FC2ブログ

記事一覧

GW 福田港遠征

昨日は、GPV予報の通りに、16時くらいから雨が・・・
かなり大粒の雨が雷と共に降ってきました。
その後、18時には西から晴れ間が・・・

しかし、この雨だと、ぼうらやさんの土砂&草ぼうぼうの場所だと、地面が濡れてますから・・・
ちょ・・っと、電気機器を出したくありません。

そうすると、地面がアスファルトの獅子ヶ鼻公園か、福田港か!ということになります。
北の方が、雨が強く降る予報でしたし、空を考えたら、南が暗い福田港の方が良さそうです。

とはいえ、オライオン+SXVR-H694の組み合わせで撮りたい天体があるか?というと・・・( ̄~ ̄;) ウーン
特には直ぐに思いつかない。もちろん、星雲・星団巡りって、テもありますけどね。

昨日、今更ながら、『君の名は。』を見たのもあって、彗星、撮りたいなぁ・・・
どうせ、天体巡りするなら、彗星を撮るのも悪くはないか・・・
と、いうわけで、機材はNewFD300mmF2.8L望遠レンズ、カメラは、フジのデジタルカメラX-E1にすることにしました。

ところが、いざ出かけようとしたら、なんと、リモコンが見つからない!!工工エエェェェ(゚Д゚)ェェェエエ工工
引越しで、どこにやったのやら・・・
1時間以上探して、ようやく見つけました ε=( ̄。 ̄;)フゥ 

出発は、20:48。気温は13℃。昨日より少し寒いか。
三日月を見ると、予想に反して、透明度は悪そう・・。これは期待ハズレか・・・

GENTAさんに教えて貰ったルートを通って、一路、福田港へ!!
このルートは、早い!21:08には到着!!!

誰かいるかな?と思ったのですが、誰もいませんでした。
今日も、ぼっちかぁ~。透明度も最悪。帰ろうかな・・・
と、思わないでもありませんが、せっかく来たわけですしね~・・
機材も軽量な、NewFD300mmということもあり、出すだけだそうとセッティング開始。

組み立てている最中に、ハルカイさんが来てくれました。
明日、お仕事だというのに、頑張りますね~!
でも、今日は、無理する程の空じゃあないですよ・・・と伝。
それから、小一時間ほど、天文談議・カメラ談議していると・・空が回復してきました。
ハルカイさんも、せっかくだから、出すだけ出すかーと、準備開始。
ボクの方も、ぼちぼちと準備再開です。


ハルカイさんのシステムはフジの中判デジタル一眼カメラ GFX50Sに、赤道儀はSS-One改造されたGPDガイドパック赤道儀です。追尾精度が劇的に向上したそうで、かなり気に入ってる様です。
電子極望といい、最新のテクノロジーの粋を極めた機材ですね!


ボクの機材・・・
方や、一方、ボクの機材は、NewFD300mmF2.8L望遠レンズという、40年程前?の望遠レンズに、自動導入装置は、18年前に購入したPyxis、制御ソフトウエアは、ステラナビゲータ Ver2(なんと、1995年!購入)、パソコンも、第十三艦隊 Endevor NT-5000という2002年頃のモノ・・・
ガイドカメラも、DSI Proで、すでに10年以上前のモノです・・・
骨董品の寄せ集めですね (; ̄ー ̄A アセアセ・
まぁ・・長くやっていると、こうなってくるのも致し方ない面はありますが、最新技術に置いて行かれているのは否めません・・・
使えればいいや、という面がある一方で、やはり、利便性の点では、最新機器には劣りますからねー・・・

空は夜半から見事に回復して、ご覧の通りの天の川。
湿度が高いせいか、やや赤味がかってますが、低空まで見事な天の川が見られました。
ハルカイさんの方は、ツァイスの80mmF2.8等、さまざまなレンズと、GFXの組み合わせでテストされていました。
今日は、フジの120mmマクロを借用しているのだとか。
今晩は翌日仕事もないので、頑張れるんですよーと仰ってました。が、昨日も、いろいろとテスト撮影されていましたし、本当に精力的に活動されていて頭が下がります。

なにより、カメラ談議をしていると、ニコニコしながら、いろいろと作例を見せてくださって、本当に写真が好きなんだなぁという思いが伝わってきて、こちらも楽しくなります。

ハルカイさんも、空が回復してきたのに後ろ髪を惹かれつつ、予定より1時間も遅くなった1時に撤収されました。
いろいろなお話が聞けて、とても楽しかったです m(_ _)m


その時間帯に撮っていたのは、ブルードラゴン。
これ、前にもST8300Mで撮影してるんですけどね。5年程前かなぁ・・・。ちゃんと画像処理はしてないですが・・・
ホントは、アンタレス付近を撮ろうかな、と思っていたのですが、残念ながら、構図が縦横違いで、2コマモザイクでも収まらない様でしたので諦め、でした。


M6 バタフライクラスター チョウチョ星団 

その後は、バタフライ星団M6を撮ってみました。昨年・・・ではないですね。もっと前。3年前・・。
たぶん、その時に、NewFD300mmF2.8Lと、冷却改造KissDNで撮影したのですが、たぶん、片ボケもあって未処理のままです。
今回も、ちょっと片ボケが気になりそう・・。明るいレンズは写りは良いのですが、いろいろと悩ましいですね。
全体的に赤いのは、やはり、湿度で透明度が悪かったのだと思います。


41P タットル・ジャコビニ・クレサック彗星

やっと、撮れた・・!
いろいろあって、本当に、チャンスを逃した彗星でした。地球からも遠ざかり、思った以上に小さくなっていました。


C/2015V2 ジョンソン彗星

こちらも、そろそろ、大きくなってきて欲しいところですが、ここ最近、伸び悩んでいるみたいですね。
彗星の予想がいかに難しいことか・・・
サンニッパトリミングです。


パンスターズ彗星 C/2015ER61

こちらはバーストしたと話題のパンスターズ彗星です。いかにも彗星らしい姿がいいですね。
位置的jに夜明け前ギリギリと思ってましたが、この高度なら、ぼうらやさんでも撮れたかも?

ラブジョイ彗星C/2017E4は、4/9以降、核が崩壊してしまったそうで・・。

いずれにしても、気になっていた彗星たちを撮ってこれただけでも、満足です。
どれも思った以上に小さかったことから、NFD300mmF2.8Lではなく、GENESIS SDFを使うべきだったかもしれません・・。
もう少し、パンスターズ彗星は大きいかな、と思ったのですが・・バーストして明るくなったとはいえ、まだまだ小さいですね。

それにしても、冷え込みました。
とはいえ、4時半にはすっかり辺りは明るくなっています。
夜明け前にフラットを撮影して、5時過ぎ。日の出を見てから帰宅しました。

夕方の雨さえなければ、もう少しいろいろな取組みをしたと思いますが、現在手持ちの300mmコンビの撮影に支障が出ないことの確認ができただけでも、良かったかなと思います。

他の機材は、まだまだ、回収してこなければ、使えない様です(ってか、鏡筒バンドないとか、あるはずのST8300MのACアダプタ無いとか・・・orz)

余談ですが、君の名は。面白かったですね。
新海誠監督の美しい自然描写も去ることながら、以前に見た、星を追う子供に比べて、ストーリーが断然面白かったです。おー・・よくあるパターンをそう持ってきたか!みたいな。
ティアマト彗星の過剰な美しい描写は、ナトリウムテイルの存在や、同監督の誇張した自然描写を鑑みれば納得ができますし、分裂核も可能性だけで言えば、あり得ない話ではない。と、いうか、ここ最近の彗星もどれだけバーストしたりしたか・・
3年前のアイソン彗星が、モチーフだと思いますが、だからこそ、とても面白く愉しめた気がします。

大彗星、来ませんかねー・・。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

彗星、いいですね〜。去年の今の時期はこのクラスの彗星さえ無かったと記憶してるので、まだ狙えるだけマシかもしれません。
私も350mm+フルサイズで狙ったんですが、思ってたより大きく写ったのでまずまずです。

でも、やっぱり大彗星にも登場してほしいですね。それで消灯キャンペーンとか出ないかなー。

No title

お馬ちゃんから3彗星まで、軽装備でもしっかり結果を残されて流石UTOさんですね~。しかもご自宅から20分でこんなに条件の良い遠征先に行かれるのは羨ましいです。
それにしてもPyxisとステラナビゲータVer2とは恐れ入りました。物持ちが良いですね~!!

No title

> 玄さん、こんにちは。
そうですね、ちょっと小さいとはいえ、今年は、プチ楽しめるすい星が結構きてますよねー。
でも、やっぱり、そろそろ大彗星が来て欲しいです!!
標準レンズではみ出しちゃうくらいのヤツ!!

No title

> ☆シュミット☆さん、こんにちは。
実際には、たぶん、方ボケとかありそうなので(ちょっとマウント部でガタがある)作品にはならないのですが、たまには、こういうのも撮ってみるのも楽しいかな?と。ただ構図はきちんと事前準備しておかないとダメですね。

そうなんですよ、Pyxisは安定していて、気に入ってるのもありますが、当然、ASCOMには対応していないので、様々なソフトの恩恵に預かれません・・。

ステナビVer2は、とても軽くて安定していて(次に発売されたステラナビゲータ for Windows95より)、ずーっと使ってるんですよね、、、
Ver5は重たいという話で、買いませんでした・・・。そういえば、Ver4ってあったんだっけ・・?

No title

> ☆シュミット☆さん、書き忘れました。
福田港は、上のハルカイさんの写真を見ると判る様に、西は浜松市の光害が厳しく、また、東も、御前崎市の光害がキビシイ、本来彗星に向かないのですが、開けていることと、今回のパンスターズ彗星は、若干南寄りだったので、なんとかなるか・・という感じ。
北も磐田市内の光害で×という結構、キビシイ場所だったりします。
暗いのは、真南のごく一部だけなのですが・・それでも、この南の空の暗さはなかなかのものがあります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ