FC2ブログ

記事一覧

星ナビ7月号入選

星ナビ7月号になんとか入選でした。
入選したのは、先月、落選したと思っていた、回転花火銀河M101。
自信作が落選したと、落ち込んでいただけに、ちょっと嬉しい。


星ナビ7月号入選作 回転花火銀河 M101

半自作CMOSカメラでM101を狙ってみました。1枚あたり6秒ではラッキーイメージング効果は期待できないと思ったのですが、冬の悪シーイングの中では6秒露光でもずいぶんと星像に違いが出ることに驚かされました。
目視とステライメージの評価値計算を駆使して選別した結果、思った以上にシャープな画像になったと思います。

1席のぴんたんさんの作品と比べると、背景濃度も同じくらい、表現というか、テイストもほぼ同じ感じで、プリントが浅くて落選したかなぁ・・と思っていたのもあって、連勝を続けてる方と同じ雰囲気が出せているのは安心感があります。

天文ガイドは見事に撃沈でした。
ん、フォト蔵が調子悪い?アクセスできないので、後日、忘れなければリンク張ります・・


天文ガイド撃沈作 DeepSky NGC4000付近 オライオン30cmF4反射望遠鏡 withパラコア2 SXVR-H694 冷却CCDカメラ

NGC4000付近の銀河達です。エッジオンあり、衝突銀河あり・・の面白い領域です。
流石に、これは、入選しませんか・・・
DeepSkyネタは他にもいくつか持ってるのですが、やはり、地味ですかねー・・・orz

あと、前々から薄々と気がついていましたが、ぼうらやさんだと、シンチレーションが悪い。
自宅撮影の方が、ずっとシャープに写ります。
これは流石に参っちゃいますね・・・。獅子ヶ鼻公園だと、シンチレーションは良いのですが(ダメな時は全くダメな時がありましたが)、そのかわり、今となっては、空が、明るすぎます。
福田港は、夏~秋の感触だと、シーイングは良さそう。冬場は・・・海ですからね。風でダメでしょう・・。
春野山の村も、残念ながら、尾根沿いのせいか、極めてシンチレーションは悪い・・・。春は良かったという記憶もあるのですが、たいてい、オライオンを持っていくと、ガッカリすることが多かったです・・。
天竜の森は、若干、峰からは下がった位置なのですが、シーイングが悪い・・という印象はない。
そうすると、遠征するならば、やはり時間はかかってでも、暗く、シーイングが良い天竜の森が、ベストな選択か。
まぁ、冬は封鎖されるので、無理なんですけどねー・・。


天文ガイド撃沈作 NGC6164-5  オライオン30cm反射望遠鏡 パラコアⅡ使用 ALICE-Ⅱ 半自作CMOSカメラ

超低空の輝線星雲を狙ってみました。
OIIIでも取りましたが低空の散乱で全く写らず、、、

超低空にある輝線星雲です。ぴんたんさんが、昨年、南天遠征して撮影されてこられた際に、この星雲を実に美しく捉えられていて、その刺激を受けての撮影です。
OⅢも撮影したのですが、全く写りませんでした。短波長側は散乱の影響が大きくなるからと輝度も低いのかも?
遠州地方は、やや緯度が低いことに加え、低空の見通しが良い場所が多いこともあって、こういった低空の天体を撮るのには案外適しています。福田港以外は、光害による汚染覚悟での撮影になるのですが・・・

この天体は、福田港で、再チャレンジしてみる必要はありそうです。
まぁ、落選したとはいっても、個人的には、全力を尽くしたという満足感はあります。
次は福田港で、800mmクラス、CMOSカメラで、狙ってみたいですね。
Nikon1957さんもそうだと思いますが、南低空の天体は、なかなか上手く撮らせて貰えないだけに、実に、撮影意欲を掻き立てられるものです。

と、いう流れで(笑)
星ナビ不採用作も紹介します。


渦巻銀河NGC4945 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコアⅡ ALICE-Ⅱ CMOSカメラにて。

前々からステラナビゲータを見て、明るい大きな銀河がいるなぁ・・と思っていたので、思い切って狙ってみることにしました。
超低空ながらもなんとか渦巻銀河らしい姿を捉えることができました。

この銀河、個人的には、結構好きで、昔から狙っています。
古くは、2000年頃。CV-04L冷却CCDカメラで撮ったり、ST7EとR200SSで1分ノータッチガイドで撮影したり、と、あの手、この手で、撮影しています。
低空ながらも、大型銀河。そりゃあ、燃えますよね。今回の撮影がもちろん、ベストの画像ですが、もう少し、クオリティアップは図りたいところです。
いつか、福田港でリベンジ?んー・・・。大気差の影響は海の方が大きいのも痛感しているからなぁ・・
ちょっと、いい手は無いかも。
色彩は、やはり低空なので、青が散乱されてしまい、綺麗な色にはなりません。
ただ、海外で撮影されてきた作例を見ても、やや青色成分に乏しい銀河ではある印象です。


ケンタウルス座A オライオン30cm反射望遠鏡 パラコアⅡ ALICE-Ⅱ CMOSカメラにて。

この天体を狙うなら、低空まで空の澄んだこの時期しかない!と考え、ケンタウルス座Aをラッキーイメージングで狙ってみました。
今年は寒気が長く居座ったせいか、3月頭でも低空まで透明度に恵まれたのがラッキーでした。

ま、ラッキーイメージングと、3月まで透明度に恵まれたことをラッキーと掛けたんですけどね(笑)
先月号だったかな?天文ガイドのビギナーの部に、同じ対象が掲載されていたのもあって、星ナビに応募していました。
まぁ・・・応募が遅れたといえども、採用の目はないだろうと思っています(上のNGC4945も)。
やはり、星像はシーイングのせいで甘め。とはいえ、ASI120MMでも撮影したこともありますが、これ以上はなかなか難しいかも・・。
あとやるとしたら、天竜の森で、いつか再チャレンジでしょうか。


なんとか1作品、拾って貰えましたが、なかなか厳しいですね。
とはいえ、今回は、NGC6164-5や、NGC4000付近、NGC4945と、いった撮りたかった天体を撮ることができて、満足感は高いです。
ただ、NGC6164-5は国内からの撮影はほぼ見ないので、コンテスト的にも少し期待していたので、ちょっと残念でした。
さすがに珍しい天体、というだけではダメみたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

入選おめでとうございます。
見応えのあるM101ですね(o^^o)

ちょっも前までは、ディープスカイにCMOSは不向きなのではと思っていましたが
最近のカメラの性能を見るとなかなかどうして、というか冷却CCDよりも伸び代があるように感じます。
木星を頑張って撮ってみたら、余計にそう思うようになりました。
銀河のシャープな像を得ようと思ったら、ラッキーイメージングがいいかもというか、確信めいたものがありますね。

No title

> ふにゃ太郎さん、こんばんわ。
ASI120MMでも、QEが高くて、ポテンシャルはありましたからね~
昨今のSony製センサー機は目をみはるだけの性能があると思います(ウチのALICEはS◎nyではありませんが・・)
カラーのASI224MCもカラーカメラとしては高感度だと思います。
IMX174など、ピークQEが78%ですからね。銀河なども余裕で撮れるだけのポテンシャルがありますし、実際、海外では凄い作例があります。
ぜひ、ふにゃ太郎さんもやってみてはいかがでしょうか~

No title

入選 おめでとうございます
やはり高くて暗いところはいいですね。天竜の森は冬行けませんが、家老平は行けますよ!1月にノーマルタイヤで行って来ました。とっても寒かったですが・・・

No title

UTOさん、星ナビ入選おめでとうございます!最初見たとき、おや??・・確かUTOさんが先月落選と記事にされたので”ラッキーイメージング”の訴求が足りなかったのでは?とコメントしたM101だったからです。だけど選者はちゃんと見てくれているんですね~。それともUTOさんの先月の記事を見て”あ、いけねぇ~ラッキイメージングじゃん!”て気が付いたのかも!?(笑)

No title

星ナビ入選おめでとうございます。
それにしてもどれも素晴らしいですね。これら全部入選することは紙面の制約から無理でしょうが、どれも入選してもおかしくないレベル。入選するかどうかは運もあるんでしょうか....
ラッキーイメージングいいですね。大口径望遠鏡ならではの撮像方法ですが、系外銀河は今後これが標準的な撮影方法になるかも知れませんね。

No title

星ナビ入選おめでとうございます。
M101とてもシャープですね。冬場のシーイングの悪い時期でも撮影方法や処理を工夫すれば良い画像が得られるというお手本だと感じます。
個人的にはNGC4000付近は気になりました。たしかに地味だけどこんな銀河の集まりは面白いですね。

No title

こんばんわ☆
お久しぶりです

入選したお写真
回転花火って感じで
華やかですね~

明星ちゃんも大きくなられましたね
お父さんの愛情感じるお写真にほのぼのしました

健康第一、無理せずお大事にしてくださいね

No title

エムティです。
入選おめでとうございます。またまたマニアックな対象を狙ってますね余裕でしょうか。なんとなくCMOSカメラの性格が判ってきたような気がします。私のIMX174ではラッキーイメージングは明るい対象でしか難しいですが露光時間を延ばす(せいぜい10秒ですが)ことで銀河の撮影はできそうです。ラッキーイメージングをしたいためにGAINを上げる事は間違ってたようです。
なかなか写真展にお邪魔できないですが日曜に行けそうです。凄く楽しみです。

No title

> tez*024さん,こんばんわ。
冷静に過去データを見ていくと、色ノリといい、シーイングといい、やはり天竜の森が一番ですね。ただ、シーイングは、ダメな時はダメみたい・・?
家老平も、もう、12年行ってないなぁ・・。なんだか懐かしいデス。
そろそろ1度行こうかなあ。

No title

> ☆シュミット☆さん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
ボクも、てっきり、Sora-canさんの作品とカブったので、ああ、落選したんだなぁ・・と思ったのですが、無事、取ってもらえました。
送るのが遅いのが原因なんでしょうねぇ、きっと (^^ゞ
でも、やっぱりカブっていたら、Sora-canさんの作品と競合していたので、まさに、ラッキーでした。

No title

> のんたさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
ラッキーイメージング、自分の不安定なシステムだと、改善効果が大きくみられるので、なかなかに悩んでしまいます。
CMOSのクセにまだ慣れてないのもあって、どう撮るのかも含めて、絶賛悩み中・・。
いや、まぁ、ALICEⅡのこのポテンシャルならば・・とは思うのですが・・・

フォトコンテストは、最近、銀河も、ライバルが増えてきて、ちょっと嬉しい反面、やっぱり、なかなか入選しにくくなってきちゃいました。
でも、多くの人が銀河も撮るようになったのは、やっぱり素直に嬉しいなぁ。
ボクも負けないように頑張らねば!!

No title

> ななこさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます~。
明星も大きくなり、生意気になってきました(笑)
ホント、健康第一ですよね。今年はどうも体調に優れず参ってマス・・(;´д`)トホホ…

No title

>ナイショさん
近況報告、ありがとうございます。
なにげに、こういうの嬉しいです。

ウチはまだまだ、これからですが、頑張ります(`・ω・´)ゞ

No title

> エムティさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
一応、撮りたいモノを撮ってるのですが、そこに条件も鑑みて・・と、なり、気がついたら、この3月からはCMOSのテストを兼ねて南低空の天体を撮ってました(笑)
ポテンシャルはあるんですけど、、、苦労に見合っているかと言われると・・と、絶賛悩み中です。

ゲインは、ダメでしたかー。なんとなく、個人的にもあげたくはない(旨味が無い)と感じてはいるので、恐らく、自分も上げることはないと思うのですが、ただ、アナログゲインも馬鹿にはできない面もあると思うので、ボクの方も、もう少し調べてみる予定でいます。
ただ・・・たぶん、天体写真撮影に於いては意味がないだろうなとおもってます。
フォトンカウンティングする訳ではないですしねぇ・・
やはり、ゲインは0設定が、ベストな気がするんですよね。
あげればあげるほど、シビアになるので、光害地では特に、不利になると想像します。

写真展、ぜひ、いらしてください!やはり、来られるなら、AM中ですよね?10時頃でしょうか?

No title

こんばんは
星ナビ入選おめでとうございます。
いつもながら遠い銀河の画像処理は素晴らしいですね。
大きな画像を掲載していただけるので勉強になります。
最近、拡大してあちらこちらと眺める習慣がついてきました(^^;
M101は腕のHαが綺麗で感動しました。
なるほど採用だと納得です。
僕的にはケンタウルスAに更に感動しました。
高度が低いのにここまでしっかり描写できているのは凄いと思います。
ラッキーイメージングはいいですね。
極軸合わせ次第ではガイドいらないですね。
梅雨に入ってしまいましたが、開けたら本格的に色々試してみたいと思っています。

No title

星ナビ入選おめでとうございます(^^)
HII領域が小宇宙の中心から続いていて、素晴らしいです。
また、明日、遠天写真展見に行きます。
今から楽しみです(^^)

No title

> タキさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
それがですね、写真展のアンケートのコメント欄に、銀河が不自然なのは意図してのこと?と書かれていて、そりゃあ・・・意図してやってますけど、できるだけ自然にやってるつもりでいたので、地味にショック~でした(笑)
でも、M63を見るとご指摘の通りで、なるほどなぁーと思いました。
まだまだ、修行が足りないようです。

ラッキーイメージングはいいですよ。極軸も、CMOSなら、ズレていた方がいいです。一方方向に動いていく=固定パターンノイズ(縦縞・横縞)緩和になりますから。

ボクも梅雨明け以降は、システム構築に取り掛かりたいところですが、どうなるかなー・・

No title

> Yan Kanaiさん、こんばんわ。
道もありがとうございます。
午後にかかる時間帯に来てくださるとハルカイさんも当番ですし、多分、ボクの方も、PMから行くと思います。
とはいえ、会員の素晴らしい作品が今年も処狭しと並んでいますので、時間帯は気にせず、ご都合で来ていただければ嬉しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ