FC2ブログ

記事一覧

ひさびさの晴れ

さて、土曜日は、いいお天気でした。
とはいえ、朝方はかなり雨が降ったこともあり、遠征に出るのはチョット・・といったところ。
おまけに、風が強い!
こりゃーオライオンは無理だなぁ・・

あんまりやる気が出ませんでしたが、せっかくの休日前の晴天なので、ということで、ぼちぼちと準備開始。
イプシロン200があまりにもミラーが汚れていたので、まずは清掃を行いました。
時刻は16時過ぎだったと思います。

写真でも、ミラーにかなりホコリが載っているのが判りますが・・・
実際にはもっとバッチイです (; ̄ー ̄A アセアセ・

清掃後、笠井トレーディングの光軸調整読本を見ながら、よし!完璧じゃないかな?!
と調整が完了したのが、19時前。
そこからセッティング開始です。


イプシロン200 フジ X-A1 デジタルカメラにてパチリ。

これは翌朝、星見丸から写したものですが・・・
なかなかにイプシロンはカッコイイですね。アトラクス赤道儀ともベストマッチ!という感じがします。
さて、いろいろとトラブルもありました。
ガイドアダプタが、またしてもN方向のみ動作せず、、接触不良だとは思うのですが・・・
とりあえず、アトラクスの方は極軸がかつてない程完璧に合っちゃったので、赤緯方向は修正しなくても問題ないのもあり、そのまま撮影することに。
ただ、完璧!と思っていた光軸、これがねぇ・・全然ダメダメで、冷却CCDを付けて星像を見たら、あ・・・ダメだコリャ・・・。
ってワケで、レーザコリメータを使って調整し直しましたよ、えぇ・・。
この時点で、多分、21時くらいになっていたと思います。
風も強く、寒い・・!!
天体観測にはツライ季節になってきましたねぇ・・・。



さて、星見丸の方には、EM-200にGENESIS SDF屈折望遠鏡、それにST8300Mを使っての撮影テストを行いました。
透明度は良いものの、なにしろ風が強い。オライオンはとてもではないが・・・といった状況で、短焦点でもかなり厳しかったです(ブレ画像量産していました)
ST8300Mを使うのも久しぶり。これもいいカメラなんですけどね。。。
購入した頃のスキル不足もあって今一歩活用できていません。とはいえ、ST8XMEやST10XMEの様な、圧倒的な力を感じさせてくれるカメラでも無いのも確か。
ノイズもKodak製CCDにしては少ないですが、Sony製CCDに比べると・・・といった感じで、唯一の利点としては、フォーサーズフォーマットのやや広い視野、といったわけで、GENESIS SDF等と組み合わせてみました。

こちらも、ST8300M用のスライド式アダプターが見つからなかったり(惑星用に準備していたものを使って今回は撮影)、ACアダプタも見つからなかったり(ST402用のものを使いました・・・まぁ、それでもいいんですけど・・)
あとは、極軸を合わせた後に、何故かズレていたり・・・?(再度、合わせ直しましたが、その後の導入精度を考えるとまたズレたっぽい・・・)。
あとは、ST8300Mを新PCで使うのは初めてなので、ドライバのインストールからだったり、またまたCCDSoftが動かなかったり・・・etc、etc。
まぁ、準備不足なのが原因なんですが、それでも、サブカメラ用のLenovo T400で運用できる様にできたのは大きかったかな。

NGC253とNGC288 GENESIS SDF with NPR1073レデューサ ST8300Mにて。

こちらも、なんとか22時過ぎには撮影開始!前々から撮ってみたいなーと思っていたNGC253とNGC288を狙ってみました。
風が強くて、ブレブレでしたが、このコンビ、撮るのはほとんど初めて(・・・昨年、福田港でX-E1で撮った気もするのですが・・・データが無い・・・)なので、ちょっと満足感はありますね。

ただ、ST8300Mはスライド式フィルターでの運用なのですが、これが地味に大変なのを忘れてました・・
NFD328も同架して撮影すれば、色信号はNFD328+X-E1デジタルカメラ、輝度信号は、GENESIS+ST8300MでLRGB合成してしまえば、もっと楽で高画質になったのに・・ちょっと失敗でした。
フィルター交換で地味に大変ですし、仮眠もロクにできず・・・(;´д`)トホホ…
まぁ、また次回以降の課題としておきますか。
ただ、TeamViewerで1Fのこたつから見ていて、そろそろフィルター替えてこよう、など判断できるのは便利ではありました。
風は夜半過ぎて月が昇ってきてもまだ強く吹き付けてましたが、2時くらいに?やっと少し落ち着いてきた様でした。
まぁ、今回は、運用テストが出来たので、とりあえずヨシとしよう・・。
細切れ睡眠ですが、5時半に目覚まし時計で起きてきて、フラットを撮影しました。
夜は雨が降る可能性もありましたので、AM中に撤収しました。

あと残すは、ASC-11の再稼働テストかなぁ・・・。これも、ロボフォーカサーどこー!とか接続リングどうだっけ、、などなど、苦労しそうな予感デス・・・。
FSC-203、フラットシュミットカメラのテスト撮影もしたいのですが、加工しようと思っていたプレートが1枚なくなっていて、ちょっと参ってます。うーん。もしかしたら、昨年、引越しの時に勘違いして捨ててしまったのかも・・・_| ̄|○ il||li
バタバタしてたからなぁ・・・。とりあえず手持ちのアルミ板で再検討してみようと思います・・。

ST8300用のスライド式アダプターも探さなくては・・・です・・。

そうそう、星見丸からは、カノープスを見ることが出来たのも成果の一つかな。
望遠鏡ではフェンスでそこまで低空を狙うことはできないでしょうが、視界は良好です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

本当に久し振りの晴れでしたね。
里の方は風が強かったようですが、山は到着した時には収まっていました。
ガイド基板はyamatomoさんが作り直してくれているのでもう少しお待ちください。
プレートですが、前にいただいたのがあります。それの事かなぁ。使ってないので観測所に置いてあります。金曜日に行くので持って来ましょうか?
私の方も前途多難のスタートになりました。日頃のチェックをしっかりやらないとダメですね。

No title

> GENTAヽ(^o^)丿さん、おはようございます。
やはり山の方が、風は収まりますよね~

プレートは、やたら細長いやつだったと思うので、違う気がします・・。
ACアダプタは、2,3個は渡せると思いますので、観測所の面々でお使いください。

日頃のメンテナンスはほんと大事ですね。結局、オライオンのミラーも洗おうと思いつつ、やりませんでした・・(汗)

No title

上からのイプシロン、めちゃめちゃカッコイイですね。
使い込まれた感があるとことなど、達人の機材って感じが出ていて、渋いです。(^^)

No title

> kaienさん、こんばんわ。
イプシロンはやっぱりカッコイイですね。
黄色がいいよね~ (^^ゞ
昔の望遠鏡って、それだけでもサマになっている気がします。
MIZARのRS20Pのワインレッドや、日本特殊光学のNP185の水色、ミードシュミットニュートンのミードブルー、一時期のVISACやR200SSのグリーンマイカ。タカハシMTシリーズの旧色の淡い水色鏡筒なんか、ものすごくカッコイイですよ。
カラバリではないですが、望遠鏡ももう少し色気を出した方が良い気がします・・。

No title

UTOさん、こんばんは。
ん? UTOさん宅の図面知らないのですが、もしかしてダブルで撮影出来るようになっているのですか?
凄いアイデアですね。

No title

> のんたさん、こんばんわ。
一番最初は2Fでの撮影も考えていたので、ベランダは広くとってありますが、やはりということで、かなり初期の段階で、屋根裏部屋にベランダ設置の流れに。それでもベランダは広いままにしておいたので、結果的に、星見丸に2台(現状、NJPとEM-200)、2Fベランダに一台(アトラクス)の設置が可能になっています。

実際に3式フル稼働実験は、1回やったかな・・?一応、PCも中古で刷新して3式までは同時に使えるだけの機材があります。

ただ、2Fでの撮影は考慮してなかった為、電源も室内から持ってこないといけませんし、やはりパワーボードを2枚入れた3Fに比べると振動に弱いです。
3Fだと冷却CCDでほぼこれまでどおりの撮影が可能な様です。
まぁ、2Fからも冷却CCDで撮ってるので、イプシロンの800mmクラスまでなら問題なしです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ