FC2ブログ

記事一覧

望遠鏡の整理

今日は朝からめっちゃ暑かったです・・・。出勤時に車のエンジンをかけた時の気温がすでに31℃。帰宅時の夜になっても、29℃でした・・あつ~・・・
しかし、梅雨の中休みなのか、星が見えています。透明度は良さそう!
でも、GPV予報ではイマイチなので、望遠鏡を出すのはチョット・・・
というわけで、双眼鏡で軽く、星空観望してきました。
もっとも、いかに透明度が良くても、自宅からだと、7×50双眼鏡では、M4は見えません・・・。ちょうど外灯があるので、M8,M20も見える位置ではないので、はくちょう座付近の天の川を見て、コートハンガー星団を見て、とりあえず満足。蚊に喰われたのもあって、そうそうに退散してきました (;゚Д゚)
ま、まあ、もう少しGPV予報が良ければ、何か撮るんですけどね~
このお天気だと、ちょっと望遠鏡を出して、目覚まし時計細切れ睡眠までやる気にならナイ・・・。もっとも、撮りたい被写体もちょっと思い浮かばないというのもあるんですけどね。

さて、先週末の土曜日は、望遠鏡の整理をしていました。
使用頻度が低い、が、大事な役割のある望遠鏡を、焼津の御大、ロンキーさんにお願いして、預かっていただけることになっていました。
ちょうど休みで、お天気も良かったこともあり、急遽、持っていくことにしたのでした。


ε200とVISAC  フジ X-A1デジタルカメラにてパチリ。

イプシロン200。ボクが持っている中では、唯一?まともなアストログラフ望遠鏡だと思います。バックフォーカスがシビアーで、ST8300Mは結局、調整しきれていないこともあり(ST10XMEは、スタベのM54→M42リングでOk)、なかなか活躍の機会が少ないでいました。
クリスマスツリー星団 イプシロン200 ST8300M KU-PE激安干渉フィルタにて。

上の星像が若干崩れているのは、ST8300Mのセンサが傾いていると思われますが、バックフォーカスは、この組み合わせだと良さそうな感じです。
ただ、激安干渉フィルターでの撮影だと、別途、IRcutフィルターを入れないといけないのもあって、使い勝手はイマイチ(この時は、補正レンズの前に48mmのLPS-P1を入れていますが・・・そこに入れると、フォーサーズフォーマットでも若干、ケラれるんですよ・・・)ということもあって、後日、スライド式アダプタのバックフォーカスを調整しよう・・というところで、オライオン計画に軸足を移してしまったので、ペンディングになってしまいました。
とはいえ、しっかりとした造り、自分の手持ち機材の中では、安定した機材ということで、今後も、まだまだ活躍して貰わなくては・・
イプシロン200 入選作 宇宙のオーロラ ST10XME

ここ2年程は、二羽ニワトリ体勢を行っていたこともあり、かなり活躍してくれていました。
モンキー星雲 フジ X-E1 デジタルカメラ

APS-Cサイズのデジタルカメラとの組み合わせですが・・・若干、光軸が狂っているかなぁ・・・。いずれにしても、調整がシビアーですが、大雑把な望遠鏡が多い中で、しっかりとした調整がいかに大事かを教えてくれる大切な望遠鏡です。
何回か、手放してもいいかなー・・・と思ったことはありましたが、やはり、スキル向上の為には必要な機材かな・・。
ちなみに、補正レンズは、イプシロン160/130用の新型補正レンズが出た時に、スターベースで、イプシロン200用にモディファイして貰ったものを使っています。APS-CサイズまでならOkとのことでしたから、フルサイズの改造デジタル一眼レフカメラで使ってみようとするなら、旧型補正レンズを使わないといけませんね・・・。

VISACは、これは、最初に入手した時は、AO-7を使って撮影する次期主力機として、でしたが、その後、ASC-11と大口径化を図ったこともあり、一旦、手放しました。
しかし、その後、2008年頃から、GENTAさんやyamatomoさん、ミュートンさん達と、遠征に主軸を置く様になった為、遠征での長焦点鏡として、再び、購入したのでした。
別の個体ではありますが、ヨシカワのヘリコイドを装着してあり、アストログラフとして申し分のない機材となっています(一応、主力機にはそれなりに、ですが、ちゃんと装備は奢っているのデス・・・^^;)
VISAC テレビューNPR-1073レデューサ使用 ST8XME 冷却CCDカメラ

平面像のVISACですから、テレビューのNP-101用のレデューサを使って撮影しました。
ペッツファール光学系も、平面像ですから、相性は悪くない。もっとも、チップサイズがどこまで対応できるかは?
これで、F7.1程だったかな・・・?5年程前の作品なので、今みると、ちょっと雑いところはありますが、一応、これでも、ベースの画像は、天文ガイド2011年6月号に採用されています。(PixInSightの勉強がてら、カラーバランス等を再処理したものです)

遠征か、自宅か・・・この辺りで、結構、紆余曲折があって、なかなか、難しい・・というか、余計な機材が増えていってるよーなー・・・(;゚Д゚)

しし座のトリオ銀河 VISAC 専用レデューサ使用 フジ X-E1 デジタルカメラ

TOAGを使ってオフアキシスガイドをしたのですが、そのせいで、バックフォーカスが伸びてしまったからか、周辺像は周方向に歪んでしまいました。
せっかくのラージフォーマットに対応できる機材なので、いずれ、もっとちゃんと使ってあげたいと思っていますが・・・・。なかなか出番がないかナァ・・・ (;゚Д゚)


田中光化学工業製 FSC-203 
20cmクラスの望遠鏡、一体、何本持ってるのヨ・・ と、自分でも、ツッコミたくなりますが (^^ゞ
メーテルさんからお借りしている20cmF3.6のフラットシュミットアストログラフです。
元々は、イプシロン200では、重量の面から、EM-200に搭載できないこともあり(←後日、ガイド鏡を軽いKenko500mm望遠レンズにすることでなんとかクリアしましたが・・)、こちらの方が軽量だよ、と、グレーテルさんのところに行っていたのが回ってきてくれました。
(その時にテストしていたマクストフニュートンがイマイチ駄目という結論が出てしまったので、貸してくれたのだったかも・・・)
グレーテルさんは、この望遠鏡で最優秀を獲られましたから、性能は折り紙付き!なのですが・・・。うーん、補正板だと遠征時の結露対策や、それとやはり光軸が狂い易いのは斜鏡ですから・・その点が不安だったこと、また、ファインダー台座が特殊で、取り付けに一工夫しなければならないこと・・・などなど、結局、お借りしてから、5年かな?一度も陽の目を見てないとゆー・・・(; ̄ー ̄川 アセアセ

それこそ、オライオン30cmが遠征に持ち出せる様に軽量鏡筒バンドを買ってから、機材構想が、ガラリと変わっちゃったんだよなぁ・・・
オライオン30cmで遠征できれば、VISACの長焦点も、イプシロン200やFSC-203の明るさも兼ねてしまうんだもん・・・。

でも、アルミ板に穴をあけて、赤道儀に搭載する為のマッチプレートは作りましたし、バックフォーカスの点では、イプシロンよりも許容範囲が広そうな事から、次期主力機として活躍して貰う予定でいます。
余談ながら、娘は、この望遠鏡が一番気にいったらしく、かわいい~を連発して抱きついてました(笑)


ASC-11を含めて、4本の望遠鏡を預かって頂くことになりました。

余談ながら、手前に見えている冷却CCDカメラは、武藤工業のCV(コスモ・ビジョン)です。
日本製らしい、しっかりした製品でしたが・・・・
今となっては・・・ですね。Windows98でしか使えないし。
CCD換装など、いろいろと勉強させてもらったカメラでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

…何本持ってるんッスかっ
使わない望遠鏡があれば、ぜひ天体望遠鏡博物館にお持ちください。そこで組み立てて展示までしてくださると助かります(笑
しかし、油断すると増えるものでもありますね。梅雨時だし。
ああ~望遠鏡怖い~(爆

No title

UTOさんこんにちは。
それぞれ特徴のある望遠鏡達でどれも手放したくない気持ち分かります。こんな良い機材ではありませんが、僕も人の事言えない位持ってます。さらに30cm級が欲しいのですが、30cmRCにするか、明るいニュートンにするか迷いに迷っています。ナローもやりたいから明るいニュートンの方が良いかなと、今はニュートンの方に傾いています。

No title

> 玄さん,こんばんわ~。
えー、両の手で数えられる位しか持ってないですよ~(; ̄ー ̄A アセアセ・
ミュートンさんの方が、質、量とも上じゃないかなー

望遠鏡、恐い、恐い~(^^ゞ
この辺りで、1つ、良いカメラが怖い(爆)

No title

> のんたさん、こんばんわ。
長焦点が良いのか、明るい大口径が良いのか、今のところ結論は出せてません。
ただ、のんたさんがお持ちの今のカメラを最大限に活かしつつ、また、今後、高精細・多画素化していくであろう、デジタル一眼レフカメラやCMOSカメラ・・・これらを考えると、明るいニュートン一択で間違いないと思いますよ。
次期カメラをQHY42(11μ□)で考えるなら、長焦点RCが向いてますが・・
どのカメラと組み合わせるかで、自ずと結論は出るかと。

No title

> UTOさん有り難うございます。
30cmなので遠征ではなく自宅観測所専用となる予定です。UTOさん所ほどではないですが、撮影可能視野が狭いので明るい望遠鏡のほうが良いかなと思っています。冷却CCDはQHY16200でしたか、APSーHのやつを検討中です。

No title

> のんたさん、こんばんわ。
QHY16200は、いいカメラですよね。画素ピッチは6μだったかな。
またビミョーなライン。
RC系+レデューサの方が組み合わせとしては良さそうですが、SkyWatcher30cmF5に、パラコア2でもベストな組み合わせになりそうですよね。
個人的な経験から、画素ピッチ=F値で考えるといいかな、と思います(エアリーディスクからは、若干オーバーサンプリングなのですが)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ