FC2ブログ

記事一覧

続・月夜の撮影

今日は会社の忘年会があったのですが、子供がどうなるか判らなかったのもあって、パス・・・
その大和くんですが、造影剤での検査も、問題は見つかりませんでした。
喜んでいいのやら、悪いのやら・・・ ┐('~`;)┌
なにはともあれ、また呼吸が止まることがなければ、月曜日には退院となるのですが・・・。

今まで先生が見てきて1、2ヶ月息が一時止まっても何も悪いとこが分からず、そのまま元気にいる子もいるって。
赤ちゃんはだいたい生後一ヶ月で成熟したと言われてて、大和はあと少しで成熟だねと。だから、もう少ししたら、もしかしたら呼吸が止まることがなくなるかもしれないよと。

とのことで。まぁ、ここまで見てもらって何もないので、健全なのかな~という気もしますしね。
逆に、自分の方が、不健康だわ・・(;゚Д゚)
いやー、、、40過ぎるといろいろとありますね。先週末に痛めた喉は多少良くなったのですが、菌がさらに奥にきて気管支がヤラれてマス。時々むせる・・・。昔はこんなことなかったんですがねぇ・・。
4,5年程前から風邪引くと、気管支(実際には人間ドックで見てもらったら肺っぽいですが・・)がやられて、長引きます。あーあ、トシとるといろいろありますねぇ・・。

さて、\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ

月がありますが、いいお天気でしたので、望遠鏡を展開しています。
大和が大丈夫だった?というのもありますが、そろそろ銀河の季節。
少し、モチベーションは回復してきたかな?

星見丸にオライオン30cm。2Fベランダにイプシロンを展開しています。
19時半まで仕事して、買い物をして帰宅したのは、20時半?
それから、準備して、2式撮影開始できたのは、23時半でした。
んー・・・時間がかかってるナァ・・。もう少し、効率的にできないものか・・
特に、大きなトラブルがあった訳ではないんですがねぇ・・・。

オライオンは、月がありますが、銀河巡りで、只今、きりん座の小さな銀河を撮影中・・。って、しまった、撮ろうと思っていた天体、間違えたなァ・・。子午線、越えてしまったか・・?
ま、銀河巡りと考えれば、それもいいか。

しかし、時折吹き付ける風で、オライオン側はブレブレ。おまけに気温変化が大きい様で、アルミ筒のオライオンではぼけぼけに・・・
対して、イプシロンは鉄筒。おまけに、なんだろう?この安定度は・・・。風があってもびくともしない。
鉄はアルミに比べて膨張率が1/3ということもあって、外気温が5℃変化しても(計算上)ピント移動は許容できます。それもあって、凄く、使いやすい (^^ゞ
ただ、バックフォーカスは異常な程、シビアーなので(タカハシ製品はそういう傾向が強いですかね)、ちょっとこのカメラテストしてみたい、とかだとダメなんですけどね。
ガチで使いたい時には、やっぱり、安定度の高さと性能の高さを感じさせてくれます。
何回か、売却も考えた機材なんですけどね・・・。(口径、焦点距離が他の機材とかち合う上、ちょっと、自分には肌が合わん・・)
二束三文で売る位なら持っていた方が良さそうです。

さて、そのイプシロン200ですが、ぴんたんさんのミルクポッド星雲を狙っています。
んー・・・画角的には、ギリギリアウト!でしたが、、、撮ったことがない天体、ということもあって、撮影しております。

あと、1年前に、Tezさんに購入していただいたAstronomikの半値幅12nmのOⅢフィルターを使っての初めての撮影だったりします。
このフィルター、本当は、Ou4を撮る為に購入したのですが、今秋はほとんど晴れなかったので、撮影できず、でした。
OⅢは、495nmと500nmの2本の強い輝線があります。
しかし、半値幅が10nm以下の製品では、このうち500nmにのみ注力しており、せっかくの強い輝線のうち、片方しか拾っていません。
これって、つまり、F値倍増とか、露出倍増と同じ事になるんですよ(当たり前ですが、強い2本の輝線のうち1本しか捉えないのだから)
あと、Hαに比べて、OⅢ、SⅡは半値幅が広い方が、星のカラーバランスは崩れにくくなるかな・・・
勘違いですね。Hαが輝線強度が強いので半値幅が広い方が、色バランス撮りやすいです。

もっとも、そのあたりはどう足掻いても、カラーシフト方式を導入しないと不自然にはなると思いますから、画像処理をマスターしている人にとっては気にしなくても良いか・・。

自分の手持ちフィルターのうち、最初期に購入したSchuler社OIIIは、やはり半値幅15nm?で、双方透過するタイプでしたが、ゴーストがひどいのと、経年劣化もあり、昨年のTezさんのお誘いで、ポチっていたのでした。

フィルターですが、やはりできれば、パラフォーカス、同焦点が望ましいです。
手持ちフィルターでは、Astrodon LRGB SAOがそうなのですが、フィルター自体が厚いので、ZWOのフィルタホィールでは、ブツリ的に干渉フィルターで、使えませんでした 爆
そのAstro丼も、SXVR-H694の4.65μレベルで見ると、フィルタ厚の公差で若干のピント移動は認められますし、ゴーストもGで発生します。
そう考えると、より安価で、豊富な種類のフィルターが揃っているAstronomikはなんとも魅力的。
今回は、OⅢですが、そのうち、LRGB, SAOを揃えたい気もしています。
多彩なフィルターワークが、自分の持ち味の一つですので、豊富な種類のフィルターがあるAstronomikは魅力があります。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます。
大和君、検査で何事もなくて良かったですね
退院まであとわずかですよ
早く新しいお家で寝かせてあげてくださいね。
元気にお遊ばせてください。 (床又は壁に穴が開いたら直ぐに修理いたしやす)笑

No title

> ミュートンさん、おはようございます。

どうもありがとうございます。
基本的には元気みたいなので、ホント、そろそろ退院して欲しいですねー。
さすがに入院が長引いたので、自宅への帰還も伸ばして3月末になりましたが、せっかくの無垢材の木のお家ですからね!大和にも早く戻ってきて気に入って貰いたいものです。
ちなみに、明星は、あかりのおうち♡、と超気にいっていますよ。
岡山でも、たまに、おうち帰りたいー!と言っては困らせているようです。


・・・飲み過ぎて寝過ごして、フラット撮り忘れました・・爆

No title

お久しぶりです、色々新郎があると思いますが、家族そろって
暮らせる日が早く来るよう願っています。
ママとお姉ちゃんも大切に。

No title

大和くん心配ですね。取りあえず検査で異常がないとのことなので、先生が言われるように、一時的なものでこれから良くなる可能性が高い気がしますね。

フィルターの件ですが、フィルターなら天丼がベストと思っていましたが、Astronomikも悪くないですか?

No title

> farm.Iさん,こんにちは。
ご心配、ありがとうございます。

さすがに、自分もちょっと気疲れしたかなぁ・・、仰る様に嫁さんの方が元気な姿をみているだけに、なんで?という面もあるようですが・・・。
明星の方はマイペースなのと、家で一人でいるよりも、お姉さんのお子さんと、遊んだりけんかしたり、と良い刺激を受けているようです。

No title

> のんたさん、こんにちは。
そうなんですよね、検査で異常が無いので、あとは健やかに成長してくれればと思っています。まぁ、まずは、無事、退院からですが・・

フィルターは、Astronomik、IR805も笠井で買ったので、持っていますが、いろいろなフィルタがあるので、魅力を感じています。
Lも、Clearがあったと思いましたので、実はそれが欲しい (^^ゞ
前にも書きましたが、最近はIRCutがほとんどで、赤外スルーのClearフィルターって少ないですよね・・。ST8,ST10XME時代だと、IRの感度もバカにできなかったので、SBIGなんかはClearでしたが・・

OIIIは、12nmは両輝線を透過するので、面白いと思いました。
でも、種類でいったら、それこそ、バーダーの方が豊富かな?
Hα半値35nm、OⅢ、SⅡは、8nmで組むと、ハッブルパレットの際に星の色で悩まされずに済みそうです。
フィルターも奥が深いので、行き当たりばったりで買ってると、結果的に後で利便性が悪くなっちゃいます、、、
ま、まぁ、当時は、そんな選択肢がなかったので・・と言い訳・・(^^

No title

おはようございます。お子さんの誕生おめでとうございます。
大和ちゃん、チアノーゼ出たのですか?軽い無呼吸も15秒以下なら問題ないようですが… 心臓に穴が開いている(意外に多い)、てんかん、もちろん無呼吸も成長とともに良くなることがほとんどです。(お医者さんがそういってました。)
なので、注意深く見守りつつも楽観的に考えたほうがいいですね。

Astronomikフィルターはゴーストが出やすい評判なのですが、皆さんどうされているのでしょう。Baaderは選択肢にはいりませんか(笑)Haはゴーストが出る場合が
あるようですが、私が使っているケース(E130+D810A)では問題ないですね。
1等星は写野に入れてません。フィルターの厚さはどこのメーカーも微妙に違うのでしょうね。

No title

> ビスタですさん、こんにちは。
どうもありがとうございます。
仰る通り、チアノーゼです。心臓も多分調べたんだと思いますが、どうなんだろう?てんかんは脳波測って問題なかったです。
今日1日、なにもなければ、明日退院です。

Astronomikはゴーストが出やすいと僕も聞いたことがあります。
バーダーだと厚さは2mmでしたっけ。
メーカ毎に厚みが統一されていると使いやすくて良いのですけどね・・。

フィルタ厚は公差で、たぶんJIS規格で±0.1mmじゃないかなーと思いますが、それはそれで、明るい光学系と高精細画素だとその差だけでもピントに違いが出ますね・・。

No title

月夜に限って晴れるのでナローバン道フィルタが欲しくなりますが、どこのやつで揃えたら
良いのでしょうね? 全メーカで同焦点にしてくれれば良いのに。クリアフィルタとしては
KENKOのプロテクトが安いし、L41で青ハロの酷い古い屈折が使い物に成ったりするので
KENKO(ホヤ)で揃えてくれれば良いのだけど。
半値幅12nmだとO3とHβが近過ぎて分離できないという問題も有るけど、それ以前に
月夜の夜空は魚眼で撮ると昼間のように「青空」なのでO3もHβもすぐ飽和してしまう。
Hαとか長波長の方がS/N比を稼ぎやすい。BaaderだとIR-passフィルタが有るので最近
これで挑戦してます。

光害Cutフィルタも赤外1100nmまで素通しのLPS-P3とかIDASさんから出してくれないかな。
反射光学系+等倍コマコレで赤外域を捨てるのはもったいないというのはSXV-H9の
ExViewHAD CCDで痛感してるので。

No title

余談ですが、ワイドバンドは大文字、ナローバンドは小文字のサフィックスを
ファイル名に付けてます。LRGBIW(white),a(Hα),b(Hβ),o(O3)ってな具合に。あえてC(Clear)
にしないのは監視カメラ用のYMC系フィルタを想定してのこと。

No title

> kob**995さん,こんばんわ。
個人的には、半値幅広めOIIIのAstronomikがいいなぁと思ったのですが、どうなんでしょうね?ZWO等も安価で魅力は感じます。
L41だと、厚み1.0mmで、Astronomikとは同厚ですから、案外いいかも?ですね。
IR-Passですが、うちのALICE-Ⅱが光害に弱いのが判ってきた(ムラが出る)ので、昔かったTTL-Rフィルターが光害カット兼ねて良いかなぁ・・と引っ張り出そうか悩み中です。
光害カット、昔のLPS-P1だと赤外線スルーでしたが、今更ですかねー・・

No title

> kob**995さん、こんばんわ。
ファイル名は、僕もLのままですね。赤外カットの時にはIRCと付けることもありますが、基本、Lは赤外スルーで撮ることが多いので・・
仰る様に、ExViewHADだと勿体なさすぎますからねぇ・・。ST8XMEやST10XMEのKAF系だとなおさらですが。

No title

大和くん、異常が見つからずまずはホッとされましたね。
自分の子供がそうだったので、チアノーゼと聞いて心臓の方を考えました。
しかし、心房・心室中隔欠損の場合は聴診器でもわかるくらいの雑音が入るのですぐわかるはずですから、それではなさそう。
子供は手がかかります。うちの長女は小学生3年になるまで、毎年入院していました。でも、今では一人で元気で東京で働いていますよ。
先は長いので、お父さん頑張れー!
とエールを送ります^ ^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ