FC2ブログ

記事一覧

アトラクス始動

今日は、夕方から快晴!
しかーし、GPV予報は思わしくない・・・
さて、どうしよう・・?と思っていたら、GENTAさんから、衛星画像だと晴れそうだよ、とのこと。
うーん、まぁ、アトラクスも未だに稼働状態まで持っていけてませんしね。
アトラクスの極軸合わせくらいはやっておくか・・・と、重たい腰をあげて準備開始。

バランスウエイトを庭の物置きから、持っていき、以前に作成したベランダの物置きに入れることにします。
スカイセンサー3Dは・・・あれ?・・どこやったかな・・・。と、ちょっと探してしまいましたが、無事発見!ε~( ̄、 ̄;)ゞフー 
なんだかんだで、結構、時間がかかってマス・・・

望遠鏡はMT160をセッティング。カメラは、ASI120MMでいいか・・・。
制御PCは、ThinkPad T400を使おうと思って準備(ドライバインストール)したのですが、Windows10が初期Verのままだったので、アップデートをかけておきます・・。

替わりに使うのは、無線LANが内蔵していないことから、主に遠征用と考えているFMV-E8290です。
シリ・パラ付きの貴重なノートPCで、動かそうと思えば、多分、パラレルポートの冷却CCDカメラ、ST7Customも動く筈・・・。
ただ、先日、ToupCamを使ったのですが、あのカメラの感度と手軽さを考えると、パラレルポート、転送1分!150万画素の冷却CCDカメラを使うか?と考えると・・・…( ̄ヘ ̄;)ウーン

スカイセンサー3D、使うのは1年以上ぶりになるので、ちょっと心配していましたが(以前、電源入らなくなったことがあったし)、無事、電源が入りました ε-(´∀`*)ホッ
さすがに、設定はクリアされているでしょうから、初期設定はやり直さなければいけないのですが、久々すぎて、手こずりました・・・。PDFにしておいた取説どこやったっけ・・・とか、ね。
うろ覚えでやってみようとしたのだけど、ちょっと無理で、1FのメインPCを立ち上げてHDDを探しまくりました。

さて、月も大きいのもあって、ホントにボチボチとしか進行していかないのですが(笑)
せっかくなので、先日のAsphericアイピース23mmで月面を見てみました。
やはり?周辺は若干流れるのが気になるかな、と思いますが、中心付近はシャープだし、悪くはないかなー・・

さて、ASI120MMを取り付けて、MaxImDLを使って、ドリフト法で極軸を追い込んでいくことにします。
まずは目視で、アトラクス赤道儀をだいたい北極星方向に向けて、あとは、ASI120MMでガイドグラフと移動する方向を確認・・っと。
南中前後の星を使った左右方向のみですが、なんだかんだで、15分程で追い込むことができたと思います。
上下方向は、前回撮影した時、つまり1年前ですが・・・極軸望遠鏡で合わせてあるので、さほど狂わないだろう・・・と、いう事を10年程前にベランダGPDさんに教わったんですよね。
実際、それでうまく行っている場合が多いです。

ただ、今回は、自動導入させてみると、誤差がちょっと大きい。
次回は、上下方向も検討した方が良さそうです。
あとは、やっぱり、パワーボードを2枚入れてある3Fと比べると、自重で若干、たわみが出ますね。
自分がいなくなるとガイド星が逃げる・・・。
うーん、そうすると、やはりTeamViewerなり、リモートデスクトップなりで、遠隔制御を検討した方が良さそうです(確か、E8290は、32bitOSながら、Pro版の筈・・・)


さて、そんなことをやっていると、21時半。
GPV予報どおり、雲が張り出してきました。
それでも、M57を一応撮らせたんですけどね・・・。フィルタ設定を間違えて、GreenのつもりがHαになっていて(ちなみに、同焦点ではないので、ピンぼけ・・・)、失敗しました、、、(;´д`)トホホ…

失敗ついでに、米OrionのNarrowBandフィルターのピント位置をチェックしてみたのですが、やはりSIIは大きくピントが違うみたい。HαとOIIIはまぁ、同焦点かなー・・・厳密には合わせ直した方が良いかもしれない。

ぼちぼちとですが、アトラクスの方も、準備は整ってきました。
あとは、今週末あたりに、FSC-203を実戦配備できるまでに持っていけるといいんだけど、、、お天気とやる気次第かなぁ・・。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

師匠、こんばんは。

今週の土曜日 満月でも撮影に行くつもりでしたが
生憎のお天気になりそうです
とても残念です。

また、チャンスがありましたら よろしくお願いいたします。

No title

> ミュートンさん,こんばんわ~。
こちらこそ、またよろしくお願いします!
それにしても、なかなか晴れてくれませんねぇ・・・困ったものです・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ