FC2ブログ

記事一覧

遠天例会でCMOSテスト

さて、日曜日、11/12は遠天例会の日でした。
少し遅れて、14時半くらいから参加。


例会の様子

特にこれといった議題もないこともあり、終始雑談です。
I先生が、ST8300Mを持ってきていて、ロンキーさんに清掃をお願いしていました。
しまった、ボクも、GENESISを持ってきて清掃をお願いすれば良かった。
まぁ、また次回にでもお願いしましょう・・・。
以前、自分で清掃したら、薄い傷をつけてしまって、地味にショック。あと、レンズだと、拭きムラが残るんですよね・・。ロンキーさん愛用の専用液だと、拭きムラもなく綺麗に仕上がります。

ボクの方は、ロンキーさんに、ASI178MM-Coolを持ってきて頂いて、少しテストをさせて貰いました。
以前に、露光時間1分でのダーク比較は行ったことがありましたが、実際のラッキーイメージング用途で、果たして冷却まで必要になるかどうか?確認しておきたかったのです。

PCを持っていくのを忘れたのもあって、GENTAさんのノートPCをお借りして、撮像!
通電時のセンサ温度は、22℃。露光時間4秒と10秒でそれぞれ、ダークを取得してMaxImDLのstd値(標準偏差)を見て判断します。
-15℃まで冷却できた(-20℃・・・外気温-40℃冷却はちょっと厳しそうでした)ので、そこで、比較してみました。
バイアスレベルでも、冷やすと、ノイズが低下(Std9.6→8.9)します。
冷却して、10秒露光では、Std値は、9.2程度と、ほとんどバイアスレベル。ただ、非冷却でも、Std値は、13~15程度と思ったよりも低かった。これくらいなら、自分の用途としては冷却までは不要で済みそうです。
ただ、限界ギリギリまでの淡い天体を狙う場合には、少しでもノイズは少ないに越したことはありませんから、何を撮りたいのか良く考えた上で、冷却が必要か不要かを判断すると良いでしょう。

以前の実験で、1分露光した場合では、-10℃冷却でのStd20に対し、非冷却(33℃ほどだったか?)では、Std値が840くらい。ダーク減算しても、280と、10倍もばらつきが大変大きくなることを確認していますから、画質の差は言うまでもなく・・といったところですね。
DeepSky・長秒露光をメインとするなら、やはり冷却版の方が良いです。
10秒までのラッキーイメージング用途で、明るい天体に限るなら、非冷却でも良さそう。
ボクの場合、淡モノ系は、ALICE-Ⅱがありますので、使い分けの点でより画素が細かいASI290MMとASI178MCが第一候補になりそうです。


変態レンズ(笑)

ジャンク品で手に入れたフジノンのCマウント用レンズなのですが、その大口径っぷりはもちろんですが、このレンズ、後ろがかなり出っ張っているんです・・・。なので、変態レンズと呼んでマス (^^ゞ

でも、50mmF0.7とか25mmF0.85とか。一緒に見ていた知人曰く、「わくわくする」
使えない公算は高いのですが・・・・気がついたら、手にしてました(笑)
特に、50mmF0.7の方は、後ろが出っ張っていて、ほぼ、専用設計でないと使え無さそうなレベル・・。25mmF0.85の方も、カメラによって使える/使えない場合があり・・・。ただ、試しに2/3型で撮影してみたら、以外とシャープで、かなり良さそうです。
ケラレもあまり無かったので、どうも、2/3型や1/1.7型くらいまでには対応していそう。
PENTAX Qあたりに使えたら面白い気もしますが・・・
当然、持ってないので、そのままロンキーさんにお譲りしました。
50mmF0.7の方は後端のレンズ枠にサビがありましたが、そちらの方も、ロンキーさん、綺麗に清掃されていて驚きました。



そのほか、GENTAさんの冷却CCDカメラ作品を見ながら、あれこれ画像について議論。
周辺減光に起因する色ムラがかなり大きいのが悩みの様子。
また、LRGB合成方法や、デジタル現像処理について、ピント合わせについて、などなど、議論しました。

あとは、次の撮影時には、おでんをやろう!とか、yamatomoさんが作成されているNJP用の自動導入装置とか、天文ガイドで、記事になっているNikCorrectionの実演など、さまざまな話題が出て楽しかったです。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

変態レンズ…

それは泥沼への入口で、とてもキケンです( ´艸`)
私のようになってしまいますよ(;´Д`)
もっとも、私もM42マウントに変換可能なモノしか持っていませんが…

しかし25mmのほうは面白そうですね!
カラーCMOSカメラにつけて撮影したら凄いかもしれません。
絞れるなら、F1.8程度まで絞ってみるとか…

No title

例会 お疲れさまでした。
遠天の例会らしく、各々が好き勝手に課題を持ち合っていましたね。
なんの縛りも無い、あのワイワイガヤガヤが遠天の持ち味でいいなぁと思います。
その中で、これ知らなかったなぁとハッとしたりする場面があって面白いです。

変態レンズ 私がPoleNavi用に買った25mmよりも良さそうですね。
また、出てきたら宜しくお願いします。

No title

> なまなまさん.こんばんわ。
ジャンク品とはいえ、いや、だからこそ、このスペックは毒でした(爆)
F1を切るレンズ・・(゚A゚;)ゴクリ
明るさにくらくらっと来ちゃいましたよー(笑)

25mmの方も、後端がかなり出っ張っているのですが、でも、使えるカメラもあるので、ASI178MCあたりを買ってみたら、使ってみたいな~。
絞りもちゃんとありますので、絞るのも可能です。
でも、やっぱり、F1以下で使ってみたいところですね!

No title

> GENTAヽ(^o^)丿さん、こんばんわ。
テーマを決めて、みんなでやるよりも、自分が知りたい事、やって欲しいこと、教えて欲しいことを気軽にやりとりできるのが遠天のいいところですよね!

フジノンのレンズは定評がありますから、実際にどんな写りをするか、ロンキーさんに見せて欲しいところですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ