FC2ブログ

記事一覧

今月は撃沈でした (´;ω;`)ブワッ

今月は見事に両誌とも撃沈でした (;゚Д゚)
うーん・・やっぱり、いざ落選となるとがっくりきちゃいますねー・・・(。・ω・。)

星ナビ 落選作 環状星雲M57  オライオン30cm反射望遠鏡 with パラコアⅡ 
ALICE-Ⅱ 半自作CMOS ビデオカメラ

星ナビにはCMOSビデオカメラ ALICE-ⅡによるM57を送付しました。
RGBは各1秒で、約1100コマ前後ほど撮像。Hαフィルタでは、ALICE-Ⅱの最長露光時間となる10秒(ベースがボードカメラですから、天文用ではないので仕方ないですね・・・)での露光で撮像しました。Hαは、10秒×384コマ。
結果、M57の外縁部は、実はSXVR-H694では表現できなかった部分まで、見事に描写してくれていたりします・・。

もちろん、完成度としては、LRGB、Hα、OⅢ、HeⅡによる7色分解によるこちらの作品の方が上ですが、Hαの外殻は、今回のALICE-Ⅱの方がより明瞭に表現できていますから・・・これならいけるかな?と思ったのですが、まぁ・・HαGB合成がベースとなっていることもあり、星色が不自然ですしねー・・。完成度が低いのは否めません。
落選もやむ無し、ですね。
あとは少しトリミングしすぎた面もあろうかと思います・・・。

いっそ、これまで撮像したM57の全てのデータを使って表現してみるのも面白いかも・・。
SXVR-H694での7色分解をベースに、Hαの外殻は、ALICE-Ⅱ、ハイライトはASI120MM CMOSビデオカメラによる画像を、大きさを揃えて、合成すれば・・・。個人的に究極のM57が仕上がるかもしれません。
異なる光学系(望遠鏡や、ディテクタ)の画像を合成することは、天文学的には、よくやられている事ですから、それぞれ特徴的な機材で撮像して、1つの写真として見せることは問題ないかと思います(フォトコンテスト的には問題あるかもしれませんが・・)
ちょっと時間ができたら、手持ちの素材をフル動員して、最高のM57を仕上げてみたい!
でも、画像処理に超苦労するだろうなァ・・・・
でも、どこかでやってみようと思います。

おっと、話が逸れてしまいました。今月号では、みなさん、フィルターワークを工夫した作品が採られていました。星ナビ誌のコメント文もなかなかに的を射ていて面白い。
この作品としては、Hα-RGB合成がベースとなっていて単純な写真と受け取られても仕方ありませんね・・・
まぁ・・ALICE-Ⅱのテスト撮影の一環で撮った写真でしたから、入選まで求めるのは酷というものでしょうか。でも、いけると思ったんだけどなー・・・甘かったですね。

これで、ALICE-Ⅱの実力は判りました。
やはりCMOSビデオカメラには、冷却CCDカメラを凌駕するポテンシャルを持っていると感じます。
そうすると、それに見合った機材を考えたくなってきます。さすがに直ぐに、とはいきませんが・・・・
オライオン30cm反射望遠鏡にSXVR-H694冷却CCDカメラの組み合わせの様に、ベストな組み合わせは、検討する価値があると感じました。


天文ガイドには、クレセント星雲 NGC6888を応募していました。

クレセント星雲 NGC6888 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコアⅡ SXVR-H694冷却CCDカメラにて。

うーん、これが撃沈かぁ・・。正直、自信作だったので、ガックリ・・。
梅雨の晴れ間というシーイングにも透明度にも恵まれていたこともあり、構造描写は我ながら凄まじいものがあると思いました。
フォト蔵の大きい画像、ぜひ見てください!

敗因は、やはり色彩と、Hαのディテールを追求するあまり、浮いてしまっているところでしょうか・・・。やや不自然になってしまいましたかね・・・・(´・ω・`)

処理方法は、星ナビ誌に入選されているM27の方とほとんど同じことをやっていると思います。
ステライメージでR+Hαを、レベル調整をした値を使うにチェックを入れて、比較(明)で合成、同様に、B+OⅢも同様に処理して、RGB=R+Hα,G,B+OⅢ という処理をしています。
されに、Hαのディテールを超活かす為に、Hαを輝度として処理し、LRGB合成を行った画像を合成もしています。
処理手順は煩雑になりますが・・・結果的にディテールは個人的には満足行くものに仕上がりました。
この天体。個人的にはかなり好きな天体です。
Hαの赤が写るというオリンパスのデジタル一眼レフカメラ、E-300でも撮影したこともありますし、もっと辿れば、CCDを自己換装したST7MEで、自宅のニワトリで綺麗に撮れたことも大きいのでしょうね。撮りたいな、と思う散光星雲の一つなのです。
しかし、なかなか、天文雑誌のフォトコンテストでは報われていません・・・
アストログラフ イプシロン200 カタディオプトリック反射望遠鏡 ST10XME冷却CCDカメラ

昨年撮影したものですが・・・こちらも昨年、落選したのでした・・(´;ω;`)ブワッ
まぁ、ST10XMEだと画素数が300万画素しかありませんから・・・
こういう天体は、厳しいかもしれませんね・・・
昨今のデジタル一眼レフカメラは、20MPixel以上ですものね・・・。
改めて、ニコンの天文専用デジタル一眼レフカメラ、D810Aの良さを感じたりします・・画素数、画素ピッチ、これ以上のモノはないのではないでしょうか。
今後、高精細化が進んで画素サイズは増えても、実際に1画素が受け取れる光子数は変わらないので、実感度は低下します。映像エンジンで、もちろん、補っていくわけですが(実際、現行機もそうなっていますが・・・)、それは、天体写真的にはあまり魅力は無いでしょうから・・。

D800は当初、高画素機としてウリになっていましたが、実際にセンサレベルから性能を見ていくと、実かなりバランスが取れた機体なんだと感じます。
Dfではなく、D810をベースに開発したD810Aの技術者の方は流石ですね。
国内では、やはり短焦点が主流ですから、画素ピッチ・画素数とも非常にマッチングが良いですよね。
ソフトビニングして使えば、長焦点系にもちょうど良くなりますから、まさに万能機。
歴史に残る名機になるでしょう・・・
個人的にもめっちゃ欲しいカメラですが(D820が出たらディスコンでしょうから・・)、まぁ、ちとタイミングと使える機材が少ないということから見送ってマス・・・
まぁ、X-E1もなかなかやるな、というのも大きいですけどねー。

またまた話が逸れてしまいました (^^ゞ
やはり、ニワトリに比べると、どうしても、撮影回数が減少してしまいますから、入選から遠ざかるのはある程度、仕方ありません(まぁ、今回は未だニワトリですが・・)が、出来る限りは頑張りたいなー・・と思っています。
と、いいつつ、どうしても、撮りたいのが南のマイナー銀河になってしまうので、やっぱり、フォトコンとは縁遠くなりそうですが・・爆
それにしても・・晴れてくれません・・(;´д`)トホホ…




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

> UTOさんコメントありがとうございます。
実は笠井の30㎝RCもうちょっとのところで取り逃がしました。ただ、まともに撮れるようになるためには接眼部交換及びフラットナーを別途購入などさらにお金が必要だったので断念しました。
F8と暗いのもネックです。
やはり明るい筒にしようと心に決めました。オライオンのフォトビジュアルニュートンの30㎝を狙っています。
http://www.zizco.jp/13shop_orion/10original300.html

No title

> のんたさん、こんばんわ。
おぉ、これは良さそうですね。二重スパイダーがちょっと心配な気もしますが、撮影ではビシっと1本の回折になるんですよね・・たぶん・・・( ̄~ ̄;) ウーン

明るいニュートンは、やっぱりいいですよ。撮影していて楽しくなりますよ。
でも、できたら、もう一歩、上の口径が欲しくなる気もします。
中天には、C14持ちのエムティさんやVMC260のねじりんぼさんもいるので、ぜひいろいろと相談して検討してみるのも良いかもしれません。

No title

できましたw
http://photozou.jp/photo/show/177665/240771521

…住宅地から、口径 6cm D810A 追加フィルタ無しで撮るとなると、このあたりが限界かも。(^O^;

>ボクも、電子極望とか、自動モザイクソフトとか、いろいろとやってみたいことはあるのですが、
電子極望だけならドコに付けてもOKなので、簡単に導入できますよ。

http://2ch-dc.net/v6/src/1473686256729.jpg
コレ私の電子ファインダー兼ガイダーです。先のスペックのものです。
導入時は6x30光学ファインダーを抜き取って、f=9mm F1.4(フルサイズ換算f=64mm相当)の写野で導入します。
その後ファインダーを取り付けて、撮影開始です。
f=1200mm ともなると高精度なズレ検出能力が必要になるので、DEF-Guider を使って9~16星ガイドしてます。だいたい0.4秒角前後のズレまで検出できる計算です。

…残念ながら、シンチレーションのほうが遥かに大きくて星像ブヨブヨですね。(^^;;

No title

> huqdogさん、こんばんわ。
拝見しましたが、素晴らしいです!
光害地から、というのを感じさせませんね。F20ということを考えると、よくぞここまで・・!と驚きを禁じえません。
F20でこれだけの写真が得られるとなると、8cmユーザさんやOLG100さんの様に古スコを使って撮るのもアリだなぁ・・と思ってしまいました。
屈折の方がコントラストが高い分、光害地向きではありますよね。
でも、F20はさすがにゴミが目立ちそうですね ^^;

電子ファインダー兼ガイダー、いいですね。思ったよりはちょっと全長は長い印象ですが、軽量でしょうし、オフアキより自由度が高くなるでしょうし・・・。
古い機材が多いので、なかなか、こういう撮影技術にはうといんですよ・・(; ̄ー ̄A アセアセ・
また、ぜひ、いろいろと教えて頂ければ幸いです m(_ _)m

No title

お褒めいただきありがとうございます。

ぶっちゃけ、星雲・星団・銀河撮影で10秒以上の露出を掛けたならば、口径のアドバンテージって殆ど無いと思うんです。

理論分解能は口径に比例しますが、そもそもシンチレーションで像自体が秒角単位で揺れまくってるわけで…月・惑星なら短時間露出で多枚数コンポジットして口径なりの分解能を発揮させられますが、露出時間が秒超えたら、シンチレーションで像はボケる一方ですよね。。。

砂漠とか南の島の、嘘みたいな揺るがない星空ならともかく、日本ではちょっと…

であれば光軸ズレが起きにくい範囲内で大きめな口径で、階調の豊かなカメラor設定でたっぷり露出を掛けたものを処理したほうが、失敗が少ないように思います。

No title

CMOSカメラだと露出時間が短かったですね。
それでも、秒掛けちゃうと…余程好シーイング時以外は、細部が潰されませんか?

もうちょっとリードノイズが劇的に減ってくれると…惑星並のチョビッと露出×数万枚で超高精度L画像、なんて手も使えそうですが…

でもシーイング以前にそもそも、昨今撮れる天気じゃないですよね。(^^;;;

No title

> huqdogさん、こんばんわ。

口径とシンチレーションの関係ですが、理論分解能が出ないのは、仰る通りです。
でも、もう10年以上前に、タナ光のTaNaKaさんと議論したことがあるのですが、シミュレーションの結果も踏まえて、シーイングが悪くても、一番細かい構造は出ないが、中間規模構造描写は口径が大きい方が有利になる、とのことでした。

実際にはどうかは、画像から判断して貰うしかないのですが、少なくとも、30cmを使うと20cmだと物足りないです。
ウチのオライオンだと不安定なのもあって、タシロ大佐のMT250に及ばないことは、ままありますが・・・(^^ゞ

もっとも、僕の場合、超極限の写るか、写らないか、、、という天体を狙うことがあるのですが、その場合、集光力の差(=口径)というのをイヤ程、感じさせられています・・・

散光星雲や分子雲の様な大まかな構造描写、という点については、口径の差はほとんど出てこないのは間違いないと思います。

No title

> huqdogさん、もうひとつだけ、言わせて貰えれば、
シンチレーション、とりわけジェット気流の動きは、数百Hzと言われています。
それでも、惑星写真では、30Hz程度での撮像でしょうから、あと10倍速度が足りてません。
それでも、口径が大きい方が、描写の面では有利です。
光学系の精度については、二の次、とまでは言いませんが、まずは口径ありき、となっています。
つまり、回折限界まで達してないとしても、集光力の威力というか底力というか・・・そういうのはあるのかなーと思います。

でも、眼視だと、やっぱ、屈折のコントラストは凄いですね。
あくまでも、写真だと口径ありき、となるのだと思います。
惑星写真だと、眼視では良く言われる、小口径の方がシーイングの影響を受けなくて、良く写ったぜー!なんてのは無いと思います。

自分のレベルで語るべき分野ではありませんが、経験上、そんなことが、あるとすれば、それは撮影方法が悪いと思うんですよね。
大口径なら、より早いシャッタースピード、低拡大率で撮像することで、写真としては、より小さい口径に負ける様な画像になる事は無いと感じてい

No title

シンチレーションというものが、最大サイズの領域で全面に渡ってばらけるわけではなく、構造に近い部分に多く結像するだろうことが、実際のその結果に影響していそうですね。
この可能性は大いに考えられることですが、それでも露出時間を少しでも切り詰めて「中央に結像する率を上げる」努力が必要なように思いました。大口径ほど中央に結像したときの構造が浮かび上がりやすく、より詳細な画像が得られるのでしょうね。

No title

> huqdogさん、CMOSカメラも、かなり進歩しています。

ZWOの言うのようなゲインをあげて・・ではなく、静大を初め、読み出しノイズ0.5e-のものが研究室レベルでは実現していますので、そう遠くないウチに低ノイズCMOSが出てくると期待したいです。
あとの問題は、超他数枚の画像を如何に迅速に位置合わせし、画像評価、選別、スタックするソフトが出てくるか、といったところでしょうか・・・・。
DSSが簡単なんですが、あれもあれで、精度は??な面がありますし、かといって、PixInSightはちとメンドウ・・・
基本的には、DSSで処理していますが、、、もう少し検討しないといけないかもしれません・・。

No title

先に現像やっちまってからコンポジット、というのが掟破りですが、PSのPhotomargeが、結構イイ仕事をしてくれるみたいです。
LRでザックリ炙り出し終わってから、現像パラメータを横展開して16bit TIFF or dngで出し、PSで Photomarge、ということになるのだと思います。

私はといえば、PixInsight 一辺倒です。

この週末、uto さん近郊の喫茶店が近くにある海岸のようなところで、お会い出来ませんか?

No title

> huqdogさん、こんばんわ。

なるべく休日出勤は避けようと頑張ったのですが、ちっと無理でした(泣)
やっぱり、今週は時間がとれなさそうです・・スミマセン。

PixInSightも、ぜひいろいろと教えてもらいたいので、少し先になりますが、せっかくなら、遠天の例会があるときに、もしご都合がつくようでしたら、こちらにいらして頂くというのはどうでしょう?

No title

> huqdogさん、露出時間を少しでも切り詰めて「中央に結像する率を上げる」努力が必要なように思いました。

このお話、その通りだと思います。CMOSカメラに期待しているのは、まさにそこなんですよね。
もう少し、いろいろとテストしていこうと思います。
1インチ以下の冷却CCDカメラは、近い将来、CMOSに置き換わっていくのではないかと思います。

No title

おつかれさまです。。。・゚・(ノД`)・゚・。
遠天のサイトを拝見しました。次回例会は11/13(日)でしょうか?
最寄りの駅を教えていただければ、参上します!

No title

> huqdogさん、こんにちは。
そうですね、11/13(日)の14時からです。
最寄りの駅は、JR東海 豊田町駅になります。が、ちと駅から遠いので、もし来られる様でしたら、豊田町駅まで迎えに行きます。
もし、ご都合が付けられるようでしたら、ぜひお願いします。

遠方の方(関東や四国、沖縄)でも、遠天のメンバーに加わっているので、もし、よろしければ、遠天への参加も、ご検討して頂けると嬉しいです。
主な催しは年1回の写真展、ふたつきに一回の例会は自由参加ですが、メーリングリストで、都度、お互いの情報のやりとりはやっています(←結構、これ楽しいですよ)
初回は、会費1000円かな?かかりますが、会費は資金が不足してきたら、都度、徴収ということで、あんまりお金もかからず、ゆるーい会ですから、来てみて良かったら、検討して頂ければいいかなーと思います。

No title

了解です!
…その頃どんな生活を送っているのか想像もできない現状ではありますが(^^;、11/13は可能な限り参加したいと思います。
11月に入ったら、13日頃どういうことになっているか判ると思いますので、また連絡せてください。
よろしくお願いします!

No title

> huqdogさん,こんばんわ。
こちらこそ、ご都合がつくようでしたら、ぜひお願いします。
今回がダメでも、次は1月にまたありますので、どこかご都合がつくときにでも、是非!

No title

幸か不幸か、医者の診断で休職が12/15まで伸びました。(^^;
11/13は余裕で空いてますので、豊田町へ参ります。是非飛び入り参加させてください。13時頃豊田町駅に着くのがよろしいでしょうか?

No title

2週間ほど前からヘルニアをやっちゃいまして、整骨院で先程4度目の施術を終えて帰ってきたところです。

11/13に電車で磐田市まで行っても良いか、と尋ねたところ、まだやめとけ、とのこと。。。
今回は残念ですが参加を見合わせます。m(_ _)m
QHY5III-178Mとか f=8mm F1.0 CSレンズとか、色々面白いネタを入荷したところだったのですが…残念。orz

No title

> huqdogさん、こんにちは。
なんと、そうでしたか・・・。まぁ、また例会は次もありますので、またご都合がつく時に、ぜひ、お願いします!

もう一人、会社の若者も誘ってはいたのですが、そちらも連絡ナシ・・(まぁ、忙しかったので、自分から連絡入れ忘れたのもありますが・・・)

それにしても、相変わらず面白そうなものを揃えてますねー。
QHY178と8mmレンズの組み合わせ・・面白そう・・!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ