FC2ブログ

記事一覧

銀河巡り2016

と、タイトルに掲げる程、大げさではないのですが (;゚Д゚)
個人的な好みから、やっぱり、様々なマイナーな小宇宙を巡る銀河巡りは忘れずに行っていたりします (^^ゞ
画像処理が大変で、なかなか、進捗は思わしくありませんがね・・・

NGC5689付近の銀河たち オライオン30cm反射望遠鏡 SXVR-H694冷却CCDカメラ

一番大きな横向きの銀河が、NGC5689です。それでも、視直径 3.4' x 0.9'しかありません。
左下の渦巻銀河がNGC5693。14等級、1.9' x 1.6'の暗く小さな銀河ですが、渦巻や色の様子が見えますね!右側の銀河は、NGC5682です。こちらも、視直径2'に満たない暗く小さな銀河ですが、それぞれの銀河の個性というか、形状や色彩の違いが面白いですね。

個人的には、改造デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼デジタルカメラと、冷却CCDの差別化はできているつもりです。
高感度モノクロ冷却CCDカメラ、あるいは、高感度モノクロCMOSビデオカメラの一番のメリットはこのような、暗い銀河を光害がある中でも、撮影、描出できるだけの検出能力です!
無論、フォーマットサイズが大きいに越した事はありませんが、残念ながら、超高感度かつ、ラージフォーマットというカメラはほとんど存在していません。
KAF9000EやKAF16803Eが該当しますが。高価である上、これらのセンサを活かすには、当然、望遠鏡側にも、相応の優れた性能と、また、撮影者の調整技術が問われてきます。
おまけに、QEというセンサ自体の性能は残念ながら、現在使われている1インチ系に比べて、かなり劣ったものです。
KAF系センサはピークで、65%程度ですが、S◯ny製センサは、80%前後ですから・・
そこに勝機はあるとも言えます(やがてはその差は無くなるかもしれませんが・・・少なくとも、それまでは・・・)

オライオン30cmの様な不安定な機材で、性能を引き出すには1インチサイズ・高QEのセンサというのは実に都合が良いと感じています。
フォーマット小さいのは七難隠すという感じで、優秀な光学系でなくとも、不安定な機材であっても、使い方しだいで良い結果を得ることができます。 
一般的なデジタルカメラによる写真作品では、なかなかフォーマットが小さいメリットは出せないかもしれませんが・・・
センサ性能の差がある現在(2016年時点)では、天体写真では小さなセンサの意義があると考えています。

銀河巡り NGC5290(上)とNGC5289(下) オライオン30cm反射望遠鏡 SXVR-H694冷却CCDカメラ

こちらはりょうけん座にある2つの銀河たちです。上のNGC5290は、なにやら、複雑な色彩を呈しています。
光度12.9等、視直径3.6'×0.8'の小さな天体ですので、なかなか、詳細な構造まで出せませんが、スターバーストが起こっているのではないかと、感じさせてくれますが、実際に天文学的にはどうなのでしょう・・・?
下側のNGC5289は正常な渦巻銀河らしい姿なので、対比が面白いですね。
やっぱり、こういうのはカラーして初めて面白ナァ・・と感じます。
まだまだ、未処理の銀河データは残っているので、ぼちぼちと処理していこうかな、と思っているところです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

utoサン、今晩は
ご無沙汰しています。
この手の絵は私の大好きな宇宙の広がりを感じさせてくれます。
有難う御座います。

最近極度の人間不信になっています。
同じ星好きでも色んな輩が居るものです。
旅は一人に限りますね・・・

No title

> メーテルさん,こんばんわ。
こちらこそ、ご無沙汰しております。

あらー・・なにかあったのでしょうが、あまりお気になさらない方がよろしいかと。

ボクもこういうのが好きで、マニアックな天体もいろいろと撮影しています。

旅は、今はなかなか出来ないのですが、またどこかで一緒に飲みたいですねぇ~

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ