FC2ブログ

記事一覧

今月はゲキチン

すっかり、遅くなってしまいましたが・・・。
天文雑誌の月例フォトコンテスト、今月は見事にゲキチンで御座います・・_| ̄|○ il||li

いろいろと理由はありますが、改めて感じたのは、ニワトリに比べると、撮影回数が激減していることが大きいと挙げられます。
ST10XME、ST8300Mといった優れた冷却CCDカメラを始め、2台体勢を採れた為、作品に厚みが出来ていた・・というのも大きかった様に思います。

それと、1インチセンサーといったカテゴリの中で、頑張ってきてはいましたが、ここ、最近、RUKUさんやぴんたんさんたちが、フルサイズのD810Aを長焦点でお使いになってきました。
これは思った以上に、脅威!!
いやー・・・D810Aって、ポテンシャル高いのもあって、センササイズの違いもあり、1インチで対抗するのはなかなかにキビシイものが・・。と、いうのが本音です。
先のQHY5III-178Cでも感じてますが、やはり、センササイズの小ささによる限界というか、キビシさといいますか・・それは感じますね。決して悪いカメラではないのですが・・・

フォーサーズで、16MPixelのASI1600MM-Coolならば、対抗はできるかもしれませんが、オライオン30cmといえども、さすがに1インチセンサー冷却CCDで星雲の写真では太刀打ちできそうもないか・・・と、率直に感じています。

画素数・感度が揃ったいいカメラなんですけどね・・・SXVR-H694。
まさか、このカメラで、陳腐化を感じる日がこんなにも早く来ようとは・・。
ぎゃふん。

と、まあ、泣き言は、それくらいにしておきまして・・・。

星ナビ ゲキチン作  トールのヘルメットNGC2359 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2 SXVR-H694冷却CCDカメラ

星ナビには、トールのヘルメットを送っていました。
しかし・・・昨年秋口は、ほとんど晴れてくれない上に、たまに晴れてもシーイングが悪く・・・
超ぼけぼけ・・・・。手元にイプシロンがあれば・・・!と、何度思ったことか・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ 
そんな状況で、より条件が悪い南低空の天体を撮ったというのも間違ってるのかもしれませんが・・
まぁ、作品云々は於いておいて、撮りたかったというところが大きいです (^^ゞ

それにしても、このトールのヘルメット、これまでにも何回か撮影しているのですが・・・なかなか、思う様な作品ができません・・・。




NGC1042付近 天文ガイド撃沈作 オライオン30cm 反射望遠鏡 パラコア2 SXVR-H694冷却CCDカメラ

くじら座にある小さな銀河たちです。美しい渦巻銀河NGC1042に楕円銀河NGC1052を始め、それぞれに個性がある銀河が集まり、面白い領域です。

なかなかに面白い領域だとは思うのですが・・・。やはりシンチレーションの悪さに泣かされて、キレ味今一歩。
おまけに、前号採用のNGC55と、南に低い銀河、ということで、コンセプトが同じで、こちらはキレが無い・・
そりゃー、落ちても仕方ないですよね。

今回は、それぞれ、1点ずつの応募でした。先に書いた様に、悪天候であったにしても、チャンスを活かせなかった日も多く、改めて、ニワトリの重要性を感じました。

また、D810A天体写真専用デジタル一眼レフカメラ・・・。これまでも、その優れた性能には感嘆させられてきましたが、長焦点撮影に於いても、驚異的ですね。
画素数が多いこともさることながら、画素ピッチがまた、天体写真にはほぼベストなのかも・・・。
とはいえ、フルサイズを活かせるだけの優れた光学系と、腕前が必要になりますから、誰でも、という訳にはいかないでしょうが・・・。
それにしても、デジタルカメラの性能向上には、驚くばかり。正直、脱帽です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

初心者=デジカメ 上級者=冷却CCD と言った感がかつてありましたが、その時代からデジカメの将来性に期待して、冷却CCDへの移行誘惑を何度抑え込んだことか。 今はそれでよかったと。 D810Aは一つの到達点だと思います。 でも改造冷却D810は一つ上を行きますよ。 Hαの感度が一絞り分くらい勝っています。

No title

UTOさんが両誌撃沈はそれだけでニュースです(^^);
やはりフルサイズデジカメの画質はいいですね。
1インチセンサーの9倍の面積で集光するので当然なのかもしれませんが、実際同じ銀河を同等の露光時間で同日に撮り比べたところ、QSI6120ではD810Aの画質に全然及ばず、なんだかなーと頭を抱えている今日この頃です。
モノクロ冷却CCDのアドバンテージはフィルターワークだけかも。
ナローバンドを撮るのならある意味絶対ではありますが。

No title

> 元栗畑の住人さん,こんばんわ。7年ほど前だと、デジカメのアップグレードパスの一つとして、KAF8300系の冷却CCDカメラが良く紹介されていましたが、センサ自体は、すでに2004年のオリンパスのものでしたしね、、デジカメが常に最新プロセスのセンサが投入されるのに比べるとサミシイものがありますね・・
D810Aも素晴らしい性能ですが、次のD820が、裏面照射型42MPが搭載されるとなると、この冷却改造機はさらに上を行ったりしませんでしょうか?
D820Aは出ないかもしれませんが、、、1/1.8型、2.4μ□のQHY178Cでもあの感度ですから、個人的には、D820改造機は脅威的ですね・・。α7RⅡの価格を見ると、価格も驚異的かもしれませんが。

No title

> ぴんたんさん、こんばんわ。
ううん、やはりそうですかー・・。QSI6120は画素が細かい分、感度面では不利になりますが、そうはいっても、KAF8300Eと遜色が無いと思うだけに、やはりD810Aの性能には脱帽ですね。実際、8300系冷却CCDから、D810Aに鞍替えした方も多いのではないでしょうか。
ボクもかなり悩んだので、昨年の今頃にX-E1でいろいろとテストしたところ、X-E1やるじゃん!と思ったので、我慢我慢・・と (; ̄ー ̄川 アセアセ
最新センサのD810Aだとさらに良いのだろうと思います・・。

フィルターワークの点でモノクロカメラは利点があるとボクも思いますが、トータルの露出時間を考えると・・・

No title

ぴんたんさん、続きというか・・・提案です。

QSI6120の高精細画素が活きる様でしたら(D810Aより分解能が高ければ)、D810Aとのコラボレーションって出来ませんか?
D810Aでカラーと周辺は取得するけれど、星雲のディテールはQSI6120に任せるとゆー・・・。無論、そこにHαを絡めても良いと思いますし、デジタルカメラと冷却CCDカメラの夢の超人タッグなんて無理ですかねー・・・と、ふってみる(^^ゞ

フォトコン的には不利かもしれませんが・・。特徴あるカメラを活かしての合成画像は、天文台写真の得意とするところですしね(X線と可視光とかね)
そういう点では、QSI6120はD810Aと共存できるのでは。究極の天体写真を得る、一つの手段になりそうな気がしますが、どうでしょうか。

No title

utoさんこんばんは。D820…悪魔のささやきですね。デジカメの欠点は次から次へ新型が出ること。 そして確実に性能がアップします。その都度、新型を追いかけていたら身が持ちません。 冷却D810はナローバンド撮影でも十二分の感度を持っていますから、D820はパスかな←多分。

No title

> 元栗畑の住人さん、こんばんわ。
D810があれば、十分な性能があるだけに、悩ましいところですよね。
でも、裏面42MPとExpeedなら、やはり1段頭を抜けてくる気がしますが、どうでしょうか。

次世代といえば、
フジの中版デジカメも出てきましたねー。こちらも気になる存在です。
150SDPなら、余裕で中版フォーマットにも対応できると思うので、どちらかというと、44×33デジタル中版フォーマットをご検討されてみては如何でしょうか?
これまでのフジの特性からいって、Hα感度も十分にあると思いますし、IR改造も出来れば、無敵な気が・・(^^ゞ
でも、フジはIR改造するといろいろと問題も出てきそうではありますが・・・。

No title

ナイショさん、貴重な情報、ありがとうございます!

カメラのポテンシャルの高さ・・・改めて驚きました。
また、使い方が上手いですね。流石だなぁ・・と。感嘆してしまいました。

No title

一応報告ですが、2月号のビギナーの部のM76は私です。
ビギナーの部の中で唯一ビギナーらしい作品で、載っているのが恥ずかしいぐらいが(^^;)
D810Aの件は、聞かなかったことにします(^^;)
昨年、冷却CCD買ったばかりで、評判のいいものをどんどん買ってしまうと破産しますで。
冷却CCDも、1枚当たりの露出を絞り多数枚重ねると結構詳細まで写るので、面白がって撮ってますよ(^^)

No title

> Yan Kanaiさん,こんにちは。
おぉ、おめでとうございます!
D810A、恐るべきカメラですが、冷却CCDはフィルターワークなど、利点もありますしね~
ボクも、欲しいなとは思ったのですが、自分の機材を考えて、見送る・・予定・・(^^ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ