FC2ブログ

記事一覧

初遠征!

1/4日は、浜松に夕方戻ってきたので、ぼうらやさんに行ってきました。

その前に・・・

撮影はじめ  フジ X-E1 XC50-230mm 230mmF6.7にてパチリ。

1/2の月と金星の接近です。こういうのも、ちゃんと抑えておかなくっちゃね!
ただ、固定撮影だと、2秒露光だと、日周運動のズレが案外判ってしまいますね・・・。


さて、帰宅後、少し用事を済ませて、食事も済ませて、出発は19時59分になりました。
もう少し早くでかけるつもりでいましたが、まぁ、早く行っても月がありますしね・・
磐田市内の気温は9℃。
一路、ぼうらやさんに向かいます。割りと自宅の近くから、遅い車がいて、少しいらいら・・。
追い抜くかどうかビミョーな速度だったのと、どうせどこかで、曲がるだろうと思っていたのですが、結局、磐田原台地を降りるまで、いやがりました・・・(=`ω´=)
そんなこんなで、普段よりも、少し到着が遅くなったわけですが、気温は7℃と、この時期にしては温暖です。

晴天も続いていたからでしょう。空はなんというか、眠いというかヌケが悪い感じ・・・
下の写真でも、地平線に近いところは赤くなっていることから、透明度の悪さが判りますね・・。
南低空には雲もあるようで、カノープスも全く見られませんでした。
その割に、風は強い・・・。まぁ、夜半からは収まってくるGPV予報のお告げを信じてセッティングしていきます。


機材はいつもどおりのオライオン30cm反射望遠鏡に、冷却CCDカメラ SXVR-H694です。
セッティングは、22時くらいには完了したのですが、収まってきつつあるのですが、時折、ぶわっと大きな風が吹いてきて、キャリブレーションすらまともにさせて貰えない・・・
そうそう、ガイドカメラのLodeStarのUSBケーブルが抜けかけていて、認識しないで、少し悩んだと、トラブルもありました・・・(まぁ、このくらいなら、いつものコト、いつものコト・・・ ^^;)
しっかし、風もあり、ピントが決まりません。シーイングも悪いみたいです・・。
夜半からは、風は収まってきてくれましたが・・・
最初暖かかったものの、夜半からは激冷・・・。こうなってくるとアルミ筒のオライオンでは、ピンぼけ量産です・・
シーイングも悪いので、気温か?シーイングか・・?と判断もできず、、、
どうも、今回も坊主の様です・・(;´д`)トホホ…


GENESIS SDF屈折望遠鏡

2式目として、GENESIS SDF屈折望遠鏡を持ってきました。カメラは、例の蒼いヤツです。
PCも、Windows10を入れた22th CCD Controller FMV LifeBookです。QHYのドライバはインストールしてあって、動作も確認できているので、安心してたのですが・・・・
Cielも自宅で起動はさせて初期設定は済ませてあるので、ここまで問題なく・・・と、思っていたのですが、ASCOMで、SkyExplorer赤道儀を認識させようとしたところドライバが無いよ!!と、文句が・・・😨
げげ、、EQ Modはインストールしたと思いましたが、そういえば、Driverも入れなければいけなかったんだっけ・・・。
こんなこともあろうかと思って、いつも、使っている、13th制御PCがある!PC2台出すのは面倒だけどなー・・と、思いつつ、ガサゴソと車の後部座席を探したのですが・・・
あ、あれ?無いよ・・・?
あっ、そういえば、前々回のときに、普段使わねーや・・と、物置に置いてきた覚えが・・・
それで、福田港での45Pの撮影時にも困ったんだった・・・
ぐ、ぐむむ・・・。万事休す・・・・。

と、言いたいところですが、まぁ、SE赤道儀そのものはハンドルコントローラから単独で、導入できます。
ただ、精度がねぇ・・・
これを見越していたわけではないのですが、ガイドカメラは、いつもの親子亀方式で搭載するFC-50ではなく、微動機能があるVixen60Sを持ってきています。
GENESIS SDFは、ファインダーがないので、ファインダー代わりとして使えるようにという目論見はありました。
普段使う、デジタルカメラと違って、今回は、チップが小さなQHYですからね。
予め、導入困難なことは想定して、策をねってはありましたが・・・。
まさか、バックアップ用PCを忘れるとはね・・・。
ガイドについても、ASCOM経由で行う予定だったのもあり、ST4互換ケーブルもない。
案外、みなさんが良く使うRJ11のST4互換ケーブル、旧いボクの機材では使わないの・・・だから、入ってないの・・・。自宅にはゴロゴロしてますけどね・・・(;´д`)トホホ…
今度、ちゃんと工具箱に入れておこうと思います。

とりあえず、極軸を合わせた後、ここ最近、ちゃんとドリフト法で、東西側(南中前後の赤緯0度付近の星を使って調整)だけは、合わせる様にしていましたから、まぁ、ノータッチガイドでいけるだろう。
もともと、15秒露光で撮るつもりだったしね!
ちなみに、東西側だけでも合わせるというのは、遠天のタカさんから教わった方法でして、これだけでもやると追尾精度はかなり違ってきます。さすが、銀塩で60分とか露出していた時代の人だっただけはありますね。
的確なアドバイスだったと思います。
EM-200側でも、やった方がいいかなぁ・・・。
それなりに、これでいいかというところまでドリフト法で合わせて(15分くらいでしょうかね・・・)、次に、ガイド鏡と主砲の視野を合わせたいところだったのですが、高さ方向の微調整が若干足りず・・・。まぁ、ファインダの役目は果たせそうだから、これでいいか。
とりあえずは、1StarAlignで、基準星を入れます。
それから、自動導入をかけますが・・・
ううむ、やはり、導入精度はイマイチ・・です。
Cielからだったら、改めてSyncすることもできますが、ハンドルコントローラだといくら探しても、同期するコマンドが見当たらない・・・・。
まぁ、いいや。
M42は撮ってもテストにならんので、もともと、考えていた馬頭星雲を、手動で導入・・っと。

ピントは・・・さすがに、2.4μ□の画素ピッチは高精細すぎて・・・
む、難しい・・!!これ、マイクロフォーカサーが無いGENESISだとシンドイなぁ・・・😨
かなり、時間をかけて、追い込んでいって、やっとこさ撮影開始!

ドリフト法のおかげもあって、15秒くらいなら、追尾していそう。
当たり前?でも、SE赤道儀、その昔、NewFD300mmF2.8L、EOS KissDNで、1分ノータッチできなかったからなぁ・・
高精細のQHY178Cだと少し心配していましたが、問題なさそうです。
あとは期待どおりの感度があれば、といったところです。

馬頭星雲 QHY5III-178C GENESIS SDF屈折望遠鏡(540mmF5.4) 15秒×27コマ TNK撮影

また詳細は別の記事で書きますが・・・。F5.4の望遠鏡で、1コマあたり15秒。センサが小さいので、このシステムだとフラット不要。ダークも今回無し。
・・AMPノイズがあるので、本当は引いた方がいいのですが・・。S/Nが悪化するしなぁ・・・
ホットピクセル除去後に、DSSでスタック後、ステライメージでレベル調整とソフトビニングしただけです。

写り具合としては、想定どおり。ただ、赤い星雲よりは青い星雲の方が写りが良さそうですね。
センサが小さい上、保護ガラスがあるので、ゴミの心配があまりありませんから、フラットは無くても良いのがミソですね。

さすがに、これで、1時過ぎくらいになってたかな・・・
疲れ果てたのもあって、車で仮眠・・・。
とはいえ、オライオン側が2時には、被写体を変えないと・・・。
と、起きてきて、被写体を変更。思った以上に冷え込んでいるようです。
ピントはかなりずれていました・・。
とはいえ、ここでの合わせ直しも、かなり苦労しました。シーイング、悪すぎ・・・。

沈む冬の大三角  フジ X-E1デジタルカメラにて

冬の星座も西に傾き・・・。QHY178Cの方は、もうひとつ、銀河の色彩がどうなるか見ておきたいこともあり、
再びSE赤道儀と大格闘です。
目視で、M51を入れようとしたのですが、口径6cmでも見えるとは思うんですけどね・・・
この望遠鏡、買ったのって、たぶん、17歳のとき。さすがに四半世紀過ぎて、扱いも粗雑だったので、ガラスがやや曇ってるのもあって、見つからない!悔しいな~_| ̄|○ il||li
ううん、仕方ない。自動導入に頼ろう・・・。
3-StarAlignを行って、M51へ・・・
しかし、やはり導入精度が悪いみたい。じぇんじぇん入らない
うーん、星並びからして、ここにいるはずなんだけどなぁ・・・と、少し露光時間を長めにしてみたら、視野の端っこに引っかかっておりました。
らっきー♪

はー、やれやれ、めっちゃ疲れたヨ・・・
もう時刻は4時過ぎ?とりあえず、もう少しは寝ておこう・・と、思ったのですが、電気毛布は持ってきているんですが、どうにも寒くて眠れず・・・
気温は0℃ほどまで落ちたのではないかと思います・・・(そりゃー、オライオン、ピンぼけになりますわ・・・)

少し、うとうとしたと思ったら、目覚まし時計が鳴りました。
5時半です。
低空なので、撮れるかどうか判りませんが、一応、C/2016U1 ネオワイズ彗星を狙ってみようと思っていたんですよ。
しかし、ぼうらやさんの木々もだいぶ伸びてきているので、まず無理か・・・
諦めて、フラットが撮れるまで、寝ようかな・・・とも思ったのですが、実際、一旦、車に入ったんですけどね。
ううむ、木の間からでも撮るだけ撮ってみるか?!なんて、思い直して、SE赤道儀側は、最終ミッションへ・・・

アライメントはしてある。が、導入精度が悪い。
そこで、さしあたり、M13だったか?6cmでも、確実に見える天体を導入して、どれだけずれているのかを先ずは確認。左上の位置に天体がくるので、右下に動かせば目標が入ってくる・・・
これだけ判れば、十分?
まずはM14を入れてみる・・・。と、やはり木々の向こう。6cmガイドスコープでは確認できませんが、右下にやや動かして、撮像してみると・・

木々の向こうのM14  QHY5III-178C GENESIS SDF屈折望遠鏡(540mmF5.4) 5秒露光

お・・・いたいた・・。
Cielなら、ここでSyncすれば、確実に入るんだけどなー・・・
と、予め、彗星の座標位置をメモってきていたので、そこの座標に向けて、コントローラを動かしていく・・・
やはり木々の向こう、ガイド鏡では彗星は見えない・・・。


C/2016U1 ネオワイズ彗星   QHY5III-178C GENESIS SDF屈折望遠鏡(540mmF5.4) 5秒露光

しかし、撮影して、ステライメージで、Debyer(カラー化)してみると・・・おっ、いたいた♪
残念ながら、彗星の方は、薄明がかなり進行してきても、木々から出てきてはくれませんでしたが、45Pと同様に、まぁ、撮れれば満足です♪
テイルも左上の方に伸びている気がしますから、後で、コンポジットしみるだけしてみましょうかね・・・

いやー・・めっちゃ疲れましたが、QHY5III-178Cの方は、想定していたミッションをコンプリート!
何気に、満足感があります。
オライオン側の方は、シーイングに恵まれず、残念だっただけに、喜びも大きいというか (^_^;)
まぁ、本当は、オライオン側でも一作品できれば最高でしたが・・・

薄明光でフラットを撮りつつ、片付け。
さすがに、1時間ちょっとしか寝てないのもあって、ヘロヘロ気味。2台片づけともなると、それなりに時間がかかってしまいました。朝日がまぶしい。
時刻は、7時半、ジャスト。車のエンジンをかけると、カーラジオから、ズミさんのオープニングトークが流れてきました。静岡に戻ってきたなぁと思いつつ、ぼうらやさんを後にしました。

気温は2℃。やはり夜明け前は0℃くらいまで下がったんじゃないかなー・・・・
オライオン側の撮影データは、未だノートPCに入れたまんまですが、期待できそうもないですしね、、(;´д`)トホホ…




関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは!

なんだか大変な初遠征になっちゃいましたね…

雲は大したことなかったんですか?
こちらは雲が出るわ透明度低いわで、とても撮影どころじゃなかったです…
まあ、12/28に雨が降ったあと、晴天続きだったので、次第にホコリが舞うようになってたのかも…

QHY5III-178C、なかなか良いじゃないですか!
アタシの機材は色収差があるのでカラーカメラは使えませんが、この写りにはそそられるものがあります( ´艸`)

No title

はじめまして。
いつもこちらのBLOGで勉強させていただいているKaienと申します。

SE赤道儀がご活躍?のご様子でしたので、はじめてコメントさせていただきます。
私もSE赤道儀なのですが、いつもハンドコントローラからの自動導入を行っています。何が原因なのか解明できずにいますが、導入精度が良い時と悪い時があります。
未熟な経験からなのですが極軸が合っている状態からでも3-Starアライメントの方が導入精度が良くなるようです。最も悪い時でも1600mmAPC-Cサイズ上から外れたことはありません。
しかし、ハンドコントローラからSyncできないのが痛いですね…

新年初遠征、お疲れ様でした。

No title

> なまなまさん,おはようございます。
雲は南に結構居座っていたのですが、張り出してくることもなく、一応快晴ではありました。
ただ、空はなんというか、ヌケが悪いというか奇妙な印象でした・・・。
透明度も、そう悪い印象ではなかったのですが、神奈川にいたので、そのせいかも・・。

ふっふっふ、IMX178モノクロを搭載した、miniCAM6なんてものが出てますねー(爆)
感度的には恐らくお使いのminiCAM5Sより少しですが良いと思います。
プリントまで考えたら、画素数大が大きいです。
より高精細の6MPix冷却CMOSカメラ、おひとつ如何です? (; ̄ー ̄A アセアセ・

No title

> kaienさん、おはようございます。
最近、本業で疲れているのもあって、なかなかお役に立てるネタが無いのですが、そうおっしゃっていただけるととてもうれしいです。
SE赤道儀、じゃじゃ馬ではありますが、悪くないですよね。
ST8300Mとの組み合わせでいいのも撮れてたりしたのですが、自分の力不足もあり、未だに入選実績はないのですが、、、(短焦点苦手・・と、いうか技術不足)
やはり、ハンドルコントローラから、同期はとれませんか・・・
それが分かっただけでもありがたいです。

また、今後とも、ぜひ、よろしくお願いします。

No title

エムティです、CMOSカメラの使用方法が未だに良く判らない私ですが参考にさせていただいてます。夜景を撮りながら練習しているのですが諧調幅が狭いように感じてます、使用方法が悪いのかな?
SE赤道儀のコントローラでPAE機能はどうなんでしょう。私は最近1-STARアライメントで対象を外したことが無いので使用しませんがこの機能を使用すると星図ソフト側と同期してくれました。

No title

> エムティさん、こんにちは。
CMOSカメラは12bitA/Dということもあり、階調幅が狭いと感じられるのかもしれません。
まだ、実戦テスト1回目だったので、撮影時には、そこまで感じませんでしたが・・・
ゲインを0まで落とせば、デジカメよりも耐光害適正は高くなると思ってますが・・・

PAE機能、多分ない気がします・・・(;´д`)トホホ…
が、一度見てみますね。
1-StarAlignで被写体を外さないのは羨ましい。
Cielから同期取ると1-StarAlignの状態でも、やっぱ外さないんですけどね、、、、
でも、SE赤道儀単独ではできなかった・・・・(;´д`)トホホ…

EM-200+Pyxisでも、ATLUX+SkySensor3Dでも所謂、1Star-Alignなんですけどね。
導入精度は良いです・・・(゚-゚;)ウーン

No title

> UTOさん

QHY178Mは考えたりもしましたよ~
資金不足で頓挫してますが(;´Д`)
アタシの機材では色収差があるので、モノクロしか選択肢はないですからね…


さらに、今は余計なことばかり妄想しています。
オモチャ望遠鏡を改造してみるとか…
センサーサイズが小さいので、求められる良像範囲は狭くて良いし(・∀・)

No title

おつかれさまでした…
QHY5III 178は、保護ガラスを赤外透過用と可視光用で選べませんでしたか?
私のとこの178M購入字は、フィルタどうする?と確認のメールが来たので答えたのですが…

No title

すみません!私が、”ハンドコントローラからSyncできない”と書き込みましたが、エムティさんのご指摘通りPAE機能で可能なようです。当方のBLOGに簡単に記事にしました。デマを撒いてしまったようですみません。

No title

> なまなまさん、こんばんわ。
小さなチップを活かして、おもちゃ望遠鏡を改造して撮ってみるとかもアリですよね~
普通なら、撮影に使わない(使えない?)様な望遠鏡とか(アストロスキャンとか)でとってもるのも面白そうですよね。

あとは、縮小コリメートとかも・・
これまでコンデジが主でしたが、こういうカメラを使ってみるのもアリじゃないかなー・・

No title

> huqdogさん、こんばんわ。
カラーだと、基本的にIRCなんだと思います。
ゴーストが盛大に出てますねぇ・・(^-^;)

でも、このウィンドウガラスがあるおかげで、ゴミ付着しにくいみたい。
カラー版でも選べるなら、赤外スルーの方が(ゴーストの面で)良さそうですね。

No title

> kaienさん、こんばんわ。
情報、ありがとうございます。
なんと、そんな方法があったのですか(◎-◎;)!!
ぜんぜん知らなかったです・・・。

重ね重ね、ありがとうございます。
Kaienさん、エムティさん。

No title

私は、一つ前はSEII赤道儀、今はAZEQ6GT赤道儀を用いています。
3-StarAlignはどうもバグがあるみたいであまり導入精度はよくないので、1-StarAlignか2-StarAlignを用いることをお勧めします。
私は、2-StarAlign後にPolar Alinmentを行った後、目標天体の近くの星で1-StarAlignを行ってから目標天体の導入を行っています。
C9.25+SX814なので、写野はせまいですが、ほとんど外したことがありません。
PAEでもいいと思います(私は使ったことがないですが)。

No title

> Yan Kanaiさん,こんばんわ。
げ、そうなんですか。1-Starは良く使うのですが、2-Starで今度やってみようかな。
いつも、情報ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ