FC2ブログ

記事一覧

新制御PC

ALICE-Ⅱ用に構築した制御PCが壊れてしまったのは、前に少し書きました。
壊れたのは、Endeavor Pro9000で、フルHD液晶が気に入っていたのですが・・・(;´д`)トホホ…
WindowsVista、Windows7ではイマイチ重たくて使い物になりませんでした(CCD制御PCとしては十分でした)が、Windows10をインストールすると割と軽快に動作してくれて、重宝していただけに残念でした・・。
いいPCだったんだけどなぁ・・。とはいえ、Pentium-M 1.8GHz、RAM1.5GB、確か2006年モデル・・・・中古で、2009年頃?に買ったものでした。これで、CANPの講演も2回ほどやったなぁ・・重たいPCを持って良く行ったものです(まぁ、スペック的にこのPCくらいしか使えなかったから、ですが・・・ ^^;)


22th CCD Controller  FMV LIFEBOOK P772/G
オリンパス E-620デジタル一眼レフカメラ、ZD25mmF2.8にてパチリ。

選んだのはAmazonの中古でFMV LIFEBOOK P772/Gです。
第三世代Core i3で、RAM8GB、Windows10 64bit LCDは、1200×800と、若干広め・・?
USB3.0装備、さらに、念のため、これまでALICE-Ⅱで使っていたUSB3.0のExpressカードが使える様に、Expressカードスロット装備のものを選びました(←これが案外、悩ましい・・?)

コンパクトなB5ノートです。
自宅で使うことがメインですが、遠征でも使える様に、今回はB5ノートにしました。
お値段は、1.7万円。スペックの割にはオトクでしょ?(^O^)
実は、OSがWindows7なら、さらに2000円やすかったんですが・・・
まぁ、リカバリーとかOSバックアップとか考えると、Windows10の方が楽だよなー・・と思ったので、Windows10オプション付けました。(前回のDynaBookでちょっと懲りた・・)
これに、ポチポチとポイントサイトで貯めていたAmazonギフト券5000円を適用して、実質1.2万円でゲットです。


CCD制御用PCも、なんと、22台目です(実際にはST4の時のものも含めると23台目になりますが・・)。概ね1年に1台ペースかよ(笑)
まぁ、スペック的に老朽化してきたり、風で飛ばされて壊れたり、落として壊したり(←案外、多い・・・3式ほど落として壊した気がする・・)冷却CCDカメラとセットで譲ったり・・・
まぁ、いろいろとあります・・・。

使ってきたメーカも、様々ですが、FMV、案外、多かったりします。昔からホームページにドライバが充実していたというのが一番の理由で、中古で買う時はFMVが多いんですよ。
個人的には、結構、信頼しています。

もちろん、その他にも、GENTAさんが苦戦しているhp(スペックの割にはサクサク動くんですが、ACケーブルが特殊な3ピン)、東芝DynaBook(うー・・ん、個人的には、クセがあるPCと感じる・・特にCOSMIO・・。でも、スペックの割にサクサク動いたってのもあるんですよね・・・)、Lenovo(←こいつもACアダプタがころころ変わって使いづらい)、DELL(←こいつもHpと同じくACケーブルが特殊な3ピン)、ASUS(←12Vで大変便利)、SOTEC、Endeavor(←案外これも多いかも・・?)・・いろいろなメーカを使ってきましたなー(^-^;) 
まぁ、知人や弟から貰ったりすることも多かったので、まちまちになるのは仕方ないところです。

さしあたり、現在、USBメモリに、回復オプションで、リカバリー作成中であります(`・ω・´)ゞ
まぁ、なくても、いいっちゃいいんですけど・・。これまたDynaBookで凝りましたんで・・・。

でも、Windows10だと一度認証しておけば、再インストールすれば認証済みになる?ので、そんなに神経質にならなくても良いのかな?

遠征用PCは、オフラインで使うので、さしあたり現状のWindowsXPで推移させていきますが(で、ないと動かないカメラもありそうだし・・)、今後は、自宅用撮像PCは、できれば、LAN経由で遠隔操作したいと考えているので、Windows10ないしWindows7(2020年までですが・・)で検討せねば・・・ですね・・。

せっかくのWindows10タブレットも、もう少し、撮影用途に活用の途を探りたい気もします(後日、もっと検討・検証してみます)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

23台目って凄すぎですね。それだけ酷使している(撮影してる)んですね。
でも、幾らかかるんだろう…

No title

しかし凄い数のPCを撮影用に使われてきましたね。
WIN10のシステム自動更新をさせないようにできなくて、放置撮影中に自動更新して再起動がかかり、撮影できていませんでした。
なんだかできなくて困っております。

No title

> のんたさん、こんにちは~。
いやー、途中は結構、ロハでいろいろと貰ってくることが多かったので、そうなると、こちらのノートPCはまだ使えるけど、OSが古いから廃棄とか、こっちのは冷却CCDにつけて譲っちゃえ(2台ほどつけて売った覚えアリ)とかで、結構、頻繁に更新していることがありました・・。
最初の頃、1994~97年頃は新品でも中古でも15万円ほどかかってましたから、ST4用とCV用だけでも30諭吉がすっ飛んでますから・・かなーり総額ではかかってマスね・・(;゚Д゚)
後のは、高くても自治会の議事録に買った後、転用しているEeePCが4万円ほどした位で、1万円前後の中古で買っています。
最近はPC買い換える人もめっきり減っちゃったので、残念ながらなかなかただでは手に入らないんですよね・・(弟からXP/VistaのLenovoノートは貰ってますが、ACアダプタくれなかったのでお蔵入りしたまんま・・)

No title

> NGCさん、こんにちは。
気がついたら、なんともはや、、って感じです (^^ゞ
最近ではトラブルを避けるために、SXVR-H694専用、ST10XME専用、SkyExplorer専用、惑星撮像専用といった感じで専用機化しているのもあって今も、5式?あ、このALICE用を含めたら6式だ・・で運用してたりします (; ̄ー ̄A アセアセ・

げげ、Windows10だとそういう罠もあるんですか(@_@)
今まで、古い機材が多かったので、レガシーなXPでオフラインで運用していたので、全く気にしなくても良かったのですが・・・

No title

PCが壊れるのは突然ですから困りますよね。
遠征中だとパニックです。
小生はサブ機として2台持参で遠征することにしました。
と言っても望遠鏡1台での遠征ばかりですが。

No title

> タキさん,こんばんわ。
それがですね、遠征だと、2台重ねて持っていったら、車のドア開けた瞬間に滑って落っこちてご臨終(爆)とか(まぁ、2台あるので、なんとかなったんですが・・)、1台だけだったら、落ちてこなかったのに・・とかね。その手のネタならいくらでもあります(笑)
でも、やはりバックアップというか、次善の策は必要ですね。特に遠くへの遠征では・・。
冷却CCDがダメなら、デジカメでとか。真田丸ばりに次善の策を用意しておくといいんだろうなぁー・・と思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ