FC2ブログ

記事一覧

ダブル入選

今日は天文雑誌の発売日でした。
仕事を終えてから、GENTAさん家の近くの谷島屋さんに立ち寄ってみました。
ぴんたんさんのナローバンドの記事は丁寧に書かれていて、流石だなぁ・・と思いつつ、星ナビはゲキチンでがっくり。

星ナビ落選作 亜鈴状星雲M27 MIZAR 130SL改 D=135mm f.l=720mm F5.33反射望遠鏡 QHY5III178Cにて。
カラーCMOSカメラで亜鈴状星雲を狙ってみました。1枚あたり15秒でも十分写り、手軽に迫力ある星雲を撮ることができて楽しくなります。

CMOSカメラで、1枚あたり15秒に設定して撮影した、TNK撮影による亜鈴状星雲です。
口径13cm反射望遠鏡としては構造描写も良く写っているのではないか、と思いますが、さすがに口径が足りないか・・
それと、淡い部分は、さすがに、1枚あたり15秒では出てこない様です。累計時間としては、40分30秒なので、ちょっと不足気味、という面はありますが。
フォト蔵の2k画像を見ると、横縞の影響が若干みてとれます。
アナログゲインを上げることで、横縞・縦縞は緩和できる可能性があるので、次回はゲインを上げてみようと思います。

砂時計星雲M8 オライオン30cmF4反射望遠鏡 with パラコア2 ALICE-Ⅱ 半自作CMOSカメラにて

ラッキーイメージングでM8中心部にある砂時計星雲のディテールに迫ってみました。

M8中心部を狙ってみたのですが・・・先月号で採用作もありましたし、なによりも、光軸か?星像がひどかったので、敢え無く、ゲキチン。
画角も窮屈感がありますしねぇ・・
来年は、それこそ、ToupCamで、タイトル通り、砂時計を狙ってみようと思います。


バグ星雲 NGC6302 オライオン30cmF4反射望遠鏡 with パラコアⅡ ALICE-Ⅱ 半自作CMOSカメラにて

やや低空の難物ですが、思った以上に美しい星雲で、感動しました。

バグ星雲は、さそり座にある低空の惑星状星雲です。8の字星雲ほどではありませんが、その赤緯は-37°とかなりの低空で、なかなかシャープに撮れません。
そこで、ラッキーイメージングで1枚あたり1秒で撮影し、選別することで、ディテール抽出を試みました。
効果は限定的な気もしますが、皆無ではない・・といったところでしょうか・・・。
手間と時間がかかるのですが、こうして結果が出てくれると、ちょっと嬉しい。

天文ガイドには、もう1点。
CometFileに採用されていました (∩´∀`)∩ワーイ


C/2015ER61パンスターズ彗星とM45すばる  NewFD300mmF2.8L望遠レンズ フジ X-E1 デジタルカメラ

暗いながらも彗星らしい姿をみせてくれました。僅かな晴れ間での撮影でしたが撮れて良かったです。

星見丸でのファーストライト作品です。
すでに今月分(バグ星雲)は応募した後でしたが、透明度にも恵まれたこともあり、思った以上に良く写ってくれたと思ったので、少し悩みましたが(誰か撮ってるだろうし・・)、ダメもとで送ろう!と思って、慌てて送りました。
結果的に採用されて良かったです(封筒代と切手代がムダにならずに済みました ^^;)

星見丸でのファーストライトが入選ですから、こりゃー幸先が良いや (^◇^)
まだまだ、準備は整ってませんが、ぼちぼちと準備を整えていきたいなと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

天文ガイド2点入選おめでとうございます。
さすがのオライオン30cmの作品は手間掛けただけあって分解能よく撮れてますね。素晴らしいです。
すばるとパンスターズ彗星、僕も狙いたかったのですが、曇られて撮れず仕舞いでした。今年の夏は.....というか最近の夏は毎年天候不順でまともに遠征できた覚えがないです。自宅ですら撮れません。
夏から秋の星雲が全然撮れてないです。
来年は天気が安定しますように...

No title

おはようございます!
まーちゃるです。

ダブル入選おめでとうございます✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。
バグ星雲、このディテールで撮影してることが驚きです。
ラッキーイメージング+1秒露出とは…(๑⊙д⊙๑)‼
画像処理で死にそうです(笑)

No title

> のんたさん,こんばんわ。
どうもありがとうございます。手間がかかる分、ついついもう少し写ってくれれば、とか思うことはいろいろとあるのですが、自宅ベランダでやろうとすると、この方法に落ち着くかもしれません。
この夏はほんとお天気が悪かったですね。自分の記憶から辿ると、2003年くらいから夏はお天気が悪くなってきました。秋まで晴れないのは、GENTAさんやyamatomoさんと知り合った2008年以来かも・・。この年もホント晴れなくて、予報が悪くても獅子ヶ鼻公園に集まったりとかしていました。

No title

> まーちゃるさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます!
ナローバン道にようこそ?SAO+AOOで早速極められてらっしゃるなぁ・・と感嘆してしまいました。
ラッキーイメージングは撮影は楽でも後処理がどうしても時間がかかるので、かなり気が滅入ります。
それでも、良く写っていれば、楽しくなりますが・・。流石にちょっとトーンダウンしてます。
特にALICE-IIは監視用カメラだけに感度はいいんですが、縦縞とかムラとかいろいろと難しい問題も抱えていて、なかなか、このカメラに賭けるのはオッズが高いかなーと、でも、感度は捨てがたいし、と逡巡しています・・。

No title

双紙入選おめでとうございます。
自作cameraなのでモチベーションアップにもなりますね。
自作物はとんがった性能と引き換えになる部分があるだけに手間もかかるのは
仕方ないでしょう。

No title

> ビスタですさん、おはようございます。
肝心のセンサー部はタキさんにもお願いして金属パーツで作ってあるのですが、やっぱりたわみもあるのかも・・
センサーは大型で(1インチくらいある)、感度も高くノイズも少ないのですが、コンポジットしていくと出て来る縦縞ムラがなんとも悩ましいところです。
フラットが原因かなぁ・・背景光が少ないナローバンドの方が処理しやすいみたいだし、かといって銀河も撮ってみたいので位置変えて撮ったり、となかなかのじゃじゃ馬っぷりデス・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ