FC2ブログ

記事一覧

直虎記念館に行ってきました。

さて、今日は遠天観望会の日!
でしたが・・・・お天気はイマイチそうです。

朝は、眼科に行ってきました。緑内障の疑いがあるので眼底圧力検査。コレ、すっごくニガテ・・・。
たぶん、値は高めだったと思うのですが、今回は、教えて貰えませんでした。
それから続けて視野検査。
これで、視野欠損があると、緑内障だそうです。
目が細いのもあって、右目はまぶたでアーティファクトが出ていましたが、問題なし、とのことでした。
美人の女医さん(年齢は同じか少し若いくらいだと思いますが)が、アーティファクト、なんと言ったらいいのでしょう・・・?と迷われてましたが、言いたいことは判ります。
判定に加えたくないデータというか、映像で言えば、偽解像とか、、天文だと、ST10XMEのマイクロレンズによる星の上下のヒゲもアーティファクトといいますね。まぁ、言いたいことは判ります、と伝。

で、その女医さんから、他にも問題が見つかりまして・・・と言われて、ドキっとしましたが、ドライアイです、とのことで、ちょっとホッとしてみたり・・・。
結局、視野欠けはないので、女医さんの言葉を借りれば、なんといいましょう・・?緑内障予備軍とでも申しますでしょうか、とのことで、経過観察になったのでした。
視神経の一部が弱いのは前回測定済みですからね。そういえば、Canonのデジタル一眼レフが装置に装着されてました。この分野でも、Canonが強いですねー・・!

午後からは、嫁さんの両親が来浜されるので、浜松駅に迎えにいきました。
それから、やはり、今、浜松といったら、ここでしょう!

直虎記念館 


入り口のところで、写真を撮ってもらいました。小さなサービス版(以下)のものは無料ですが、大きなサイズ(2Lですね)は、1200円也・・・。
悩んだ挙句、お義父様のご意見で、買うことにしました。
まぁ、記念ですものね!


直虎記念館は基本的に写真NGで、唯一、このホールのみ、写真可、とのことでした。
んー・・・内容は、個人的には割りと楽しめました。
でも、600円は割高感があるといえばあります。500円、ワンコインなら、大抵の人は納得すると思うのですが。
今の期間は、直虎ちゃんのバッグも貰えたことも考えると、満足度は高かったです。
まぁ、自分が子供の頃、歴史好きだったというのもありますが、思ったよりは楽しめました。
お義母さんやお義父さんも楽しんでくれたようでなにより、です。

嫁さんは少し前のネット情報から、相当混んでるのではないかと思ったそうですが、やはり(?)、結構空いてました。これでも、個人的には多いなーと思ったくらいですが(笑)
まぁ・・真田丸の後釜としてはちょっとキビシイよねぇ・・。


その後、お隣の、気賀関所に。
姫様道中の時は無料で開放されているのですが、普段は有料です。でも、直虎記念館が開催されているときは無料、とのことでした。
それにしても、君たち、似合い過ぎ(笑)
でも、明星には、虎松や出世大名家康くんにあやかって、出世して欲しいものです。


さて、その後、お義父さんの要望もあり、土用丑の日が近いこともあり・・・

うなぎやさんに行きました!(∩´∀`)∩ワーイ

嫁さんがググった本命のお店は、なんと、うなぎが完売!!ということで、だめでした。
それなら、次善の策、ということで、浜松方面に向かっていたのですが・・・。たまたま姫街道沿いにあるお店が車で一杯というのを嫁さんが発見して、急遽、Uターン!
実際、食べログの点数は、行こうとしていた浜松のお店よりも良かったです。(と、いうのを駐車場で確認)

うな重(松) 

いやー・・・美味しかったです。
食べログにも記載がありましたが、皮はパリッと、身はふわっと。絶品でありました (`・ω・´)ゞ

なんだかんだで、帰宅してきたのは、20時頃。昼間は晴れ間が多かったですが、見事なドン曇りです。
天竜の森観望会は、敢え無く、中止となっていました。
このお天気ではねぇ・・・。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

奥さんのご両親にも良い思い出となったでしょうね^^
うな吉さんですが、昔サラリーマンだった頃この辺りに勤めていたので、来客があると接待でよく行ってました。
当時は絶品だと感じていましたが、まだまだ味は落ちていないようですね。
また行ってみたくなりました^^

No title

> blueberryさん、こんにちは。
2,3年程前に、来られた時は浜松の桂川につれて行ったのですが、うな吉さんの方が断然美味しいです。磐田市にも大原家があり、こちらも桂川よりは上で、価格的にも、良いのですが、味で考えると、うな吉さんの方が断然上ですねー。

味は絶品ですが、17時開店直後にもかかわらず、駐車場は1台しか空いてなくて滑り込みセーフ!!
今でも大人気の様です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ