FC2ブログ

記事一覧

終了・・

さて、Column Latteで書かせていただいていたコラムですが、この度、終了の運びとなりました(打ち切りともいう 笑)。
うーん、ちょっと昨年からの家の建て替えもあって、なかなか書けなかったのもありますが、この数ヶ月はちょっと書くモチベーションが上がらなかったのもあり、仕方ないかなーという感じです。
最後の執筆はさせてくれそうでしたが、まとめるような内容を書いてきたわけでもないから、まぁいいかなーと、そのまま終了ということにしました。(でも〆くらいはした方が良かったかなぁ・・)
いざ、なくなるとなると、ちょっと寂しいなーという気にもなってくるので、勝手なものです (^^ゞ

もちろん、反省点もあり、
もう少し、長期的な視点から、記事をプロットして書けば良かったと感じたこと(最初、どのみち6回程度、半年で打ち切りだろうと思ってたのもあって、最初数回はちゃんとプランニングしてましたが・・・)
書きたいネタはあったのですが、そのための下準備(写真)が大変で、時事ネタ、季節の星座紹介に終始してしまったこと。
あと、もう少し、宇宙開発と絡めての話ができると良かったと思うのですが、
なかなか天文分野や星空に興味を持ってもらおうとするのは、自分では力不足だなと感じました。

しかし、責任を持って文章を書く、ということは自分にとっても良い機会と勉強になりました。
最初は引き受けるかどうか、かなり悩みましたが、やってみてよかったと思います。

ちなみに、1記事、1500-3000文字程度で、1000円(但し、手数料を除く)(2年目はもう少し良いお金を貰っていた感じがします。人気があれば)で、実際に1つの記事を作るのに、写真の加工も含めて、だいたい5時間くらい?はかけていたと思います。
クローズアップ現代だったかで、こういうのを生業にしている人が増えているとかいうのを見た覚えがありますが、生計を立てるには、よほど人気が出ないと・・って気がします。

でも、短期間だったとはいえ、好きな事(=天体写真)が仕事、というのを経験できたのは、やっぱり貴重な体験だったかな。誘っていただき、担当になってくれたOさんには本当に感謝しております。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ