FC2ブログ

記事一覧

ASI120MMとALICEⅡの比較

3連休ということもあり、実家に戻ってきているのですが・・・
画像処理用に中古で買ったノートPCのHDDが死にかけているらしく、異常に動作が遅くて、ちょっと参ってマス・・・
安物買いのなんとやら・・ ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
さしあたり、嫁さんのPCを借りてマス・・・

さて、CMOSカメラの考察です。
左:ASI120MM Orion30cm直焦点 右:ALICE-Ⅱ Orion30cm+パラコアⅡ

ALICE-Ⅱは感度は申し分ないのですが、構造描写の点から考えると、やはり画素ピッチの粗さから、構造描写はちょっと弱い。これだと、わざわざ撮っても、苦労の割に・・・と思ってしまいます。
ASI120MMは、画素ピッチ3.75ミクロンの高精細ということと、1/3型と小さいイメージサイズということもあり、直焦点で運用。
そのかいがあってか?パラコアⅡを使用して実焦点距離を伸ばしているALICEⅡよりも構造描写はよく出ています(まぁ・・・天文雑誌の月例フォトコンテストには落選しましたケド・・)

ALICE-Ⅱの画素ピッチは6ミクロン程度ですので、基本的には十分かとは思っていましたが、実際、こうして見比べてみると、やはり見劣りしてしまいます。
したがって、明るい星雲のラッキーイメージング用にやはりASI290MMは欲しくなってきます。
M57も、ASI120MMでも、十分綺麗といえば綺麗ですが、やはりもっとよく撮りたい!という思いはありますしね。

あとは、冷却が必要かどうか、ですが、こればっかりは、実際にラッキーイメージングで使いたい、0.5秒~3秒程度までの露光時間で、また焼津の御大、ロンキーさんのASI178MM-Coolで比較実験をさせていただいて決める必要がありそうです。

ところで、少し前にも書きましたが、第二世代?Pregius IMX250やIMX253は、3.45ミクロンと高精細です。
IMX250は2/3インチで500万画素、75FPSだったかな?(これはPointGrayですでに製品化されています)
IMX253は、1.1型1200万画素です。
個人的には、星雲・星団のクローズアップが撮りたいワケですが、これまで使ってきて、DSO(Deep Sky Object)用としては、2/3型だと、ちょっと画角が中途半端になってしまいます。
モンキー星雲が800mmで入りきらないくらいのサイズですから・・・
やはり1型クラスのイメージセンサーが欲しくなります(まぁ・・・1型でも、M33だとオライオン30cmでは入りきらないので、欲を言えばキリがありませんが ^^;)

何回か書いてますが、ZWO社かQHY社から、冷却版IMX253カメラが出てきたら、DeepSky用としては、決定版になるのではないかなーと期待しています。
惑星や明るい星雲は、ラッキーイメージングで中央部付近のみ、サブアレイ(写真的に言えば、いわゆるCrop)で撮像、暗めの星雲については、長時間露光で対応・・と、万能機になるのでは・・・と考えています。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ