FC2ブログ

記事一覧

のんびりした1日

自宅完成まで、あと少し。
今日は、10時から、お風呂/トイレ/キッチンの説明を受けてから、なんとなしに、自宅の2Fでまったりしてました(笑)
いや、ミュートンさんが作ってくれたベッドが絶品でして。
居心地が良かったのです。

うーん、2Fも、サワラで良かったので生木にした方が良かったかなぁと思いつつ、なんだかんだで、12時前までまったり過ごしてました。

説明してくれた、TOTOの年上の美人のおねーさんも、ミュートンさんが作った階段に感嘆してました。

アパート暮らしも今月でお終いなのですが、完成検査が済んでから引越しになるので、この終末はのんびり、です。
と、いうわけで、過去画像を処理してました。


球状星団M13 イプシロン200 アストログラフ ST10XME 冷却CCDカメラ

球状星団は、まるで、金砂・銀砂を振り撒いたかのような星々が美しい天体ですね。
タカハシの望遠鏡は、イプシロン200、MT160ともに、回折像が特に美しく表現されるので、とても気に入っています。
オライオンもまずまず、ですが、R200SSやVC200Lだと、ちょっと回折像が太くなり優雅さに欠けてくるかな、と感じます。VC200は、のんたさんが非常に上手く使っていらっしゃって、彼の画像からはそんな印象はありませんが・・・(改良してたりするのかな・・・)
遠天のM田さんのR200SSは、回折像の太さ解決を始めいろいろとヨシカワでチューンされてますが。
VC200Lは長焦点なので、画像表現で解決しているのかもしれませんん。
いずれにしても、タカハシの回折像の美しさは特筆物で、これは、ぴんたさんのCCAや、RUKUさんのμ250CRSでも実現されてますね。
オライオンだと、こうは表現できないんだよなぁ・・・・


NGC4593,4602 オライオン30cm反射望遠鏡 SXVR-H694 冷却CCDカメラにて。

こちらは、その回折像がダメな、いや、まぁ・・ダメってワケではないのですが・・・オライオン30cmによるマイナーな銀河です。
昨年、2016年に撮影したまま、放置されてたのを画像処理。
黄砂の影響ですかね・・・透明度は悪かった様で、黄色味が強い画像になってしまいました。
でも、なかなかに面白い領域ですね。
またどこかで撮影し直したい気もしますが、乙女座には個性的な銀河が数多くあるので、もっといろいろと取り直したい銀河は沢山あります。
オライオンは、不安定ながらも、やっぱり、30cmだなぁ・・と感じさせてくれるだけのディテール描出が魅力です。
あと、この時の撮影は、(位置的に)アトラクス赤道儀を使用していると思いますが、安定度の点ではEM-200赤道儀より断然上の様です(過去画像を見ても、星像のシャープさが違う=安定したガイドができている?シーイングか??)
自宅撮影ならではのメリットもあるようです?と、いうか気合が足りてない!持ち出しなさいよ!!と言われるとその通りなのですが。
まぁ、アトラクス赤道儀の方は移動撮影でも使った実績もあるので、持ち出しても良いのですけどねー。

とはいえ、まずは自宅が完成したら、実家や知人たちに預けている機材を回収して、撮影環境の再構築から、ですね。
アトラクス赤道儀は、ケーブルがどこにいってしまったのかが、不安・・・((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル
こりゃ、暫くかかるかもですね。

新機材投入はその後からじっくり考えることにしますか・・・。円安で40cmGoToドブソニアンのお値段もUpしちゃったみたいですからねー。40cmに魅力は感じますが、そこまで急務でもない(他にやりたいことはある)ですからねぇ。

サブプランと考えていたオライオンラージフォーマット計画の方をメインプランとした方が確実な気もしますし・・・
ASI1600-Coolは、画素ピッチが3.8μということもあって、オライオン30cmF4とは相性は最高だと思うんですよね・・・。
どちらに、お金をかけるべきか、ちょっと悩んでいる最中です。無謀でも、40cmか、実績がある30cmに投資か・・。D810Aの存在と実績を考えると、やはりラージフォーマット化がBetterだとは思う一方で、口径UPによる夢も見てみたい気もする・・・( ̄~ ̄;) ウーン
ま、急ぐ必要は無いですから、為替相場をみながら、まずは今ある機材の回収と活用が急務ですかね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

木の壁の新居、素敵ですね。木の壁は湿気を吸ってくれるし、温かみがあるので、最高ですね。
今月末に入居、楽しみでしょう。新居にナイス!
アパートに仮住まい中でもしっかり天体撮影、凄いです。私は、仮住まい中、完全冬眠でした。
私も、今月末に、ウサギ小屋並みに小さいけど、新居に戻れるので、引越しの準備で忙しい日々です。

No title

白木の感じが良いですね。
日本の良き文化です。木はいい!!
優しさを感じますよ。
本当にいい感じです。お邪魔させてくださいね。
出来れば宿泊も(^^;

GOTOか、小生はどちらかというと手動が好みです。
星図忘れちゃうからです。

No title

私も眼視ならGOTOでなくても良い気がしますが・・もしかして、撮影用でしょうか?!
ちなみに私の部屋も板張りです。光学製品がカビ難いかと。(^^)

No title

> ヨネヤンさん、こんばんわ。
ヨネヤンさんも建替え中だったのですね~!お互い、完成が楽しみですね!

ボクの方は、車にずっとおライオン30cm一式を入れっぱなしにしてましたので、なんとか遠征撮影だけはできました。
あと、嫁さんが見つけてくれたアパートが、思ったよりも広かったので、GENESISも手元においておけたのは良かったです。

ボクの方も、明日は午後半休で、引越しですー。でも、まだまだカーテンとか、庭とか、やらないといけないことが沢山あります。

No title

> タキさん、こんばんわ。
木のお家なのですが、1Fも凄いですよー。
外観は、ガルバにしちゃったので、ちょっと和風という感じではないかもですが、中身は物凄く和の空間です。

GoToは、下でKaienさんが書いてるように撮影用でっす。
国内でもやられてる方がいますが、モノクロCMOSでガチでやってみようかと。

導入は・・うーん、メジャー処はたいてい捕まえられると思うんですが、確かに最近、観望はしてないなぁ・・。

No title

> タキさん、書き忘れました。
一通り、一段落したら、宿泊も全然Okと思いますので、来てねー。
とはいえ、登記も自分たちでやるので、完全に完成して一段落できるのは秋口になっちゃうかも・・。

No title

> kaienさん、こんばんわ。
はい、お察しの通り、撮影用として検討中です。
40cmを使うとすると、こうするしかないかなー・・と。
光学系の重量から赤道儀も替えて、40cmの筒も買うとなると、車一台分軽くふっとんじゃいますから、ちょっと手が出ないですが・・・
諭吉40人で、40cmかぁ。口径あたり1万円・・・( ̄~ ̄;) ウーン

ぜーったい、茨の道なのは判ってるだけに、悩んじゃうんですよねぇ・・。

No title

新居の完成間近待ち遠しいですね。白木の壁や床あこがれながらも実現できませんでしたので、こうしてみると余計に良いなあと感じてしまいます。

輝星の光条の件、確かにビクセンのスパイダーは一体型なので光条の割れといった不具合は起きませんが、あの太さ故、光条自体の品質?は他に劣ります。R200SSとVC200L両方使っていて、両方同じスパイダーなのですが、VCの方が自然で綺麗ですね。焦点距離の違いなのかな...。 特に改造や、処理をしているわけではないので元々こうなんだと思います。
R200SSProがCP+で参考出品された時、VIXENにメールでスパイダーの要望もしました。今年には発売されるとのことですが、要望聞いてくれると良いのですが....

No title

エムティです。新居と観測室もうすぐですね。他人事ながらわくわくいたします。
40㎝はモノクロCMOSカメラで行けそうですよ。35㎝2000mm30秒露光がオートガイドせずに行けましたから。多少鏡筒やマウントが弱くても30秒耐えてくれれば良いのですから、可能ですね。

No title

> のんたさん、こんばんわ。
今日から引越し始めました。疲れたッス・・。
木も桧・桜・チーク・カリン・屋久杉の欄間と、多彩に使っています。それと廊下には漆喰で仕上げて頂いて、本当に和テイストな空間に仕上げてます。

のんたさんのVC200Lの作品は回折像がとても美しいので何か工夫されていると思いましたが、長焦点故なのでしょうかねー。

R200SSは本文に書きました様に、遠天のM田さんはヨシカワに依頼して、1.5mm厚まで切削して頂いたそうで、その効果は思った以上に大きそうに思います。

R200SSは軽量なのと、トップリング一体型で斜鏡の光軸ズレの心配がぐっと減るのが魅力的ですよね。
SE赤道儀に載せて撮影も可能だと思うので、遠征2台体勢を考えた場合にちょっと欲しいなーと思ったり、思わなかったり、悩み中です・・・。

No title

> エムティさん、こんばんわ。
観測室や、フェンス等の外構工事はまだ先になるのですが、とりあえずは新居に今月中に引越しです。

モノクロCMOS、ウチのALICE-Ⅱなら、6秒追尾してくれればほぼほぼ満足に足る戦果が挙げられると思われるので、40cmドブでも戦果は出せるのではないかと考えてはいるんですが・・・
何気に値上げされちゃうと、やる気が萎えますねー。
確実に結果が出せると判断できるなら、QHY5III178Cと同様、躊躇うことはないのですが・・・
まぁ、また円高傾向になってお値段が下がってきたら、多分、誘惑に負けてポチると思います (^^ゞ
でも、オライオン強化計画に乗り出したら、資金が無くなるので、さて、自分がやってみたいのはどっち?と真剣に考えなければいけません。
確かに、30cmでも、十分満足に値する映像を得てますから、これをラージフォーマット対応、というのが順当な気はするんですよね・・・(金銭的にも安く済みますし・・)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ