FC2ブログ

記事一覧

フジフィルム X-E1

1600万画素 X-TranceCMOSセンサ搭載 ミラーレスカメラ

◎高感度!
◎Hαに高い感度!!
◎小型・軽量
◎天体写真の画質が大変良い(デジカメとして)
△バッテリーの持ちやや弱い?
×現状、RAW状態でのダーク減算が出来ない(但しダークは少ない)→R-Stackerで可能(未チェック)
◎画素数が16MPあり、モノクロ8MPのST8300Mに比べてもプリント時の星像はシャープ
◎APS-Cフォーマットの(自分としては)広い画角。
◎画素ピッチ 約4.8μと無理が無く、望遠鏡との相性が良い(F4~F7程度の光学系に適する)
◎EOS Kiss用のリモコンが使える。

購入したのは、2012年末なので、今年で、5周年目を迎えてしまいますね (^^ゞ
さすがに、ちょっと調子が悪くなってきてるのですが、まだまだ現役で使っています。
未改造機ながらも、Hα線への感度が高いのが、一番のウリではないでしょうか!
何回か書いていますが、Sh2ガーとか言わなければ、いや、まぁ、この性能なら、シャープレスカタログの天体でも、ある程度は対応できそうな気がします(効率はもちろん、良くありませんが・・)


三裂星雲と干潟星雲  GENESIS SDF屈折望遠鏡 with NPR-1073レデューサ。 約430mm F4.28
フジX-E1 デジタルカメラ 5分×19コマ@ISO1600 天竜の森にて

M8からM20に伸びる淡い赤い星雲もちゃんと写っています。
個人的には、ここまでHαが出てくれれば、十分だなぁ・・と、いうことで、D810Aには食指を動かさずに済みました (; ̄ー ̄川 アセアセ

カリフォルニア星雲 フジ X-E1 (未改造) NewFD300mmF2.8L望遠レンズ 5分×11枚 ぼうらや駐車場にて

明るい望遠レンズとの組み合わせ、ということもありますが、赤い星雲も、その周囲にある分子雲も、ちゃんと描き出してくれました。
もっとも、さすがに、露出枚数が足りてないので、2k画像だと粗が見えちゃうので、ちょっと小さめな画像をリンク (; ̄ー ̄川 アセアセ
うーん、この写真も、ブラッシュアップして、今年の遠天写真展に出してもいいかも・・・。

上空1万メートル?機内から南十字 フジ X-E1 XF18-55mm 18mmF2.8開放 1/4秒×3コマ@ISO6400
まさか、手持ちで、天体写真が撮れる時代がくるとは・・・
ほぼ発売後に購入したので、かなりいいお値段(10万円越え)していた時に買ってしまったのですが、この写真が撮れただけで、後悔はありませんよ!


ふくろう星雲M97とM108銀河 MT160反射望遠鏡 MPCC 1000mmF6.3 7分×14コマ 

X-TranceCMOSセンサのキレ味は抜群で、構造描写はモノクロ冷却CCDと遜色ありませんでした。またS/Nも良く、光害地でも良く写ります。デジカメも、とうとうここまで進化してきたか!と驚きでいっぱいです。
強いて挙げれば、背景のノイズ(もこもこ感があるのはX-Tranceのせいなのか、自分のノイズリダクションがイマイチなせいか・・・)や遠方の銀河の写り等は、まだまだモノクロ冷却CCDカメラに分がありました。

ST8300Mでも、同じ機材で撮影してあったのですが、中天のひろGさんは、見事に冷却CCDカメラの優位性を見抜かれてました。
自宅からの撮影ですからね。遠征すれば・・・、と、いいたいところですが、恐らく覆ることはないかな。
モノクロカメラは、L画像、すなわち、全波長域で捉えることができるので、やはりオンチップカラーフィルタで光量を1/3に減じてしまうカラーセンサーはギリギリの面で不利になります。特に、遠方の銀河は赤方偏移で赤外へと波長がシフトしているのもあって、クリアフィルタで全波長域で捉えている自分の作例では、写りの差は歴然としています。(まぁ・・M97,M108自体の描写はほとんど変わらない気がしますが・・)ちなみに、ST8300Mの作例はこちら

ふくろう星雲を見ると、Hα線の赤が物足りません。が、これは、Hα線への感度が低いからではなく、OⅢ線への感度が高い為、相対的に、そう見えてしまうだけなのは、上のカリフォルニア星雲の作例を見れば理解できるかと思います。
オリオン座大星雲 M42 自宅庭にて 800mmF4(ε200) 5分×4+30秒×10コマ

自宅でのテスト撮影画像ですが、見事に、リアルに描き出してくれたと思います。露光時間は比較的短めですが、M42の上にあるランニングマン星雲が、青色だけではない内部が紫がかっているあたりにHα線への感度の高さが伺えますね。

亜鈴状星雲M27 MT160反射望遠鏡 MPCC仕様 1000mmF6.3 UHC-E 光害カットフィルタ使用 自宅にて
5分×28枚@ISO1600 星ナビ 2015年10月号 入選作

ネビュラフィルターを用いて、自宅から撮影した亜鈴状星雲です。
UHC-Eとカラーカメラの組み合わせは前々からやってみたかったのですが、やっと実現しました。
こってり濃厚系ですが、このカメラの感度なら、もちろん、散光星雲でも面白いと思います。
まがたま星雲 NGC281 1000mmF6.3 MT160反射望遠鏡 MPCC使用 光害カットフィルターLPS-P2フィルタ使10分×14コマ(@ISO400)

これも庭先テストで撮影したものですが・・・。ストロンチウムの炎色反応の様な透明感ある真紅の星雲に惚れたものです。

夕暮れの月  浜松天文台専門利用 Nikon20cmF12アポクロマート屈折望遠鏡直焦点
フジ X-E1 ISO400 ダイナミックレンジ200% 1/60秒露光 1枚撮り

2014年3月9日の薄明中の月面です。フジフィルムのカメラは、X-Trance配列による切れ味の良さ。それとフィルムエミュレーションによる色彩再現性の高さ(特に記憶色か)の2点から、月面向きのカメラだと思います。
キレッキレ!まぁ、今回、望遠鏡が望遠鏡ですが・・ (^^ゞ

ラブジョイ彗星のイオンテイルの変化 天文ガイド2014年2月号採用作
NewFD300mmF2.8L望遠レンズ 獅子ヶ鼻公園東茶畑にて。

12/5未明のラブジョイ彗星は、非常に活動的でイオンテイルがみるみる変化していきました。
この様な現象を捉えることができるのも、高感度カラーカメラであるX-E1ならでは、です。

ししのトリオ銀河 VISAC withレデューサ 1280mmF6.4 フジ X-E1 5分×10コマ@ISO3200

この写りだと、正直なところ、イプシロン200+ST10XMEに完敗です。
もっとも、途中で曇られた為、総露出時間としては、50分と少なめで、消化不良ではありますが・・
露出を伸ばしても・・とは思いました。
感度面というところでは、あともう一歩、あればモノクロ冷却CCDカメラの代替えを真剣に検討できそうです。
もっとも、その可能性を感じたからこそ、いろいろとテストしてみたんですけどね。
今後、有機三層CMOSセンサ等が出てきた暁には、さらに真剣に置き換えを検討せねばならないでしょう。
D810Aは、もちろん、X-E1よりも良くなってると思いますが、画素ピッチが同じだけに、ある程度、想像できるだけに・・・。安くないカメラですからねー・・。
興味が無いといえば、ウソになりますが・・・。まぁ、我慢我慢 (; ̄ー ̄川 アセアセ
どちらかというと、裏面照射のα7RⅡの方に興味が湧かないではないですが・・・。ま、確証も無いのにこれ以上、マウントは増やせないねェ・・。
っと、全く、手をこまねいているワケではなく・・・
α7RⅡは推定4.5μピッチの裏面照射CMOSセンサーです。QHY5III178Cは、2.4μ画素ピッチの裏面照射型なので、ソフトウエアビニング2×2を行うことで、疑似的に4.8μ画素相当のPhotonが得られます。
これである程度の想像は・・・ま、つかないんですけどね(爆) ノイズ量は、ソフトビニングだともともと大きな画素ピッチのカメラに比べて倍になりますから・・
とはいえ、まぁ、想像力を働かせるには十分かと。
うーん、まぁ、やっぱり、モノクロ冷却CCDの置き換えには至らないかなーと、少なくとも大枚叩いて冒険はできないな、というのが個人的な結論です。
もちろん、狙う被写体によっても着目点が変わってくるので、一概には言えないのですが、系外銀河の撮影の置き換えが可能か否か?という点に於いて、冒険する価値はないな、と感じたということです。

フジ X-E1 MicroNikkor 55mmF2.8にて モデルは、豊田ファッション 原木 葵さん

もちろん、未改造のカメラですので、普通の写真でも活躍しています (^^ゞ
フジ X-E1 PENTAX50mmF1.4→F2にて モデルは、豊田ファッション 遠田 ちせさん

なんだかんだで、フォーカスピーキングがあるおかげで(天体写真では逆に、ピント外すので注意!惑わされる!!)、手持ちのMFレンズが活かせるのもあって、いろいろと楽しんでいます。
お気に入りのカメラなのであります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

このようにまとめて評価したいただくと、X-Tranceセンサの総合的な優位性が際立ちますね。「上空1万メートル 機内からの南十字」を初めて見たときには鳥肌が立つような気がしたのを覚えています。その後私もX-M1を購入と相成りました。
長焦点で銀河狙いがメインなのでもう少し実効的な感度が欲しいと思い、冷却C-MOSのASI1600MM-Coolあたりが気になっていますが・・・UTOさんの作品を見て、X-Tranceセンサの性能を全然引き出せてないことを痛感しました。しばらくX-M1で修業を続けます。

でもASI094なんて猛毒を見つけちゃった。^_^;

No title

> kaienさん,こんばんわ。
フジのX-Tranceは、切れ味が良いのが嬉しいですねー。
いやいや、Kaienさんのブログ拝見してきましたが、素晴らしいです。M88が特にいいなぁ・・。見事にX-M1の性能を引き出していると思いました。

ASI1600MM-Coolは画素ピッチが細かいので、ちょっとRC系には不向きかもしれません。F5.4レデューサが使えれば強い味方になりそう。
あと、色彩は、銀河の場合、やっぱり原色干渉フィルターのLRGB合成は凄く綺麗に出るようになりますよ~

ASI094,QHYでも出してるD810Aのセンサーなんですね。4000$コースか・・
ここまで出すなら、個人的には画素ピッチが粗いですが、QHY42の方が気になってきますね(でも、もっと高くなるんだろうなー・・センサー大きいし・・)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ