FC2ブログ

記事一覧

気になる機材

仕事の忙しさも、ようやく峠を越えそう・・ε=( ̄。 ̄;)フゥ 
毎年の事ながら、さすがに、疲れてマス (;゚Д゚)

そんな話は、\(・_\) (/_・)/コッチニオイトイテ
さて、いろいろと魅力的な機材が発表されてますね~

開発発表されたフジフィルムの中版デジタルカメラ GFX 50S

やっぱり気になるのは、フジフィルムの中版デジカメでしょう!
フォーマットは、44mm×33mmらしいですね。うーん・・このマウントだと、645フルサイズいけますかね?
ぐぐってみると、56mm×41.5mm。現存する、PhaseOne/Mamiya Leafの中版デジタルバックでも、53.9×40.4mmがフルサイズと謳っていますから・・・不可能ではないかもしれませんが、写真だと44×33mmのセンサでも、ギリギリですね・・・
PENTAXの中版デジタル一眼レフカメラ、645D,645Zも、44mm×33mmセンサで世代を重ねてますから、このフォーマットを検討したのでしょうか。
せっかくなら、645フルサイズが入るマウントにしたら良かった気もしますが・・

それはさておき。オーバーフルサイズ。天体写真だと、星雲撮影では、モザイク合成という手段もありますから、圧倒的に魅力を感じるわけではありませんが、星景写真では、フィルム時代と同様に、空気感や透明感を感じる作品が撮れると面白いですね。
もちろん、FSQの様な、高性能な望遠鏡をお持ちの方からすると、センササイズは大きいに越したことはありません。画素ピッチも、約6μと細かすぎることなく、ちょうど良いくらい(個人的な経験からはもう少し細かくても良いですが)。
これまでのフジフィルムのデジタルカメラ同様に、Hα線への感度があり、低ノイズに仕上がっているなら(後者は心配無用でしょう・・)、天体写真用として、大変魅力的なカメラになりますね!もっとも、お値段は、レンズキットで、1万$と言われてますから・・・Σ(゚д゚|||)ガーン
モザイク合成2面で、ほぼ同等以上のサイズを得られることを考えると、天体写真専用としては、星景写真以外ではメリットを見出すのは難しい・・?

さて、もう一つ、面白いナァ・・と思ったのは、QHY183Cです。
これ、Sony製1インチ20MPixelの裏面照射カラーCMOSを使っています。
恐らくは、Sonyのコンパクトデジタルカメラ、RX100M3のセンサと同じものでしょうか。
それを冷却して、天文用として仕上げています。
裏面照射型というところに魅力を感じますが・・画素ピッチが細かすぎるきらいはありますね。また、より大きなフォーマット、フォーサーズのQHY163Cと50$程の差しか無いので、面白いセンサをチョイスしていると思いますが、なんとも、ビミョーな感じがしちゃいますねぇ。作例を見てみても、やはり、画素が細かすぎるきらいを感じます。
個人的には、カラーカメラも欲しいとは思っているのですが、いいな、と思っているQHY5Ⅲ178Cも同等の2.4μ画素ですから・・・感度は期待できないかもしれませんね、、、(;´д`)トホホ…
カラーカメラはデジタル一眼レフカメラを始め、より安価でラージフォーマットのカメラが存在しているだけに、選択がより難しい気がしてきます・・・。
や、まぁ、惑星用+αで考えているので、決定版は無いにしても、価格的にも非冷却のQHY5Ⅲ178Cが現状、最有力かなー・・(ガイドカメラ用途も見込んで、ですが。)
それにしても、CANPでは発表してくれたみたいですが、国内代理店の望遠鏡販売店のトミタさんのWebサイトでは、一向に出てきませんね・・・。



国際光器 APM ZTA 140 SD-APO鏡筒

この鏡筒も、俄然気になってしまいました。折しも、この前の豊岡東公民館で、FS128の鋭像を見てしまった・・というのもあって、やっぱり、屈折望遠鏡っていいなぁ・・・
なんて、思ったり、思わなかったり・・・(^^ゞ
オハラのS-FPL53(そういえば、より生産性が向上したS-FPL55はどうなった・・?)、いわゆるSDガラスを採用しているのもあって、眼視はともかくとして、写真撮影には支障は無さそう。眼視でTOA130に対抗できるか?と言われれば・・・個人的には、Noだと思いますけどね・・。海外屈折だとまず、光軸調整するスキルを磨くべし!というのを姫路の部長から聞いてますし・・ただ、部長のは3枚玉だからなァ・・・。
屈折も2枚玉なら、まだ光軸調整はやりやすいです。(修正ネジがあれば、超簡単なんですが・・・)

しかし、写真用、それもフォーマットをAPS-C程度に限定した場合は、GENTAさんがED115Sで実戦されたように汎用フラットナーを用いれば、満足が行く結果は得られそう・・
素直な2枚玉ですからねー・・・。

価格的には、少し前からあるコイツと悩ましいところですね (^^ゞ
「FPL-51 ED」&「LANTHANIUM H-LAF53」ガラス材使用
FPL-51は、第一世代のEDガラスですが、相方のレンズはたぶん、ランタンクラウンの異常分散特性のあるものを使用しています。
20年程昔のMIZARでも、同様の、10cmSDを出していましたが、その時の謳い文句が2枚ともSDガラス使用みたいな感じだったかと・・・

当時の天文ガイド広告より・・・

当然、凹凸とも、S-FPL53を使っていたら、色消し効果など生まれるハズがありませんので、相方側は、ランタンクラウン系の異常分散ガラスに違いない事でしょう。
定義的に、これはSDやEDとは呼ばないものの、逆向きの異常分散特性がある、優れた硝材であることに変わりはありません。
ただ、MIZARのは凸レンズは、S-FPL53だったでしょうが・・・
Zeta152は、肝心の凸レンズ側の方が、第一世代のEDガラスですから、相方がMIZARにSD!と呼ばせる程の優れたガラスであっても、若干の色収差は残っているかもしれませんね(スポットダイアログからしても推して知るべし・・・ですが、でも、これくらいなら、デジカメだと気にならないレベルでは・・・)
その点で、Zeta140だと、SDガラスを使われている点で、悩ましいところ・・

屈折望遠鏡の高コントラストは、光害地でも、圧倒的に有利に働きます。
ただ、自分としては、写真だと、口径ありき・・・と感じる点が、これまでの経験から多々ありますから・・・・
しかし、青ハロはできれば出したくないですしねぇ・・・
どういうイメージの作品を作りたいのかのイメージがあれば、この2本の選択はできると思います。青ハロが出るにしても、それを作品として活かせる天体を撮りたいか、あるいは銀河の様に、ビシバシっと解像させたいか・・・。
そもそも、たった、1cmの口径の差は、結果に出るのかしらん・・・?とか・・・(^^ゞ
なかなかに悩まされちゃいますね。
それでも、個人的にすすめるなら、やっぱりSD14cmですが・・・
ただ、個人的には、ちょっと、食指は動くんだけど、なかなか購入までは踏み切れないカナー・・
独身の時だったら、逝っちゃってたとは思うんですけどね (; ̄ー ̄A アセアセ・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

アイちゃんは値段が落ち着いた頃にGFX行くと思います。
最近思っているんだけど、国内で綺麗な星景写真を撮れるのって、そんなに長くないんじゃないかな?って。
このフォーマットならモザイクしないで一発で撮れるって言うのが利点だと思うし、なによりも中判では超ショートフランジバックですので、将来的に広角レンズの設計が有利で驚くようなレンズが出てきそうな予感がします。
APS-Cの16MPのピッチだったら64MP出来たハズだけど、51,4MPで抑えてきた所に最新版の画像処理エンジンを積んでくるから、高感度ノイズの少なさは予想がつきます。
おそらく凄い画像を出してくれるんじゃないかな?

No title

> アイちゃん,おはよー・・
寝おちしてました・・(^^ゞ
そうですよね!フジのエンジン積んでますから、高感度でも凄い綺麗な映像を出してくれそうですよね!
X-Tranceでないというのが個人的にはチョット、残念です。

やはり、星景写真が一番のメリットですよね~!
マウントアダプタを介して、大昔の35-2Bみたいに、35mm判レンズを装着してイメージサークル一杯まで使うというのも楽しめそうです。
このカメラ、面白いですよねぇ。

No title

確かにX-TRANSじゃないって所が引っかかるんだけど・・・
自社開発らしいけど、X-TRANSよりも優れた部分があるのかしら?
APS-Cレンズ付けて円形視野なんかも面白いと思いますよ。

No title

FUJIの中版は、当然VSD100とセットでご購入、でしょう!(笑)

QHY183 や QHY5L3 178 は、少々価格が高いですが、画素が細かくて写野が広いことから、ガイダーと電子ファインダーの1本化には非常に寄与してくれそうです。
私の試算では、QHY5L3 178 の場合、f=18mm のレンズでフルサイズ換算f=50mm相当の電子ファインダーとなり、その前にx2.2のフロントコンバージョンレンズを付けて f=40mmとすることでピクセルあたりの画角が12.2"となり、ガイダーとして1.2"のズレ検出能力を持つことになりそうです。
DEF-Guider によりガイド星を8個捕まえられたとすると、1.2÷√8=0.43"のズレ検出能力を持つことになります。

No title

>私の試算では、QHY5L3 178 の場合

失礼しました。QHY183の場合、でした。(^^;

No title

色々気になりますよね~。CCDは冷却CCDがこの価格なら、将来的には試してみたくなるなぁ、というレベルでしょうか。フジの中判は…夢に見るだけにします(^^;
APMの14cmは私もスゴく気にしてます。今回カサイの130EDTIIをヤメてGS200RCにしたのですが、コントラストの高い屈折は気になります。15cmはご近所のPALさんが導入したのですが、サポートが弱いらしく、やはりブレは気にしないと行けないようです。
少し軽くて安くて明るい14cmは、手頃そうな感じです。2枚玉なので写真性能は?と気になってますが、冷却CCDで撮るUTOさんならその辺は気にならないのかな?
とりあえず、200RCをCEM25ECに載せてTNKで撮りまくるのを目標にします。そしてAPMの14cmも…(^^;

No title

フジの中判、注目されてますね。
私など今になってX-E1を入手しちゃいましたので、仲間入りです。^^
M4/3拡充中のはずがXマウントに手を出しちゃうとは(滝汗)・・・・・ビンボーなので超周回遅れもいいところ・・・単にEVF付の最安機という選択で・・・古典的レリーズが今になって復活とは・・・星撮る予定はないですけど。(爆)
屈折は楽で安定してコントラストよく私も好きですよ。所有最大口径はアクロなら15cm、アポは10cmなので、大口径アポは夢ですね~

No title

> huqdogさん、こんばんわ。
IMX178カメラは、QHYだったかな?オートガイダーに最適!と推していた気がします(英文ナナメ読みなので違ったかもですが・・)
画素が細かく、面積もソコソコあるので、面白いカメラですよね。
IMX183の方は1インチもあるのですが、それに見合うCマウントレンズはなかなか無いかも・・です。
僕の方も、Cマウントレンズをいくつか手にいれたので、そのうち試してみたいと思っています。

No title

> 玄さん、こんばんわ。
冷却CMOSカメラは割と安価で出てきてくれているのが嬉しいところですよね。以前の冷却CCDカメラの半額以下という印象です。
特にZWO ASI1600あたりはフォーサーズで安価で面白そう・・。
ST8300Mの置き換えは確実に出来るのですが、買い換えるまでは・・と思い止まっています(^^ゞ
フジの中判カメラは・・興味はありますが、僕の機材じゃねぇー。
14cm屈折は、眼視を考えたら、俄然興味が湧いてきます。光害にも確実に強いですしね。
2枚玉の素直な屈折だと思いますので、フラットナーなら、汎用品で、APS-Cサイズまでなら、ほぼ完璧な星像を結ぶと思いますよ。レデューサはちょっと選ぶと思いますが・・・
おー、そうそうCEM25ECいいですよね。エンコーダだと下手にガイドさせるよりTNKで撮る方がいいかなとは思いますが、どうなのかなー・・。

No title

> me_*0*55さん、こんばんわ~
おー、X-E1ご購入ですか!M43のパナ機と比べたら、高感度性能は段違い(ISO6400で使えますよ)ですから、ぜひ、星の写真、流星写真を撮ってみて下さい。
それこそ、汎用レリーズが使えますので、複数台並べて4連流星カメラなんて、お手のものではないでしょうか~?

S2Pro/S3Proもそうでしたが、フジのこういうアナログちっくな部分、ボクは好きですね~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ