FC2ブログ

記事一覧

月夜の遠征は失敗・・

さて、またしても、金曜日3/10。仕事が終わってから、ぼうらやさんに遠征に行ってきました!
嫁さんと子供は、子供の誕生日祝いの為に、実家に。
本当は行ければ、自分も行く予定でしたが、案の定、翌3/11は休日出勤することに・・。

金曜日晩も、20時過ぎまで職場に居て、それから帰宅して、出発したのは、20時40分くらいだったかな?
21時10分には着くなーと車を走らせた覚えがあります。
機材が一式、車載しっぱなしになってますから、出かける時は早くて良いですね。
いっそ、もう、自宅が完成しても、オライオンとEM-200は車載したまんまにしちゃおうかしらん (; ̄ー ̄川 アセアセ

さて、磐田市内は8℃と暖か。空の方も、月夜ですが、透明度は悪くなさそうです。
これだったら、ALICE-Ⅱのテストも兼ねて、銀河巡りでも・・・という気持ちになろうと言うものです。
もっとも、処理の手間を考えたら、銀河巡りは冷却CCDカメラの方が楽なのですが・・・

今後、本当にALICE-Ⅱに賭けるだけの性能があるのかどうか。
もう少し、実戦経験を積んで、判断していきたい。
ポテンシャルが高いのは判ってはいるのですが・・

ALICE-Ⅱの縦縞

ALICE-ⅡのセンサはS◯nyじゃないので、縦縞がね・・。AstronomyToolsのVirtical Band Noise Reductionだったかな?これを使うと大抵は消せるのですが、今回の画像では上手くいきませんでした。
あんまり大きい天体には向いていないのかも?
撮影時にも、横にずらして撮影する等の工夫をしてみる等、対策はないわけではないのですが・・

さて、準備の方は、思っていた以上に疲れているようで・・・。
望遠鏡を載せた後、バランス取る前に、クランプを緩めた際に、ちょっと指を挟んでしまって、イタタ・・とやってしまったり・・。アホだなぁ・・。そりゃそうなるじゃん!
うーん、疲れはあるけど、余力があると思ってたのですが・・・トシとともに、だんだん無理が効かなくなってきてるなー・・・と実感・・。
セッティング自体は特に問題もなく。

ただ、理由は判りませんが、前回撮影あたりから、極軸望遠鏡がズレたのかなぁ・・
導入精度、追尾精度(ノータッチですが)から、極軸が若干ズレてるようなんですよ・・。おかしいなぁ・・。
まぁ、CMOSカメラなので、赤緯方向のズレは縦縞キャンセルの方向に働くから、今回はいいんですけどね。

セッティングを終えて撮影に入ったのが、22時40分頃。うーん、やっぱりなんだかんだで撮影開始まで1時間半かかっちゃう。昔は1時間もあれば撮影に入っていたと思うんだけどなー・・・。
遠征休止の3年間で、感覚が鈍ってるのか・・全体的に行動がトロくなったのか・・┐('~`;)┌

組み合わせる機材も変わってないし(まぁ、今回はCMOSカメラですが・・)、あ、そういや、ファインダーが狂い易くて、合わせにくいので、ここに時間が取られてるか・・最近・・
バランス的に軽い3cmのにしたのですが、これがビミョーに使いにくかったりします。ニワトリの時はあまり気にならない(数晩放置でしたから)ので、問題視してませんでしたが・・・こりゃ要改善ですね。

ファインダーって、デジタル一眼レフカメラだと不要なのですが、CMOSや冷却CCD等は当然として、ミラーレス一眼でも、EVFだとピントが合ってないと、全く使い物にならないので、案外大事なんですよね・・。
その割に、ウチのGENESISにはファインダつかないし、MT160のも、支持棒が1本折れてしまって代替えのネジを使ってるせいか、ビミョーに使いにくかったりします・・。遠征時には注意しないとダメですね・・。


さて、撮影に入ったら、あとは、電気毛布でぐっすりと寝てしまいました。
目覚まし時計に起こされて、0時前に起床。
思ったより寒い。到着時にもすでに気温は2℃まで落ちてました。寒さの底は打ったとは言え、磐田市内で8℃あったので、思ったよりも気温は下がりました。

この頃から時折、強い風が出てきました。まぁ、それは、ノータッチガイドで、1枚あたり短時間露光のCMOSなので、ダメなのは捨てれば良いから、全く問題にしてなかったのですが・・・
1時頃から、雲が・・・ Σ(゚д゚|||)ガーン
GPV予報では晴れる予報だったのにぃ・・・。


オリンパス E-620 デジタル一眼レフカメラ 

1時過ぎからこんなお天気ですよ。今回は銀河巡りを兼ねて、低空の天体を狙ってみるつもりでいたので、がっくりです。
GENTAさん、遠征に行かなくて正解!

朝までふて寝。
ただ、4時頃に目が覚めたので、一応、晴れ間から撮れないかなーと思って、ピントをあわせ直そう。と、明るい星を入れて、ピントをチェック。

あれっ、どうやってもピントが合わない!と、いうか、星が伸びてマス・・・
前回の事(向きを変えたら星像がおかしくなった)もあったので、なんだこれ・・やっぱり、所詮、自作機なんてこんなものか・・信用できねぇ・・
と、思ったのですが、ふと、あれ?あの明るい星って・・・



土星でちた・・_| ̄|○ il||li
てっきり、アンタレスだと思ったのですが、曇っていて星座が判らなったとはいえ、疲れていたとはいえ、とんだ間抜けっぷり・・。
どちらにしても、信用できないのは自分じゃん!と、ゆーオチ・・。

そのまま夜明けになりましたので、フラットを一応撮影して、6時15分。帰路に着きました。

結構、車で寝ていたんですけどね。疲れていたようで、昨日はちょっとシンドかった。
今日も、10時過ぎまで寝てました。
疲れが抜けきってないので、例会開始までもう少しあるから、も、ちょい寝てようかな・・
うーん、画像処理が一向に進みません・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

あははは、じっくり記事を熟読しましたぁ
面白いです。人の不幸を笑うとはとんでもないやつですね。
でも、面白いんだから仕方がない。
いやぁ~土星には笑いましたよ。

No title

指、大丈夫ですか?
ピント合わせ星なんて何でもいいやと思ってますので、私もやりそうです。さすがに木星は間違えませんが、土星はジミに間違えそうですね。(^^)

No title

> タキさん、こんばんわ。
いやー、楽しんで頂けて幸いです(笑)
土星、いやー、写真の通り、アンタレスが雲の向こうなんだもん、しょーがないですよぉ・・(; ̄ー ̄川 アセアセ
でも、真剣に30分くらい悩みまくってました。

No title

> kaienさん、こんばんわ。
雲間から南東に明るい星が見えたので、もうアンタレスと信じて疑ってませんでした(^^ゞ
先日の星像オカシイ事件がなければすぐにピンと来たかもしれませんが・・(;´д`)トホホ…

あ、指の方はちょっと痛かったですが、特にアザにもならず、大丈夫でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ