FC2ブログ

記事一覧

ぼうらや遠征! 11/25

金曜日はいいお天気!
土曜日は、遠天で撮影会を予定していましたが、生憎とお天気は下り坂・・

これは頑張って出かけるしかないなーと、考えていたのですが、GENTAさんも、ぼうらやに行くとのことでしたので、22時くらいに行きますと、メーリングリストで連絡。

さて、仕事は少し早めに切り上げられたので、20時には自宅に到着。
悩みましたが、せっかくの休日前の晴天。
SkyExplorer赤道儀も持っていくことにしました。
撮影光学系は、GENESIS SDFかNFD300mmF2.8Lか悩みましたが、小型なNewFD328をチョイス。
機材を積み込んで20時40分に自宅を出発です。

磐田市内の気温は7℃。ここ最近、ぐっと冷えてくる様になりました。実際、先日の雪の影響も考慮して、GENTAさんも山の村や五和ではなく、ぼうらやを選択したそうです。

9時14分くらいに到着。気温は5℃でした。
到着してみると、静岡から、若手のO君も駆けつけてくれていました!

O君の機材 フジ X-A1デジタルカメラ XC16-50mmにてパチリ

O君はEM-200Tennma赤道儀に、SharpStar65EDQを搭載しています。トップライトの基本に忠実な組み合わせですね!
オートガイダーはSSAG。古い機材ですが・・と言っていましたが、そうそう機材は入れ替えられるものでもないですし、実用上、問題なければ、十分ですよね。
とはいえ、メインの望遠鏡は次を考えているみたいで、半ば冗談ながら、国際光器の14cmSDアポを勧めてみました (^-^;) 
O君はVISACでも遠天写真展に出展していますし、いろいろと意欲的です。


ボクの方は、いつものオライオン30cm反射望遠鏡です。
でも、困ったことに?常時、車に入れているせいもあり、主鏡ネジがガタガタになっていました。
レーザコリメータで、光軸はとるには取れますが、レーザの場合、1点で合わせることもあり、大きくエレメントが崩れている場合は、信頼性が欠如してきます・・・。
うー・・ん、なんかしっくりと来ないんだよなぁ。

それ意外は、最近、USBの接触がイマイチかなぁ・・。
SXVR-H694のコネクタの隣のLodeStarを差し込む際にちょっと触れただけで、リンクが切れて、この後が大変です・・。
いくつか手段はあるのですが、どうやるのがベストなのか、判らない・・・
OS再起動が必要な場合もあるし、SXVR-H694の電源入れ直しをする必要もあり・・
今回は、USBコネクタを指し直して、CCDSoftを再立ち上げしただけで認識。

PCは、最近不調のFMV(USBシリアル認識・・は、するのですが、何故か、Pyxisを制御できない・・)ではなく、Endeavor NT-2500をチョイス。
O君は、8年前の古いPC使っていると言ってましたが、こちらは、2004年モデルですから、12年前のモノですよ・・(泣)

O君の方は、新しく買ったPCは何だったか、問題があったので、古い方を使っているとのことですが、GENTAさんのHPノートといい、PC関連は、ホントいろいろとありますね。

さて、22時半過ぎにはなんとか撮影にこぎつけました。が、やはり1時間半まではかからないものの、撮影開始までに1時間を超えてしまいます。うー・・ん、3年前までは、1時間で撮影に入っていたとは思うのですが・・┐('~`;)┌


GENTAさんは2台体勢!
FSQにはBN-82冷却CCDカメラ。手前のGPD赤道儀は、BORG60EDとフジフィルムのデジタルカメラX-A1です。
今回は、何を撮っていたのかな?
O君が、年賀状にワシ星雲はすでに撮ってますし・・と言ったら、ををっ、いいアイデア!と、BORG側で狙ってはいたみたいですが、途中で、赤道儀がぶつかっていたと思いました (; ̄ー ̄A アセアセ・

いや、まぁ、この日は、先ず、アンドロメダを撮っていたO君の機材がぶつかりそうになり起こしたり、
ボクの方も、M78を撮っていたところ、ぶつかりそうになっているのを起こしてもらったり・・・
起こしたり、起こされたり、でした (^-^;) 
でも、こういう時に仲間がいるのはやっぱりいいですね!



O君はとても、2台出せる気力が無い・・と言っていましたが(実際、夜半すぎまで、車の中で熟睡されてました)
自分の方も、せっかく持ってきたのだし・・と、2式目を展開!
展開中に、遠天のN中さんがメーリングリストを見てこられました。
準備中だったので、あまりお話できませんでしたが、湿度と、ぼうらやの砂地と斜面に嫌気がさしたご様子。
少し、みんなと雑談した後で、すぐに出ていかれました。
うーん、双眼鏡、観望したかったんだけどなぁ。
てっきり、双眼鏡(但し、11cmの大口径)を出すだけだと思ったのですが、撮影も考えていたのかもしれません。
入り口付近を占拠してしまったので、申し訳ないです。
できれば、双眼鏡、見たかったナァ・・。


ぼうらやの様子

もっとも、ぼうらやさんの駐車場自体も、そう広いわけではありません。3人くらいで丁度いい感じかもしれませんね。

さて、NFD側は、前々から撮影したかったすばるなど・・

フジ X-E1 NewFD300mmF2.8Lにて。 SkyExplorer赤道儀にて

SE赤道儀もなんだかんだで、入手してからかなり時間が経ちます。
使いこなせている・・とはお世辞にも言えませんが、yamatomoさんのご指導もあって、それなりに、使えるようになったと思っています。。

そして、IC405,IC410コンビ。
この天体、25年ほど前になるかとは思いますが、SkyWatcher誌で、KY博士が記事をかかれているのを見て以来、撮ってみたい天体だったんですが、なかなか撮る機会が無く・・・
今回、初めてまともに撮るのにチャレンジしてみました。
こうしてみると、画角的には、APS-Cサイズでは、300mmで丁度良いくらいのようですね。

とはいえ、寒くなって、ギアのかみ合わせがキツくなったのか


赤経方向に大きくズレるみたい・・・Σ(゚д゚|||)ガーン
うー・・ん、ギアのかみ合わせかもしれませんが、GENTAさんのGPDと同じ様に、yamatomoさんにモリブデングリスの塗布をお願いした方がいいかも・・
結局、またしても、この天体をちゃんと撮れなかったのでした・・・
いちおう、写りの程度を見るためにも、仕上げてみようとは考えていますが・・・とほほ。

O君は、朝から用事があるとのことで、3時頃から撤収準備。GENTAさんの方も、1式目は片付け始めました。
冷却CCDの方は、ご近所フラットを撮影後、ダークも撮っていたかと思います。

いずれにしても、薄明光でフラットを撮る自分の方は、いつものことですが、最後まで居残り、です (。・ω・。)

澄んだ冬の夜明けは気持ちがいいものです。
さて、肝心の戦果は、というと、オライオン側は、シーイングでぼてぼて。X-E1の方は、撮影時には気が付きませんでしたが、ご覧の通りのガイドエラー、ということで、結果は残念ながら・・・という感じです・・・(;´д`)トホホ…
とはいえ、やはり金曜日の遠征は得した気分になりますね。
もっとも、今回は、2時間弱しか寝てませんが・・・
帰宅してから、一応、ダメもとで、天文ガイドのフォトコンに応募、自宅の様子を見に行った後で、改めて、昼過ぎに家族で出かけたり・・・。その後、掛川まで出かけて、明星を公園で遊ばせたり・・・で、帰宅したそうそう、疲れもあって、21時前には、ぐっすりと熟睡モードでした・・・。
さすがに、疲れたなぁ・・。
まぁ、なにはともあれ、充実した1日にはなりました(翌日も、昼寝のつもりが、疲れのせいか、そのままぐっすり寝てしまいましたが・・・ ^^;)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます

凄くきれいな星空ですね~

No title

utoさん、こんばんは
utoさんの凄い所は「二兎を追って二兎を得る」って所ですよね。
偶々今回はボウズでしたが。
私は一兎を追っても中々物になりませんが。

メーテル

No title

> 若潮酒造 焼酎ほんわかくんさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。地方なので、少し出ると綺麗な星の写真が撮れるので助かってます。

No title

> メーテルさん、こんばんわ。
この時期はシーイングが悪いので、オライオンはなかなかモノにならないのを思い出しました・・・ニワトリで5晩撮って、3晩捨てるみたいな感じでやっていたので、少しばかり遠征したからといって、作品になるとは思わない方が良さそう・・。
この時期、イプシロン200の方が活躍しそう・・・(手元にないので、どうにもなりませんが・・・)
そうですねー、できれば、一挙両得といきたいのですが、やっぱり、なかなかそうはいかないようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ