FC2ブログ

記事一覧

パンスターズ急襲!

さて、パンスターズ彗星 C/2013X1が、螺旋状星雲に接近しています。
一番、近づくのは、たぶん、6/5未明なのでしょうが・・・お天気は絶望的。
彗星と星雲の接近って、天文学的には意味はないのでしょうが、写真的にはとても、魅力に感じます。
しかし、GPV予報は、ほとんど、絶望的・・・・(;゚Д゚)

ちと、疲れもあるのか、昔ほど、気力がないのか・・・半ば、諦めつつ、22時半に布団に入って、12時半に起きることにしました。
以前なら、寝る前に、機材は一通り準備してから、寝ていたのですが・・・┐('~`;)┌

12時半に起きると、一面のうろこ雲。雲間から星は見えますが、こりゃー・・・無理でしょー?
と、安心してまたお布団に戻りました。

が、なぜか2時前に目が覚めたので、ぼーっとした頭で外に出てみると、まさかの快晴!!(◎-◎;)!!
一気に目が覚めました。慌てて、準備開始!まずはサンニッパを取りに2Fにあがって、あっ、薄型Tリング、前回、何かで使ったぞ・・どこやったっけ・・・。あぁ、あった、あった。
SDカードが無いッッ・・!!16GBのにはデータが入ってるから、残容量が不明ッ!(・・そういや、最近、8GBの見かけないッス・・・(;´д`)トホホ…)あ、なんとか4GBのがあった。これで大丈夫だろう・・。
赤道儀を車に積んで、一応、カメラ三脚と、デジタル一眼レフカメラのE-620も、ブログ用に持って・・。PCは・・普段使っているFMVノートになら、最新の彗星データは入れていたハズだけど、こいつは、でこでこ使わないと動かないッ!!あ、そうか、別に、螺旋状星雲に接近してるんだから、それを入れればいいじゃん・・・・
と、相変わらずのドタバタっぷり。
なんとか、2時半ジャストに、出発することが出来ました。

雲は・・・西から張り出してきているみたいですが、ここまできたら、あとはもう、行くのみ!
場所は、獅子ヶ鼻公園。ここは、長年、彗星撮影に使ってきた、ホームグラウンドです。
ぼうらやさんだと、さらに10分余分にかかることもあり、薄明までの時間も無いですしね。

さて、獅子ヶ鼻公園には、2時50分過ぎには到着ッ!
すぐに、準備を開始します。と、いったところで、カップルの車が入ってこようとしたのですが、先客(自分)が居るのに気がついて、少し離れた別のところに行きやがりました。
声からして星を見にきたみたいで、女性の綺麗!という声が聞こえてきました。
確かに、天の川も良く見えます。雲が多いですけどね。
双眼鏡も持ってこなかったのもありますが、なにしろ、時間が無い。こっちに来るなよー・・と内心思いつつ(以前、獅子ヶ鼻公園では、カップルに双眼鏡や予備の観望機材で、星を見せたことが何回かあるんですよ、余裕があれば、もちろん、大歓迎なのですが)、やっと北極星付近の雲がどいた・・・

くもくも君 オリンパス E-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D14-42EDにてパチリ

写真はもう少し薄明が進行してからですけどね(でも、タイムスタンプは3:32でした)
即座に極軸は合わせて、ここまでは概ね順調。
そこからが少し、ハマりました。フジX-E1 デジタルカメラを取り付けたのですが、ミラーレス機で、ピントがぼけていると、何も見えず、星がぜんっぜん捕まらないんですよ。
デジタル一眼レフカメラだったら、こんな苦労しなくても良いのですが・・・
しまった、出かける時に、EOS40Dも持ってくれば良かった・・・(ちなみに、NFD300mmF2.8Lとの接続は、EOSマウントで、EOS-Xマウントアダプタでの接続)
ベガを使ってなんとか、合わせたのですが、ここで、相当の時間をロスしてしまいました。
これさえ無ければ・・・もう少しマシな写真が撮れたと思うのですが・・・

雲が多く、自動導入する為に、まず、ペガサスの四辺形の星を入れたのですが、イマイチ、確証が持てない・・・・。おまけに、Pyxisは、恒星時80倍速にしか過ぎず、自動導入もトロい!あっ、フォーマルハウトを入れればすぐじゃん!と、今更ながらに気がついて、慌てて、自働導入(笑)。ところが、薄雲で、最初に入れたのは間違ったみたい・・・
その後、自動導入で、NGC7293螺旋状星雲に向けて、試写してみたものの、まったく見えず・・。螺旋状星雲、淡いからなー・・・と、おもいつつも、彗星も見えないのはいくらなんでも変だ。
と、思って、空をみあげたら、どうも先ほどは雲に隠されていた!?真のフォーマルハウト(なんのこっちゃ)を入れなおして、再導入。
今度は彗星が写っているのが判りました。もはや、空が蒼い・・・!
ここまで、きたんだ、なんとか1枚だけでもッ・・・!と、シャッターを切って、なんとか雲間から撮ることができました。
パンスターズ彗星C/2013X1とヘリックス星雲NGC7293  NewFD300mmF2.8L 1分

薄明がかなり進行してしまいましたが、なんとか、撮れました ε-(´∀`*)ホッ
予め、準備していれば、30分、EOS40Dを持ってきていれば、10分・・・。この時間ロスが地味に痛い。
もう少しまともな写真が撮れただろうと思うと、やっぱり、気合入ってなかったなぁ・・。機材、使いこなしているようで使いこなせてないなぁ・・と大いに反省。
あーあ・・です。
もっとも、もう少し、星雲に接近してないと、ちょっと面白みに欠けますね。2,3年前のジャック彗星やウカイメデン彗星の時程、気合入ってなかったのも仕方ないかな・・。

薄明中ですが、1分露出で何コマかは写っているので、後日、コンポジットしてみようと思います。
それにしても、露出1分で、淡い螺旋状星雲が写るとは。
これ、初期の冷却CCDカメラでは難物だったんですよ(CV-04Lで1分じゃあ、全く写らなかった)。隔世の感があります。

なんとか、抑えることが出来て良かったです。3時58分には獅子ヶ鼻公園を後にしましたから、獅子ヶ鼻公園にいたのは1時間ちょっと。公園までの往復時間を含めても2時間弱。
まさに、急襲!でした。
やー・・・まさか、晴れるとはー・・・

さて、今日は、9時半から、写真展の当番です。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます。

わお~! 物凄い根性でゲットされましたね。(笑)
流石は師匠です。

No title

> ミュートンさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
なんとか、粘って撮るだけは撮ってきました~
今晩は絶望的ですねー・・残念。

No title

300mmでこの画角に収まるのは見ごたえがありますね。雲に邪魔されながらもなんとかGETされたUTOさんは流石です。私も撮影に行きたかったのですが絶望的なGPVのお告げに惑わされて出撃を断念しました。

No title

2時に起きてから車に積んで遠征して撮影までに1時間。凄すぎます。
昨日の最接近は雨でダメでしたが、今晩晴れるかも…

No title

> ☆シュミット☆さん、こんにちは。
GPV予報は絶望的でしたので、ボクも諦めていたのですが、まさか晴れるとは・・・。
10分のロスがイタイです・・・。

No title

> のんたさん、こんにちは。
晴れ予報なら、GENESIS SDFとST8300Mないし、ST10XMEで狙ったのですが・・・。
雲間からになるなら、ノータッチガイドでやるしかないので、明るいサンニッパで雲間から狙うという形になりました。

ほんとだ、今晩、晴れそうですね。
でも、雨上がりだしなァ・・・。ちょっと悩み中。というか、たぶん、パス・・・(^^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ