FC2ブログ

記事一覧

ぼうらや遠征!

5/19(金)
いいお天気です。仕事もたてこんでいないので、定時帰りで、速攻で帰宅。
まずは、望遠鏡の積み込みです。
望遠鏡を一端、玄関の立派な天竜杉に下ろした際に、傷をつけてしまい、若干、自分の心も凹みましたが・・

しかし、GPV予報では、晴れなんですけどね・・・。磐田市内は一面の雲が・・・Σ(゚д゚|||)ガーン
ハルカイさんも、秋葉神社で、曇ってるとのこと。
うーん・・・どうスっべか〰

ちと疲れもあったので、少し仮眠をとって判断することにしました。体調も実は復調しておらず、喉がオカシイですし・・・。週末のお天気に舞い上がってしまいましたが、本来なら、自重すべき・・?

でも、21時に外に出てみると雲は取れたみたい。シーイングは良くないのは判ったので、本当なら、機材を変更すべきかもしれませんが・・・。さすがに、そこまで体力が無い。

やー・・この時期になると、オライオン30cmの1380mmで、1インチセンサーだと、被写体が正直無いんですよ・・・
イプシロンが使えるなら、俄然、こちらを使っていろいろと撮りたいところですが・・・・鏡筒バンドが未だ未回収・・。
まぁ、そうはいっても、梅雨入り前、最後の新月期ですからね。CMOSカメラのテストを兼ねて、出撃です!

時刻は、21:17でした。磐田市内の気温は16℃だったかと記憶しています。
一路、ぼうらやさんに。
思った以上に湿度が高い・・。下草が夜露でびっしょり。
シーイングは、磐田市内で見ても星が瞬いていましたが、こりゃ、思った以上に悪いなぁ・・・。
ただ、南に雲がありますが、透明度自体は悪くはなさそうです。

夏の天の川  オリンパス E-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D 14-42ED 14mmF3.5開放 60秒露光

相変わらず、南の光害はキツイですけどね。でも、ぼうらやさんとしては最高の星空です。
車で、30分で出かけられる遠征地としては上々です。が、この程度だと、やはり冷却CCDカメラを使っても、準1級の星空(例えば、春野山の村)で撮影したものと比べても、差は大きいです。
と、いうか、新東名高速道路の開通や、LED照明への変更・増設、等もあって、ここ、ぼうらやさんも、最初に知った2009年に比べると、空が明るくなったかもしれません・・・。

まずは、オライオンの組み立て。手慣れているので、問題なく・・・と言いたいところですが、そういえば、3週間ぶりです。細かなところで、ちょっと手間取った気がします。
大きなトラブルといえば、ALICE-Ⅱを取り付けた時に、星像がおかしかったので、レーザコリメータによる光軸チェックをしたくらいですが・・・(結果、問題無し・・)
ALICE-Ⅱは、ボードカメラの筐体を自作した半自作機ですから、強度等、諸々、問題はあるとは思いますが・・・
この星像崩れはなんなんだ・・・?  
光軸はもう一度チェックしたら、問題ないレベル。
とりあえず、構図を90度変えたら、良くはなりましたので、それで撮ることにしました。
まぁ、つまるところ、たわみがあるのですが、そこが、接眼部なのか、ALICE-Ⅱなのかは悩ましいんですよね・・。
どちらにしても、不安定な機材。
これで、ラージフォーマット対応化など・・・無理な話か。


オライオン30cm反射望遠鏡と天の川 オリンパス E-620 デジタル一眼レフカメラ Z.D 14-42ED 14mmF3.5開放 60秒露光

ちょっと苦労はしましたが、なんとか撮影開始!
一応、二式目も持ってきてるので、展開します。

写真は朝撮ったものですが・・・ (; ̄ー ̄A アセアセ・

MIZARのSR130SL反射望遠鏡改に、ビクセンのS60ガイド望遠鏡の組み合わせです。
現状では、回収した中で唯一、使える様になったサブ機です。

もともとは、14cmシュミットニュートン自作用の試験機だったのですが、實用レベルには達せず・・・
結果的に、各種自作パーツを、ボクが一番最初に購入したMIZAR SR130SLに組み込んで完成した集大成。
MIZAR 130SLの鏡筒に、Vixen R135の、135mmF5.33 高精度ミラーを組み込み(セル部加工必要で、自分で切削済み・・ちょっと甘い 笑)
、CELESTRONのΦ40mm斜鏡にて、大判フォーマット対応可能に。BORGの鏡筒ベースプレートを介してヘリコイドLを接続。斜鏡スパイダーはベース機の3本スパイダーではちょっと、表現上、ナンセンスなので・・・
MIZARに特注で、アルテア15用の斜鏡スパイダーを、13cm用にモディファイした特注を使用。
もう一歩、改良の余地はあるんですけどね。
とはいえ、恐らく鏡筒は鉄筒で頑丈の上、ピント移動はあまりなさそう。
大口径主義の自分としては、出番はあまりないのも事実ですが・・・・。案外、良い機体に仕上がっている気がします。
実際、天文ガイドにも、この機体での作品が採用されたこともあるんですよ。

SkyExplore赤道儀も、Tezさんにギア換装してチューニングしていただいたおかげか、極めて快調で、720mmをノータッチガイドで、15秒をなんなくこなしてくれました。
いや、まぁ、ずっと前に、EOS KissDNで、300mmF2.8望遠レンズでも、60秒もガイドしてくれなかったことを考えると、今回、焦点距離も伸びて、画素ピッチも約半分以下、なわけですから・・・大幅に精度が上がってるみたいです。
いざとなったら、ガイド鏡の方にASI120MMをつけてガイドさせるつもりだったんですけどね。無用で済みました。

とはいえ、この時点で、すでに時刻は1時を回っていたと思います。
案外寒い!疲れもピークです。SE赤道儀側は今後も鑑みて、M20を撮らせて、少し仮眠することにします。
(なお、このM20のデータは、CFからのコピー時にエラーになってすべて喪失・・・orz 最近、マジでツイてません)

2時過ぎに目覚まし時計をかけて寝たのですが、見事に爆睡していて、あれ?なんでこんなところに・・・?と思ってしまったくらいです。
月が思った以上に明るい。
SE赤道儀側は、M27を撮らせるとして、オライオン側も、被写体を変えたんだったかな・・・
眠気に負けつつ、再び、車の中で仮眠。ちと寒い・・・気温は10℃くらいまでは下がったのかも。
電気毛布持ってくるんだったーと思いつつ、3時半に目覚まし時計をセット。
明るくなる頃にフラットを、というのが一番ですが、できたら、パンスターズ彗星は、SE赤道儀側で捉えられるなら、撮りたい・・・。

しかし、一応、赤経・赤緯を彗星の場所に持っていっても見当たらず・・・。
うーん、、思った以上に彗星が低い上に、高度20度までは木々が邪魔しており、この場所から撮るのはちょっと無理みたいです・・・。

さすがに疲れているので、フラットを撮らせつつ、1時間ほど仮眠。
5時過ぎに片付け始めました。夜露で機材がびしょぬれだったので、陽射しで少しでも乾かせたいというのもあったんですけどね。
6時8分。片付け終わって、ぼうらやを後にしました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ