FC2ブログ

記事一覧

遠天例会 3/12

日曜日は、例会でした。
準備をしていたら、少し遅くなりましたが、14時半前には到着。

早速、例会会場で、Tezさんに、SE赤道儀を診て頂きます。

SE赤道儀調整中  フジ X-A1 デジタルカメラにて

SE赤道儀のギアをベアリング入りのものに換装して頂き、さらに、自分がサボっていたギア調整を丁寧にやってくださいました。
おまけにコントローラのVerUpまでしてくださって、至れり尽くせり。
本当にありがとうございました m(_ _)m

その間に世話役のタシロさんから、観測地についての議案が出ていました。
共同観測所となると、お金を始め、いろいろと問題も出てくるので、ちょっと難しいかな、と感じましたが・・
どうなるかな?



その後は、Tezさんの自作ソフトの多機能さにみなさん、釘付け!
極軸調整(PolaMasterとEQ Alignみたいな感じかな?)機能にマルチガイド機能など、かゆいところに手が届く素晴らしいソフトだと感じました。
機能は実装完了しているので、後は、バグ取りだけだとか。
完成を楽しみにしています!


ロンキーさんのASI1600MM-Cool 

それから、ロンキーさんがASI1600MM-Coolを持ってきてくれていました。miniフィルタホィールもつけてあって(ちなみにスケアリング調整でかなーり傾いていたのが気になります・・)、こちらもボクも後日買いたいなーと思っていたシロモノだったので、重量や造りなど、確認できたので良かったです。
miniFilterWheelの方は造りはしっかりとしていて、かつ、軽量で好印象です。
ASI1600MMの方も、USBハブがあり、とても使いやすくできていていいですね。

ASI1600MMとフィルタホィール、Φ31.7mmフィルター込みで重量的には600g程度でしょうか(感覚的ですが・・)
カメラ自体の重量は、SXVR-H694と比べて同等程度、と感じました。

今回も試しに、冷却あり/なし、でラッキーイメージングで使いそうな15秒露光で拝見させてもらいましたが、さすがに、気温18.8℃の環境下では、ノイズはかなり増える様子。ASI178では、この程度の露光時間だと許容範囲内だったのですが、MaxImDLでのStd値は、11→43と大幅に増大しました。
センササイズが大きく、画素数が多くなると、発熱量が大きくなるんですよ・・。
うーん、しまった、画像はUSBメモリに保存してもらってくれば良かったなぁ・・。

ほんまかさんが、非冷却で素晴らしい写真を撮られてますから、ダーク減算すれば、1枚あたり1,2分程度の露光での撮影なら、全く問題ないレベルかも。
ロンキーさんの方が、お時間が無いとのことだったのもあり、もう少し、どこかで検証したい。

ただ、プリセットではHiDynamicRange、Gain0←DeepSky狙いなら当然と思う) Offset10となっていましたが、この設定で、バイアスレベルも潜る事なく十分な感じでした(BIASレベル 200 cout程度だったか・・?少し余裕をみています)
ヒストグラムを見ると、幅がややある(素子毎の輝度値のばらつき)と感じましたが、うーん、ちゃんと解析しないとなんともいえませんが、もう少し、Offsetの値を落としても良いかな、と思いました。

非冷却タイプも、小型・軽量・高画質であることを考えると、その存在価値は高いので、なかなか悩ましいですね。手軽かつ高画質は、個人的にはとっても魅力的・・・

ロンキーさんはM3を撮って作例を見せて貰いましたが、セッティングがどうだったか判りませんが、恐らくゲインも入ってる方を使ったと思います。
さすがに、それだと、飽和が早く、球状星団の中心部はトンでしまっていました。
この辺り、12bitA/D変換だから、と結びつける人もいらっしゃるかもしれませんが、実際にはGainの設定の方が効いくると思います。(が、実は、それだけセッティングがシビアーになるとも・・)
ただ、飽和レベルの速さ以外、淡い部分の描写等で、よりハイビットの14bitのデジカメ等に劣るものではありません。・・・多分 (^^ゞ
いや、まぁ、自分で使わないとネー (; ̄ー ̄川 アセアセ

縦縞は無く、横縞は、画像を縮小していくと、パターンが見えてきますが、ボクのQHY178よりも遥かに少ないと思います。Panasonicセンサ、なかなかに優秀ですね!
QEの情報がないのが残念ですが・・・。本当に、QE65%以上あるなら、ボクが期待している1.1型12MPのPregius IMX253よりも優秀かもしれません。フォーマットサイズからすると、このセンサも魅力的だなぁ・・

あとは、簡単にステライメージでの画像処理を行ったりして、なんだかんだで、あっという間に17時に。

帰宅時に、ハルカイさんとお話をしていたら、フジの中版デジタルカメラ、GFX50Sが、車にあるよ、ということで、無理を言って、見せて頂きました。
げげ、なにこの立体感・・・!!(◎-◎;)!!
重量的にはフルサイズと同じ位ですが、出来上がってくる映像は素晴らしいのひとこと。
なんだ、この立体感は・・・!!
AFも、さすがに、EOS1D系の爆速に比べると、1歩劣るかもしれませんが、ミラーレスらしからぬ早い合焦。
うわー・・こりゃあ、見ちゃいけないモノを見てしまった様な・・・。SDカード、自分の入れて撮らせて貰えば良かったなー・・。
ハルカイさんの情報からすると、赤い星雲もこれまでのフジのデジカメ同様、ちゃんと写るそうです。




明星の誕生日祝い フジ X-A1 デジタルカメラにて 

帰宅後、神奈川から帰宅した、嫁さんと明星とで、誕生日祝いで、Coco'sに行ってきました。
ファミレスなんですが、誕生日だとスィーツ等、サービスされるということで、出かけてきました。
ただ、磐田店(いつもの、豊田町図書館の近く)は車が一杯で止められなかったので、袋井の方まででかけました。あれっ、アパートからだと、こちらも同じくらいの距離かも・・。案外近いなー・・。

自分の方は、ジャンバラヤを注文しましたが、なかなか美味しかったです。

たまには、ファミレスもいいですね。
そろそろ、子供も大きくなってきたので、静岡県民としては、『さわやか』にも行きたいところです(笑)
げんこつハンバーグ。(ちょっと、よそから写真を拝見。リンクも貼ってます。)
ほとんど生に近いので、賛否両論あるようですが、あくまでも静岡県内で新鮮な挽肉を届けるとのポリシーで、静岡県外への展開は無いようです。
ステーキで言えば、ブルーレアの状態ですかね。
最初に行った時は、流石に、ちょっとビビりましたが、同社のポリシーと実際に食した味を知ると、これはちょっとやみつきになりますね。
さすがに、子供が小さいと熱いプレートで、なかなか・・(と、いいつつ、岡山のお義母さんが来られた際に、1回行ってたりしますが・・ ^^;)
3歳になったことだし。そろそろ、さわかやデビューさせましょうかねー(って、自分が食べたいだけなんですが ^^;)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

例会お疲れ様でした。
所用で参加できませんでしたが濃いないようで盛り上がったようでね。
Tezさんのソフト凄そうですね!
実践向きの汎用のモータコントローラになりますね。
塩澤さんのASI1600MMCOOL買おうかと迷っています。
R200SS、ビニングでVISAC色々な使い方ができそうですね。
VISACに特化して174も視野に入れて考えています。
また、アドバイスお願いします。

No title

> yam*to*o011*さん,こんばんわ。

仰るように、濃い例会になりました (; ̄ー ̄川 アセアセ
Tezさんのソフトは、本当に素晴らしいもので、完成が楽しみです。

ASI1600MM-Coolですが、飽和電化容量から計算すると、ちょっとノイズが多いかなぁ・・と感じましたが、恐らく感度・QE自体は個人的に期待している1.1型Pregius IMX253と同等程度あるのではないか・・と、なるとセンササイズが大きなASI1600MM-Coolが・・とちょっと感じました。
IMX174もいいですよね。画素ピッチ的にVISAC+Reducerの組み合わせでベストマッチになると思います。
とはいえ、平面像で写野が広いのもVISACの魅力ですから・・ASI1600MM-Cool一択で間違いはないんじゃないかなーと思います。
CMOSだとビニングがない(ビニング設定しても、デジタルビニング=ソフトビニングと一緒=√2倍しか改善しない。で、敢えてビニングで撮る意味が無い)ので、ASI174MMの価値も無い訳ではないのですが・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ