FC2ブログ

記事一覧

アインシュタインの十字架

アインシュタインの一般相対性理論によると重力場中の光は曲がって進むことが述べられています。
光そのものが曲がるわけではなく、大質量の周囲では空間そのものが歪められる為、結果として光が曲がると考えられています(その結果として重力が生まれるということ・・らしい・・^^;)
 
このような大質量によって歪められた空間がレンズの役割を果たし、より遠くの天体が集光されて実際では観測困難な天体がより明るく観測できることがあります。
この天然の巨大レンズが、重力レンズと呼ばれています。
理想的な光学レンズではないため、像は歪んだり、複数個に分かれたりしますが、いずれにしても、より遠くの宇宙(より遠いということは光がとどくのに時間がかかる・・・つまりは宇宙誕生の頃の歴史を探ることになります)を知りたい観測者にとっては重力レンズというのは非常に重要な現象です。
また、実際の可視光で観測されている銀河団から計算される質量と、そこからシミュレートされる重力レンズ効果の大きさ、実際に観測される重力レンズで歪んだより遠くの銀河団の形状との差異から、重力レンズ強度を割り出し、見えない質量、ダークマターの分布を探る研究も行われています。
 
さて、この重力レンズを通すことで、アマチュアの機材であっても非常に遠くの天体を捉えることができます。
そのひとつが、アインシュタインの十字架と呼ばれるクェーサーです。
その距離はなんと100億光年の遥か彼方です。
ちなみに宇宙の果ては137億光年と言われています。
 
今夏は(安定して晴れないものの)シンチレーションと透明度に恵まれましたので、アインシュタインの十字架を写してみることにチャレンジしてみました。
 

VISAC CloseUp AC No2使用 約1400mmF7 ST8XME 5分×8コマ 
 
まあ、正直にいえば、はっきりと写った!とは言えないのですが (゚_゚i)タラー・・・
左下の緑色枠に拡大した画像を入れました。
辛うじて、重力レンズによる四重像があるような、ないような・・・心眼で見てください (^-^;)
 
こちらの大望遠鏡によるもの
と、くらべると極限等級の差は大きいものの(8.2m×4台ですからねぇ・・)、重力レンズ自体は位置もよく一致しているようです(画像の縦横が違いますけどね)
 
一応、個人的には満足。撮影しているときはあまりにも微妙すぎて、カラー画像は取得しなかったのですが、撮っておけばよかったかも・・・(^-^;)
綺麗な天体写真もいいけれど、こういうのも個人的にはとても好きです。宇宙の不思議やロマンを感じます。アインシュタインの一般性相対性理論を体現していることにも興味が湧きますし、なによりも、100億年前のかすかな光・・・・それを自らの手で捉えることができたという感動があります。
なんとか撮影できて良かったです。
 
さて、次は重力レンズによって歪んだ銀河、アインシュタインリングの撮影に挑戦かな!?
明るいものでも20等級ですので、困難は予想されますが・・・やるだけやってみようと思います。
この為にフォトコンテストを通して、スキルを磨いている様なものですし。
今は無理でも、いずれは・・と思います。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

天体写真って元々はこういう用途でやってる分野ですから当たり前なんですが、実際はなかなかこの手の撮像はしないですよね。
4重像があるようなないような。。。ってのも楽しいです。
今後も面白い観測やってくださいね~

No title

UTOさん

見えます^_^☆ご説明文を読んでから見ると、見えてくるって、
きっと、文章が素敵だからですね♪
お月見の時は、ハナミズキを聞きながら、お月さまのお写真を
拝見させていただいてました。日記にも書かせていただきました♪
今日はスキマスイッチのアイスクリームシンドロームが
流れています♪もう、溶けそうですね…('▽'*)
大好きな天体写真です。100億年前の微かな光、
この貴重なメッセージを目で見られる亊がうれしいです☆
UTOさん、スゴイ☆ありがとうございます(。→ˇܫˇ←。)~☆・*

No title

お~。4つあるって思えばありそうだし…。こういった画像を天ガの読者の投稿欄にで掲載してくれれば、面白いんだけれど、毎年同じ天体の写真ばかり…。どうせ来月の12月号は、M31(アンドロメダ銀河)が、2、3個掲載されて、それぞれ機材が違って、ドーじゃあーコーじゃあのコメントが目に浮かびます(笑。メジャー天体のサイクルメニューは、やめてほしいですね。マニアの雑誌なら…と思うのは私だけでしょうか?(コメントの返信不要です>UTOちゃん。独り言です。)

No title

おお!こんなものもアマチュアが撮る事が出来るんですね。
相対性理論の導き出す結果通り実際に見えるというのがすごいです。
むむ、私にはくっきりクエーサーが4っつ見えますよ!
100億年前の光を捉えられた事にポチです。ロマンですねー。

No title

おおおお!!!!これはすごいですね。昔、学生のころに相対性理論にはまった時期がありましたが、あくまでも本の上だけの楽しみでした。しかし、こうやって自分の手でそれを実感できるとは、本当に驚きです。UTOさんの天体の楽しみ方に対する見識の広さ、アイデアにはいつもながら敬服してしまいます。
もちろんポチです。

No title

あのアインシュタインの十字架がVISACで捕らえられるものとは思いもよりませんでした。
100億光年の光を捉えたUTOさんに文句なしに傑作です!

No title

adonoanさん、こんばんわ。
いやー、観測という訳ではないですけど、大天文台でしか写していないものが自分の機材で写せるかどうか、試してみるのもなかなか面白いですね。
写るかどうか判らないのですが、こういうチャレンジ系の撮影もたまには楽しいです。

No title

ろざりおさん、こんばんわ。
嬉しいコメントありがとうございます。

スキマスイッチ、すぐにはボクノートくらいしか思いつかないんですが、アイスクリームシンドローム、今度聞いてみます~

No title

階段男さん、こんばんわ。
いやーボクも雑誌のフォトコンはもっとバラエティに富んでいた方が面白いんだけどなぁ・・と思います。
昨年ははくちょう座X-1の片鱗を応募してみましたが、撃沈でした(笑)
そうそう、地デジTVやっと付けました!
ついでに購入した地デジTVチューナも取り付けたし、やっと地デジカしました。
いいものを教えてくれてありがと~

No title

T-Fixさん、こんばんわ。ポチまでいただいてありがとうございますm(_)m
たまにはこういのも面白いですよね~
銀河はどれも小さくて長焦点でも米粒の様にしか写らないものも多いのですが、遥か彼方からのメッセージと思うと、俄然撮影意欲が湧いてきます。
散光星雲とはまた違った面白さがあると思っています。

No title

Eagleさん、こんばんわ。おぉ、相対性理論にはまっていたことがあったんですか!
いや~、実わ、ボクはブツリは苦手で・・・σ(^^;
相対性理論というとなんでもかんでもE=MC2だとばっかり思っていた時期もありました(゚_゚i)タラー・・・

最近は本を読むと5分で寝れるのであんまり読んでないのですが、たまに宇宙関係の書籍も読むと、勉強になるし、思わぬ被写体(?)をめっけることがあります。
ただ、宇宙論は仮定を前提にして話を進めていくので、あんまり読んでいて面白いな、という本は少ないかも。ダークマターも個人的にはちょっと、どうかなあ?と思っちゃいます・・・σ(^^;

No title

シュミットさん、こんばんわ。
本当になんとか?ですが、口径20cmのVISACでも写せました。

VISACはとても優秀で、直焦点での比較なら、最近人気のGS200等のRC系より優れていると思います。像面湾曲がありませんからね。
補正レンズ込みで考えると・・・RC系がいいかなぁ (^-^;)

No title

UTOさんの引き出しの多さにはいつも感心させれます。
重力レンズの効果をアマチュアでも捕らえることができるのですね。
鑑賞写真だけではなく天文ファンとして色々なことにチャレンジすることが、この趣味と深く長く付き合っていくコツですね。

No title

これは驚きました!アマチュアの機材で撮影したこともそうですが、この対象に着目して見事に結果を残されたことが何よりも素晴らしいですね。
心眼じゃ無くても四重像ですよ。宇宙の果てに近い、遙か彼方の姿を捕らえていると考えると感動もひとしおですね。傑作行きます!

No title

yamatomoさん、こんばんわ。
鑑賞写真だとある程度、写りを想像した上で撮影するわけですが、
写るかどうか判らない、こういうチャレンジ系の撮影の方が、結果が分からないだけに撮影する面白さがあると思っています。
オリンパスのE-300を使ってるのも、どこまで写るか分からないという点で面白味を感じてる面もあるのかも・・・(^-^;)

重力レンズですが、実はおおぐま座には難易度が低いクエーサーの二重像があります。距離は確か75億光年。14等級で離隔も割とあるので、そちらは銀塩写真でも撮影した例がありますね。

おとめ座の3C273だったかな?こちらも割と有名なクェーサーですね。こちらは重力レンズはありませんが、これはこれで今度狙ってみたい天体ではあります(距離は確か25億光年だったか・・と)

アインシュタインクロスも数年前の星ナビで国内で撮影された例が載っていて、ちょっとガッカリした覚えがあります(かなり昔から狙ってはいたので・・^^;)

No title

RUKUさん、こんばんわ。傑作ありがとうございます!
なんとか写せたのは、撮影/画像処理の技術があがったおかげかな。
実は、5年程前に挑んだ時は全く分離しませんでした。
今回、辛うじてでも写ってくれたのは撮影条件が良かったこともありますが、フォトコンテストを通じて、撮影技術が上がってきたからかなと思っています。

アマチュアが写せる天体としては恐らく最遠のものの一つでしょうね。100億年前というと、太陽系が誕生した時の光を眺めていることになるわけですよね~
宇宙って不思議です。

No title

こういう遠方の天体を自分で撮影するのも、天体撮影の醍醐味ですよね!まさに宇宙のロマンで、SF・星好きにはたまりません(^o^) 天文台で撮影されたのを比較すると、これまた面白いです。かなりよく写っていますね。100億光年の重みが感じられますね。私もこの手で掴んで見たくなります(^-^) もちろんポチです。

No title

ひろしさん、こんにちは。
遠方の天体の撮影は想像をかきたててくれるので楽しいですよ。
ぜひ狙ってみてください。
シンチレーションがよければ20cmでいけると思います。
あとはピントとガイド、焦点距離(ひろしさんの機材なら、直焦点2000mmが良い気がします)でしょうか。

座標軸はTheSkyより、
CGCG378-15 銀河 その他のID: PGC69457
赤経: 22h 40m 50.7s 赤緯: +03°23'04"
赤経: 22h 40m 26.5s 赤緯: +03°20'40" (元期 2000)
です。
クェーサーのID番号はQSO 0957+561A,B
となってるみたいです。

No title

あ、クエーサのID,間違えました。
QSO 2237+0305
みたいです (^^;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ