FC2ブログ

記事一覧

ASI1600

GENTAさんのブログで知りましたが、ASIから、フォーサーズフォーマットのCMOSカメラ ASI1600が登場しますね!!

このカメラは、かつて一世を風靡した、KAF8300E採用の冷却CCDカメラの後継と考えて差し支えないでしょう。
KAF8300Eは、オリンパスのデジタル一眼レフカメラ用に開発されたCCD素子と思われますが、今回のASI1600も、やはりオリンパスのデジタルカメラ用に開発されたパナソニックのCMOS撮像素子を使った製品で、こういう点も似通ってますね!!
価格的には、冷却モノクロVerでも、15万円程度、カラー冷却タイプで、13万円程度でしょうか(PreOrderの今だと、100$程度安価になってます)
KAF8300系冷却CCDカメラよりも安価に供給されてます。STF-8300Mの今の価格が、えっ!?398,000円 (◎-◎;)!!
こりゃー、価格の面でも、性能の面でも、ぐっと魅力的なカメラが出てきたものですね。

あとは、実際の画像が、果たしてどうか・・・
と、いったところですが。

カラー版非冷却の場合、それこそ、オリンパスのOM-D E-M1の評価から察することができます。映像エンジンTurePic無し、ということを考えると、カラー・非冷却は、価格の点意外、考慮する必要はないかな、という気さえしてきます。
また、Sony製CMOSを採用していると噂されているOM-D E-M5Ⅱなどから考えると、天文適正は残念ながら、Sony製CMOSに一日の長があるかな・・・

冷却版なら意味があるか?
うーん・・個人的にはCMOSは可能な限り短時間露光・多数枚で攻めるべき、と思っています。

例えば、ビットランさんからは冷却CMOSカメラがかなり前から登場していますが、
最長露光時間は1分程度と、制限されています(Sony製CMOS、フォーサーズのオンセミ製CMOS採用カメラとも)し、惑星撮影用として人気のあるイメージングソースの非冷却のCMOSカメラは、最長でも1/4秒までとなっているものもあります。

ところが、なまなまさんが撮影されているminiCAM5Sでの素晴らしい作品を見ると、冷却CMOSカメラでの長秒露光もアリか!!と、改めて感じます。
やはり、買うなら、冷却版の方が良さそうに思えます。

もちろん、月面撮像用なら、非冷却モノクロ/カラーカメラを選択する価値はありそうですね。

ただ、現状、フルサイズの改造デジタル一眼レフカメラを使ってる人からはあまりメリットは見いだせないかも。面積1/4はちょっとキツイですよね。
Canon APS-Cの赤外カット改造デジカメからステップアップと考えた場合には、良い選択肢ですね。CanonのAPS-Cは、フルサイズ換算1.6倍と小さく、4/3フォーマットは、アスペクト比4:3ということもあって、実は、画角の差はそんなに感じない。

あとは、やはりST8300Mをメインで使っていて、さすがに、最近のデジタルカメラの画素数攻勢にさらされて、画素数不足を感じてる方にとっては、フィルターやフィルターホィールのユーティリティ類がそのまま流用できるでしょうから、良いアップグレードパスになるに違いありません。
もっとも、ASI1600の画質次第になるでしょうが・・・・。メーカサイトに置かれているダークを拝見してみた限りでは、問題なさそうです。

ちょうどカラーCCDビデオカメラのDFK21AF04が故障してしまったので、惑星用にカラーカメラが欲しいと思っていたところでしたので・・・
惑星のカラー撮影用兼ST8300Mの色信号取得用として面白いかも・・・と思わないではないのですが・・・・・
うーん・・・Sony製センサだったら、逝っていたかもしれませぬが・・

たぶん、予定通り?ASI178MC(非冷却のBSI CMOSビデオカメラ)を買うことになるかなぁ・・。コスト的に・・・
カラーのASI1600MCもこの価格なら、検討してもいいんですけどね・・・
うーん、もう、ちょっと悩んでみます・・・(^^ゞ

冷却タイプはコスト面と、冷却して長秒露光の用途はあまり検討していない(SXR-H694がありますから・・・DSOをこの種のカメラで撮るならラッキーイメージングでいこうかと)のもあって、個人的には、冷却までは要らない方向性で考えているんですよね・・。

ただ、やっぱり、なまなまさんの結果を見てしまうと、やはり陳腐化してしまったSXV-H9Cカラー冷却CCDカメラの代替え機という観点から、ASI1600MC-COOLも視野に入れてもいいといえばいいし・・・
さて・・・どうしたものかなー・・・
センサQEがちゃんと判る様になると、もう少し、はっきり判断できるんですけどね。

まぁ、個人的には無理なく、スモールチップかなぁ・・・
ASI178MMも、QE特性は見当たらないのもあって・・・・悩ましいですな・・・(゚A゚;)ゴクリ

いずれにしても、進化が止まってしまっていた、KAF8300Eセンサの後継機種として、魅力的なカメラが出てきたものです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

時々お邪魔する熊本のhigeです。
私もASI1600MC-COOLが気になっています。KAF8300(ATIK)を使っているので、そろそろ限界を感じているところです。惑星用にも非冷却でいけそうな感じで、かなり物欲を刺激されています。以前QSIのKAF8300のカラー冷却CCDを買ってみたのですが、デジ一の方が良く写ったので速攻で売り払いました。その前はビットランのBT-11Cというカラー冷却CCDカメラを買ってみましたが、これまたイマイチでした。
さて、このカメラの写りはどうなのでしょうか。

No title

私もメインがマイクロフォーサーズ+短時間露出なので、このカメラ気になっていました。マイクロフォーサーズのレンズをつけるアダプタも出るようで。自分の持っているレンズ資産を活かしたいですが、マニュアルレンズじゃないとフォーカス、絞りが制御できないですよね。。。
でもずっとウォッチしていこうと思います。敢えて(かな?)SONYセンサーじゃない選択をしたのも気に掛けて見ていきたいです。

No title

こんにちは。

ASI1600、興味ありますね~。
出力12bitなのは気になりますけど。
バックグラウンドに埋もれた、「あとちょっと」のところを出し切れるかどうか…。

16bitのCCDならあぶり出せていた部分が、同じように出せるかなぁ?なんて。
私の場合、撮影枚数が少ないというのもあるかもしれませんが。

No title

> hideさん、こんばんわ~
カラーカメラって、結構難しいですよねー。
デジイチだと、やはり映像エンジンが非常に効果的に働いてくれて、色ノリがいいしねー・・
カラーセンサだと、やっぱり、デジカメの映像エンジンの方が一日の長があると思ってます。
その変わり、デジカメ以上の、というか本当の意味でのRAWのデータを提供してくれるので、観測用には向いているのかもしれませんね。
処理次第では・・と言いたいところですが、やっぱ、メーカの映像エンジンを市販ソフトで越える色表現はちと無理があると思います。
もし、ご検討されるなら、モノクロVerで干渉用LRGBフィルターをお使いになると、急峻な分光特性=色差拡大により、ビビッドな天体写真が得られると思いますので、やはり、ここはカラーよりもモノクロをご検討していただいた方がシアワセかもしれません。
フィルターはいざとなったら、無しでも、それこそデジカメ画像から色をLRGB合成で載せることもできますので・・。

No title

>hideさん、再びこんばんわ。
BT-11Cとはまたマニアックですねー!!SHOWAから対抗馬として、CVS-16が出ていたのを懐かしく思ったり・・・(^^ゞ
でも、相手にはてんでならなかったでしょうね~。

ABG版のKAF1600がQEピークでも、26%。その上でカラーとなると、カラーフィルターで1/3・・・。面白いカメラだと思いますが、後日出てきたFinePixS2Proの方が圧倒的に感度は良かったのだろうと思います。(恐らくGreenのQEは40%ないし50%程度かと)
ところで、最新のASI174MCだとバスラーさんのサイトを見ると、緑でQEが70%までいきますから・・・
もし、どうしても、カラーで!となれば、こちらをご検討される方がシアワセになれるかもしれません。

No title

> matagonさん、こんばんわ。
言われてみたら、M4/3レンズの絞りとかって、きっと制御出来ないですよね。電子アダプタみたいなのを介せば・・とは思いますが・・・
S○ny製センサーは、ひょっとしたら外販されてないので、止む無く、パナ製、という選択ではないかと思いますが、実際はどうなんでしょうねぇ・・・(^^ゞ
もし、OMD E-M1の素子そのものなら、像面位相差AF用の画素も存在している訳で、天文用としてはちょっとおもしろくないですねぇ・・・
SonyがモノクロCMOSを出してきたら、恐いですが・・・。って、Nikonから、産業用途では出てましたっけ・・・Dfの素子のモノクロ版・・・。
Canonからも(こちらは自社センサ)。
選択の幅が増えるといいなぁ・・

No title

> なまなまさん、こんばんわ。
個人的な経験で言わせて貰えれば、12bitデジカメ(初代KissD)でも、16bitカラー冷却CCDカメラでも、あんまりビット数による写りの差は感じませんでした。
カラーかモノクロの差は、受け取れる光量(Photon数)の違いが圧倒的(通常の3倍)なので、どんなカメラでも、感じますが・・
基本的には、センサーの飽和電荷容量が、本当にビット数を満たせているかどうか、なので、あんまり、過剰なビット数のA/Dコンバータを使っても、有意差は生まれないんですよね。
昔から、良く言っているのですが、ペンタのK10Dは、22bitA/Dコンバータですよ(まぁ・・FEPにアナデバのピクセルゲイン使ってると思いますが)、でも、K-10Dの天体写真がずば抜けてよかったかと言うと・・(^^ゞ
や、いいカメラですけどね。K10D・・。

目で見えるのはせいぜい、RGB各8bitなので、やっぱり、ビット数に惑わされてはいけないかもです。
入力10bit(1023)出力8bit(255)あれば、天体写真的には十分な階調があると感じてます(・・コンポジットは前提で)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ