービス満天で、明星の誕生日祝いの一環としては、とても良かったです。

さて、その後は、掛川のSBSマイホームセンターの展示場に行ってきました。
なんでも、イベントがあったそうです。

行ったのが遅かったのもあり、思ったよりも人は少なかったですが、頂いた散歩もできるおもちゃに明星も大喜びでした。
たこ焼きも、無料で引き換えできたのですが・・・・。このたこ焼きが激マズ・・・

その後は、掛川の、マッターホーンまで行って、ケーキを買ってきました。
駐車場もほぼ満車でひっきりなしに車も入ってくるので人気の様子が伺えます。
買ってきたチーズケーキは、うーん・・ちょっと思っていたのと違いましたが、でも、どのケーキも美味しく、明星も喜んで平らげてました。

さて、本日は晴れていたので、望遠鏡を出して先ず、木星を撮影しました。

木星 3/15 オライオン30cm反射望遠鏡 パワーメイト5倍 DMK/DFK21AF04 CCDビデオカメラ 30 fps にて撮像。

シンチレーションが思ったよりも悪く、天体観測向きの空ではなかったです(ちょっと期待外れ・・)。
おまけに、気がついたら、月が半月。いつの間にか新月期は終わってたんですねー・・
それでも、撮りたい銀河はあるので、FMVノートにPCを交換、第二ラウンドで、SXVR-H694を展開。
銀河巡りをしています。
そろそろ、被写体を変えてきて、目覚まし時計をかけて仮眠しまーす・・。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

お嬢様のお誕生日、お!おめでとうございます。
すくすくと成長されなによりです。

マイホームセンターの展示場に行ったということは、
そろそろ狙ってますね。

誕生祝いの記事だけかと思いきや、木星が記事にくっついていますね。
ううむ、流石UTOさん(^^;

No title

> タキさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
順調にすくすくと育ってくれていて(若干、チキンですが・・)、親としては嬉しい限りです。

やー、日曜日に記事Upできたら、これだけで済ませたと思うんですけどねー (^^ゞ
せっかくなので、木星撮影とセットにしました。

No title

> ナイショさん
了解です。
お手数おかけして申し訳ないです・・。
急いではないので、ぜひいろいろじっくり検討していただけると、幸いであります(`・ω・´)ゞ

No title

あっ、うちにもあったこの犬。(二匹の悪ガキ共の手に掛かり、1週間で破裂…)
ホームセンターのイベントはいい暇潰しになるのでしばしば使います。家の中なんか見ちゃって、住所書かされちゃったりすると、1年はDMやら本やら送ってきますが…orz
最近は下の子と母親の趣味に合わせて、ホームセンターの恐竜イベント三昧です。(^^;


どんどんおっきくなってきましたね~
幼稚園の通信簿によれば…うちのあかりちゃんは、とっても外面良いようです。力一杯内弁慶です。。。

昨夜はユニテックの社長さんから「今日のシーイングはすごいよ~」と唆されて、6cm屈折で月撮ってました。
やっぱシーイングは大事ですね。スタックすればなんとかなる、と半分思ってましたが、好シーイングに恵まれると「ココまで写るんか~」と驚きました。

No title

> huqdogさん、こんばんわ。
この犬、めっちゃ気に入ったみたいです。・・ってその後はどうなったかは知らないのですが・・(^^ゞ
まだ、健在・・・と、思います(; ̄ー ̄川 アセアセ

ウチも古いので建て替えも考えないといけないのもあって、もう少し真面目に見てきても良かったと思うんですが、中二階と屋上が良くて、嫁さんが興味持ったみたいです。
屋上を作ってくれた方が、個人的には(天文的に)嬉しいのですが・・。

うちの明星も、内弁慶ですよー。
母親の言うことは聞かないくせに、外ではいい子ヅラしたり、みんなの仲に入っていけなかったり・・ちと心配デス・・。

6cmもバカに出来ないですもんね。特に昔のF20の機種は真面目に下手なアポより綺麗に見えるし・・・。
最近、良く見えるアクロマートってあんまりないですかねぇ・・
笠井トレーディングのくらいでしょうか。
大昔は、ビクセンあたりでも、火星用に9cmF13!とか10cmF12とか出していたと記憶してますが・・・。1988年だもんなー・・
いやはや、トシをとったものです。

No title

使っているのは FS-60Q なので、マトモな 6cm F20 ですらなく、f=355mm F5.9 の対物レンズに専用エクステンダー(鏡筒の途中をぶった切って挿入するヤツ)と最近出たNikonの新しい2xテレコンをぶっこんで無理矢理仕立てた f=1200mm だったりします。(^^;

ドーズの限界からすると6cmの分解能は1.9秒角、これは f=600mm F10 の直焦点+D810A のピクセル画角1.5秒角にはちょっと満たない、でもまぁシーイングのこともあるし、2x2ソフトビニングした上でのピクセル等倍鑑賞には耐えるかな、というところです。

ポタ赤2軸ガイド化に伴い長時間露出できるようになってきたこともあり、最近この FS-60Q (専用エクステンダー入れて f=600mm F10) での銀河や球状星団、惑星状星雲撮影を愉しんでいます。

月面撮影では、金星用のUフィルターを入れれば、レイリーリミットの式上解像度が上がりますね。
屈折なので紫外線吸収もあって一筋縄ではいかないと思いますが…「機動力確保」を口実に、小口径で足掻くのも面白いです。(笑)

No title

> huqdogさん、こんばんわ。
あらー、てっきり、Astroの6cmF20かとばっかり思ってました (^^ゞ
あれ、一度覗いたことがあるんですが、B社の76EDよりA社のアクロの方がヌケもキレも良かったことがあり・・(; ̄ー ̄川 アセアセ

Nikonのテレコンは、昔から冷却CCDのO御大も絶賛で、キレ味抜群の様ですね!

個人的には大口径主義なので、小口径の出番はなかなかないのですが(^^ゞ、最優秀の方といい、小口径を極めるというのもアリですよねぇ・・。
今なら、それこそB社の55FLとか、36EDとかも面白そうですよね。45EDは未だあるのかな?あれ、昔めっちゃ欲しかったんですよねぇ・・・。予算が合致したのでNFD328に化けましたが。

No title

大口径で撮ってる最中、Fの明るい小口径+Hαバンドパスフィルタ+α7Sで星雲観望、最高ですよ!
都会でも観望として成立します。

55FL+専用レデューサーは年末にファインダーのつもりで購入したのですが、ぶっちゃけ FS-60CB + レデューサーよりフルサイズ四隅での星像の流れる範囲が少なく、F値も明るいので、f=200mm級の主力になってしまいました。
先日CP+でBorgのN川さんと立ち話した際も、喧伝することこそ無いものの、光学性能はFS-60CBを意識して設計されているようでした。
55FLはフィルタの抜き差しが楽なので、HαGB合成な使い方もしてみようと思います。

FS-60CB はフラットナー入れて f=374mm F6.2 賭して使うか、FS-60Q として f=600mm F10 で使うことになりました。

No title

> huqdogさん、こんばんわ。
エムティさんもお使いですが、55FLは凄く良さそうですねー。
望遠レンズとカブるものの、シャープさでは上でしょうから、焦点距離的にも美味しいところですしね。
ウチのNFD328もシャープさはありませんが、苦労して調整しただけあって、APS-Cまでなら、なかなかの実力があるので(ただ、歪曲が大きい様でモザイク合成には不向き)、今のところ、物欲は抑えられてますが、ちょっと興味はありますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ