FC2ブログ

記事一覧

まさかの2誌入選(◎-◎;)!!

今日は・・っと、すでに昨日でした (;゚Д゚) 天文雑誌の発売日でした。

実は、前回まで天文ガイドは、それなりに自信がある作品を応募していました。それでも、一連の小宇宙シリーズで、最後のトリは、DeepSky NGC4410付近だと考えていました。
今月号は、なにしろ8月号ですから・・・時期的にも、系外銀河はやや厳しくなってきますし、小宇宙作品として見ても、前回のNGC4410付近やその前のNGC4395と比べると見劣りする気がして・・。ちょっと自信がなかったのです。
天文ガイド入選作 NGC5363,NGC5364 オライオン30cm反射望遠鏡 SXVR-H694冷却CCDカメラにて。

うっすらと暗黒帯が見える楕円銀河NGC5363と、ぐるぐる渦が巻いているNGC5364です。2つの銀河の対比が面白い。
それにしても、NGC5363の薄い暗黒帯はなかなか描写が難しかったです・・・

さて、星ナビは、もっと自信がなかったのですが(時期的に系外銀河は駄目かなー・・と・・)、まさかのTopページ掲載で、びっくり(◎-◎;)!!
星ナビ 入選作 The Eyes オライオン30cm反射望遠鏡 SXVR-H694冷却CCDカメラ

TheEyesの愛称がある銀河です。
マルカリアンの銀河鎖として一緒に写し込まれることが多い天体ですが、クローズアップで、複雑な暗黒帯の様子を捉えてみました。
暗黒帯の独特な感じが面白いですよね。でも、この天体、最初から狙ってみようと思っていたわけではなく、たまたま面白いものがないなぁ・・・しょーがない、この天体でも撮ってみようか・・・という感じで撮影したものでした(なので、2晩分しか撮ってませんでした)
もう一晩分、撮っておけば、もう少し良い仕上がりになったのではないかと思います。
面白い天体なので、またそのうち、再挑戦したい天体ですね。

さて、今回、どちらの天体を、どちらの雑誌に出そうか、少し悩みました。まぁ、どちらも、季節外れに差し掛かっているので、ダメ元になりますが、どちらも、自分としては良く写ったな、というのもあり・・・。
愛称のあるThe Eyesを、星ナビに送ることにしました。ニックネームがある方が、ウケが良いかなー・・と (^^ゞ
結果的に、良い方向になったようで良かったです。

こちらは不採用作。
MT160反射望遠鏡 Teleskopコマコレクタ ST10XME冷却CCDカメラ

りょうけん座の銀河コンビです。
どちらの銀河も相互作用の影響を受けて、ユニークな姿をしています。淡い部分とディテールに注力して処理してみました。
NGC4631のディテール描写など、MT160反射望遠鏡のポテンシャルを引き出したなー・・という自負はあるだけに、ちょっと残念でした。構図的には、やや窮屈なので、まぁ・・仕方ないか・・・。
実は、これ、RGBフィルター、SBIGのとIDAS type2とで、それぞれ撮っています(応募用紙にそこまで書いたかは分かりませんが・・)。色彩表現的に、どちらも一長一短があり、比較してみると面白かった面もありますので、また機会を改めて紹介したいなーと思います。
天文ガイド落選作 M102 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2 SXVR-H694冷却CCDカメラ

りゅう座にあるレンズ状銀河ですが、暗黒帯があり、また周囲の淡い部分は複雑な形をしています。小さいながらも面白い銀河です。
天文ガイドは、どちらかというと、こういう淡いのが良いかな?と思ったのもありましたが、結果的には、NGC5363,NGC5364の方が採用されました。
NGC5363には暗黒帯がありますから、同じく暗黒帯付きということで、テーマ性を明確に印象付けた役割は担ってくれたことでしょうか・・・・ね・・・?

いずれにしても、今月号は、期待していなかった・・・といえば嘘になりますが、両誌ゲキチンも覚悟していただけに、ちょっと嬉しかったです (^◇^)

それにしても、3月は、かなり晴れが多かった様で、未処理の系外銀河が沢山・・・。
NGC3775あたりは複数晩撮影してあって作品狙いだったり、組み写真で、作品化を検討していたらしき、銀河もいくつか・・・・
でも、今年は組写真で一度落選してるからなぁ・・で、気持ちがメゲて、多分、お蔵入りさせたんだと思う・・・。
まあ、面白い銀河もあるので、落ち着いたら、処理してお見せしたいと思います!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます!
まーちゃるです。

2誌のダブル入選おめでとうございます!
どちらの作品もディテールまでよく描写されていて素晴らしい仕上がりだと思います!

UTOさんは落選作品もいつも紹介されてますが、それ落選というよりは「1作品しか載せないから苦渋の決断で載せなかった方」ってだけですよね(笑)

毎月1作品づつ投稿なら落選レスになりそうな予感…

No title

おはようございます^_^

2誌入選おめでとうございます( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆
すばらしいです✨
素人なもので、暗黒帯というのがよくわからないんですが><
落選の作品もどこがダメなのかわからないですね
ナイス★

No title

> まーちゃるさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます。

確かに、落選作と書くのはちょっと違いますか・・。不採用作品とでもしようかな・・
って、来月は、たぶん、ゲキチン必至なので、正真正銘の落選作になりそうですが(泣)

毎月1作品、ですが、実は、自分の中で一番自信があるのしか送らなかった時期があったのですが、入選率は高かったものの(それでも、打率6割5分程度)、年間で、4作品程度がせいぜいでした・・。
2007年頃に、中天のエリーさんが、やはり3作品づつ送っていて、年間17点入選の快挙をやってのけたのを見て、ボクもなるべく出せるものは出す事にしました。
入選点数はあがりますが、打率はだだ下がりで、今のところ3割2分くらいです。

No title

> Cさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
暗黒帯は銀河の中の黒い筋の部分だったりします (^^ゞ
でも、この部分って、その銀河の天の川なんですよ。
遠すぎて、黒い筋にしか見えないんですが、その部分に、星が沢山集まっている(筈)なのです。

No title

入選おめでとうございます。
いやー、どれも見ごたえがあります。特にThe Eyesですかね。この銀河たちのクローズアップは確かに見かけません。おぉ、こうなっているのか!って、いつもは見えないところまで見えるのってやっぱり楽しいです。

No title

> g-logさん,こんばんわ。
TheEyesは、以前にも、6,7年程前だったかなぁ・・MT160で撮影したことはあったのですが、その時はなんとなく、暗黒帯が単調な感じ(今回も中心部付近の暗黒帯は線が太いというか、なんというか・・その印象は残ってますが・・)で、実はあんまり乗り気ではなかったんですよね。
でも、次に撮る時はもう少し本腰入れてちゃんと露出をかけて狙ってみたいです。
小さな銀河がくっついていて、これが飲み込まれていくのかな・・とか想像しちゃいますよね。
衝突銀河はいろいろと想像を掻き立てられて面白いです。

No title

さすがの2誌入選、素晴らしいです。
最近の傾向として天の川内の星雲、特にバンビだとかアンタレス付近だとかが多いですね。
その中で新しく興味ある対象を紹介しつつ、入選してしまう底力を感じます。

No title

> やまちゃんさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。やまちゃんも星ナビにM57で入選されてましたよね。あ、先こされた・・と、ちょっとメゲました(^^ゞ

散光星雲の季節なので、ダメだろうな、と思っていたので、ちょっと嬉しかったです。

No title

おめでとうございます。
次は、コレですね?
http://subarutelescope.org/Pressrelease/2016/07/25/j_index.html

色の違いがハッキリ出るかどうか…楽しみにしております。(^^)b

No title

> huqdogさん、こんばんわ。
ありがとうございます。

ひえー・・こりゃあ、難物どころか、かなーり無理じゃないですかねー・・
個人的にM90のHαの吹き出しも検討しましたけど、あれも、波長的に苦しくって・・。集光力から撮れるか計算する以前の問題でした、、、

そういえば、これも何等級なんだろう・・(^-^;)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ