FC2ブログ

記事一覧

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年も、よろしくお願いいたします。


鳥が翼をひろげたかのような、オリオン座大星雲

や・・撮影自体は、多分、もう15年近くも前のなのですが ^^;
いや、まあ、バックグラウンドこそ、赤が強いものの、色彩自体はステライメージだけで、良くもまぁ、見事に処理しているなぁ・・と感心してしまいました。
今年は原点に立ち返って、初心忘れるべからずではありませんが(そもそも、この時点ですでに初心ではないしなー・・・)、自分の原点として年賀状に採用しました。

例年どおり、今年の抱負を考えてみたいと思います。

■オライオン30cmによる遠征撮影

アパートに住んでいる間、具体的には、第一クオーターは、遠征撮影になります。
ぼうらやさんが主体とはなると思いますが、淡い系外銀河の撮影に精を出したいと考えています。
なるべく淡い天体で、自宅からでは撮れない天体・・・と、いっても、例えば、子持ち銀河M51でも、自宅ニワトリからは、淡い部分の描写に限界を感じているので、被写体は沢山あるのですけど・・・
そのうちのいくつかをピックアップして、この機材では、これ以上は無理!と自分でも納得ができるだけの撮影を行ってみたいです。

また、やはり、南側は、自宅からでは光害が厳しいので、この際に福田港で撮影してくる手もアリ、ですよね。
特に、通常、黄砂にやられがちな4月でも、案外、海上の南低空は綺麗なのでは・・・と淡い期待もしてみたり・・
この辺り、しっかりと撮影計画を立てて、撮っていきたいと考えています。

■サブシステム再建

自宅ができあがってからになりますが・・・
やはり、あらためて思うのは、自分の強みとしては、多彩な機材と、スーパーサブによる2台同時撮影環境です。
具体的には、2015年次には、ASC-11 DeepStriker+SXV-AO+ST10XMEや、MT160+X-E1などといった機材で勝ち星(入選)を拾っています。

今回、実家に、アトラクス赤道儀一式持ち込んでいると思っていたら、ケーブルのみ、忘れていたなんて、こともあるように、バタバタしすぎていて、各方面に散っていった機材の呼び戻し、撮影システムの構築が急務になると思っています(これ、案外、時間がかかるかも・・・。きちんとスケジュール立てないとやばいかもですね・・・)

■星見丸

屋根裏の一角に設ける星見丸。ここの活用も考えておかないといけません。
とはいっても、家の引っ越しが終わって、機材回収も終わって、それから、となるので、早くても、梅雨入り前になるだろうと考えています。
ここでの課題は、振動による撮影の可否、でしょうが、現時点での出来栄えからすると、そう心配はしていません。

今回は、ケーブル1本なくて、撮影できませんでしたが、実家ベランダで撮影したMCG1-24-1銀河です。
望遠鏡はMT160、カメラはST8XMEだったと思いますが、まぁ、これだけしっかりと撮れてますからね。
より頑丈になる星見丸ではさほど心配は要らないと思っています。

もちろん、画素ピッチがより細かくなっている現在では確実とは言えませんが、そのための、CMOSカメラによるラッキーイメージング、SXV-AOによるAOガイディング(ゆるい揺れなら追従する)といった基礎実験を行ってきていた訳ですしね。
最終的にはやってみなくては解らない面はあると思いますが、可能な限りの事前準備はやったつもりではいます。

まぁ、むしろ、振動源(たわみ)は自分になる可能性が大きいので、どちらかというとWi-Fiによる遠隔操作など、システム面の問題の方が大きいと思ってます。
そうすると、撮影用PCもXPのままで・・とはいきませんから、システムの再構築が必要です。
ま、そこまではちょっと費用もかかるので、今年中の目標には含めませんが・・・
ある程度、撮影可否の目処を実践した上で、より快適かつ確実な撮影環境の構築は大きな課題となろうかと思います。
アトラクス赤道儀も星見丸に上げるなら、DOG化は必須かな・・・


■CMOSイメージングカメラによる天体撮影

撮影自体については、ここ数年、取り組んできているので、なんら問題はありません。
しかし、従来やってきた・・といいたいところですが、処理フローが確立していません。
MaxImDLによる一次処理は良いとして、その後の画像選別、スタック・・・
ベストな方法はどこにあるのか?模索していかねばなりません。
また、枚数が多いと、どうしても、画像処理にも時間がかかることから、ここの対応も考えなければ・・

撮像用PCから、直接、専用NASに保存して、PC2式で、並列して画像処理?
NASの速度が足りていれば、これが一番早そうな気もしますが、どちらにしても、これも後日検討、ですね・・


抱負というより、課題の方が浮き彫りになってきてしまいましたが、やはり、こうして、文字に起こしてみると、思っているよりも複雑で難易度が高いことが判ってきます。
どこまで、やれるのかは判りませんが、今年も、頑張りたいなぁとは思っています。

さすがに、フォトコンテスト入賞は激減すると思いますが、それでも、次の繋げられるだけの事をやっていきたいな、と思っています。

何はともあれ。今年もよろしくお願いいたします。




















関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

UTOさん、明けましておめでとうございます。
早く自宅の星見丸が出来るといいですね。
出来たらお邪魔してよろしいでしょうか?
拝見したいですねぇ~

CMOSセンサーの情報交換もさせてください。
それと、ラッキーイメージング技術も教えてほしいです。
なかなかうまくいきません。

気まぐれな小生ブログですが、
今年もよろしくお願いいたします。

気まぐれな小生ブログですが、
今年もよろしくお願いいたします。

No title

UTO師匠明けましておめでとうございます。

ご自宅もうしばらくお待ちください.
完成時には,
タキさんを肴にして星仲間でワッとやりましょう.

今年も宜しくお願い致します。

No title

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

オリオン座大星雲美しいですね~
鳥が羽を…確かに! 火の鳥みたいです^^
素人ながら今年もたくさんの写真楽しみにしていますね
ナイス★

No title

あけましておめでとうございます。
いつも精力的に撮影されていて、凄いなと思います。
一度UTOさんとも撮影ご一緒できると良いと思っているのですが、なかなか皆さんに合わせることができなくてすみません。
また今年もよろしくお願いいたします。

No title

あけましておめでとうございます!早速課題から抽出している辺り、さすがですね~。それにしても30cmの遠征システムは、私もあこがれてます。将来的にはオライオンのカーボンで30cmTNKをやってみるのが夢ですね。早くしないと体力との競争になるかな(^^;;
今年も色々工夫の多いブログ記事を楽しみにしています。飲み過ぎないように気をつけてがんばってください~。

No title

naokiです。明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。家の完成祝いぜひやりましょう!

No title

こんにちは!
まーちゃるです。
あけましておめでとうございます(^-^)

いつも楽しく記事を読ませていただいています(^-^)
とっても参考になる記事がいっぱいで。
ひっそりとお世話になりました(笑)

今年もよろしくお願いします(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

No title

こんにちは!

今年もよろしくお願いしますヾ(o´∀`o)ノ

30cmの遠征撮影、凄すぎる世界です~
私にとっては夢のまた夢…
腰に爆弾(ギックリ癖)抱えてるので絶対無理(´;ω;`)

ホントは私も遠征したいんですが、電源の確保ができなくて頓挫しています。
12月になって、ノートPCのバッテリーが逝きかかってるという追い討ちまで食らってしまい、AC電源無しでは撮影できない状態(´;ω;`)

でも、謎レンズE-221での撮影が軌道に乗ったので、コレを主砲に頑張ります(・∀・)

No title

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ご家族お揃いで楽しいお正月をお迎えになったことと思います。
僕も仕事と天候不良でかまけていた写真撮影を復活させました。
今年の豆腐は、いや、抱負は観測室の屋根の補修です。
また今年も、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

No title

> タキさん、こんばんわ。
すっかりとRESが遅くなってしまい、すみません。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

CMOSイメージセンサについて。了承しました。
と、いうか、IMX249が少し気になります(QEピーク84%)が、フレームレートが遅くIMX174と差別化できないからでしょうか。ZWOやQHYからは製品化されませんね・・・
最も、DSO向けのセンサだと想うのですが・・・
例の基盤のセンサも、QEこそ劣りますが、ノイズから考えたら、あれを使いこなすのが一番だと思います。
ラッキーイメージングについては、僕も試行錯誤中ですので、また、お互い、いろいろと研究していければいいな、と思います。
どこかで、時間がとれれば、これまでの知見はまとめて、ホームページにあげたいと思っているのですが・・・・
ここのところ、疲れが溜まっているようで、遅々として進んでなかったりします・・・(;´д`)トホホ…

また、いくつか作成をお願いしたいものもありますので、こちらもいろいろと相談に乗っていただけると嬉しいです。
こちらこそ、よろしくお願い致します。

No title

> ミュートンさん、こんばんわ。
今朝は、思ったよりも早くにお仕事をされていて驚きました。でも、いろいろとお話できてよかったです!

自宅の方、よろしくお願いします。
完成が待ち遠しいです。
ベランダも広いので、あそこにテーブル出して、みんなでわいわいするのも面白そうですよね(ご近所迷惑かしらん・・)
いろいろと楽しみにしています。

今年もよろしくお願いいたします。

No title

> *:☆.。.C .。.☆:*さん、こんばんわ。
すっかり遅くなってしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。

個人的には、やっぱりマニアな方よりも、一般の方々に見ていただけるとすごくうれしいです。
また時々でも、顔を出して頂ければ、幸いです。
なかなか、本業の方が忙しい・・というか、ちと面倒なことをやらざるを得ないのもあって、疲れ気味でして・・(と、改めて、自覚・・)、ブログの訪問もできずにすみません。
今年もよろしくお願いいたします。

No title

> blueberryさん、こんばんわ。
すっかり遅くなってしまいましたが、今年もよろしくお願い致します。
こちらこそ、どこかでご一緒したいと思っていますが、ここ数年はなかなか・・・でした。
でも、おろくぼあたりで、いつかご一緒できればいいなぁ・・と思っているところです。

こちらこそ、よろしくお願い致します。

No title

> 玄さん、こんばんわ。
すっかり遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

30cmはやっぱり、いいですよー。
CMOSカメラも出てきたので、TNK向きの機材だと思っています(冷却はTNKならナシで十分かも)
デジカメともまたひと味ちがうのですが、映像エンジンを介さない本当のRAWデータのCMOSは超露出不足でも枚数でカバーできる可能性があります。
反対に色彩は苦労しそお・・
なので、モノクロCMOS+デジカメ画像をLRGB合成すると、最強のTNKになろうかと思っていたりしています。
しかも、TNKなのに、画質面では最強ではないかと・・。
いろいろな機材の美味しいところを使ってなるべく楽に高画質。TNKの真髄かなーと思ったりしているところです。

No title

> naokiさん、こんばんわ。
すっかり遅くなり、すみません。今年もよろしくお願いいたします。

完成祝い、いいですね。
ぜひ、お願いします!
また、勉強会もやりたいですね~。

No title

> まーちゃるさん、こんばんわ。
すっかりと遅くなってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。

ブログ記事、本当はもう少しお役に立てて、嬉しく思います。
お互い、今年も頑張りましょう!
今年もよろしくお願いいたします。

No title

> なまなまさん、こんばんわ。
すっかり遅くなり、すみません。今年もよろしくお願いいたします。

なまなまさんのminiCAM5Sによる天体写真は、驚きの連続でした。
CMOSで長秒露光が可能なことにも驚きましたが、システムの構築が上手というか、
機材の特性を上手把握されて使いこなしているなぁと感心致しました。
また、マクロ写真も、ぼけもキレもとても綺麗で、引き込まれました。

マクロはMicroNikkorしか所持してないので、XF60mmF2.4あたりを考えていたのですが、MFで頑張ってみようか・・と思いましたから・・・

天体写真に限らず、いろいろな写真を楽しみにしています。
今年もよろしくお願いいたします。

No title

> ふにゃ太郎さん,こんばんわ。
すっかりと遅くなりましたが、こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

観測室も作成されてから、かなり年月が過ぎてきましたっけ・・。
また、お互い、頑張りましょう!

No title

utoさん、遅ればせながらおめでとう御座います。

今年はいよいよ自宅天文台が完成ですね!
遠くて中々お会いできませんが、宜しくお願い致します。

全く話題が変りますが今日ビックカメラで時間を潰していたらFujiのX-Pro2の方がX-T2よりも値段が高たったです、、、ちと驚きでした。

メーテル

No title

> めーてるさん、こんばんわ。
いえいえ、こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
いやあ、フジのハイエンド機は、ProXXですから、ハイブリッドファインダの分、お値段が高いのだと思います。
でも、センサが同じだし、機能的には、X-T2で十分ですよね・・・。
あとは趣味と実益の問題で、Pro2を選ぶか・・というところなのだろうと思います。

でも、天体写真的にはそろそろ、デジカメの性能は頭打ちな印象がありますね・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ