FC2ブログ

記事一覧

2017年振り返り(後半)

さて、今年もあと僅か。
梅雨明け以降の後半戦です。

気象庁は、7月19日(水)、関東甲信東海近畿中国地方が「梅雨明けしたとみられる」と発表しました。
・・・・が、全然晴れないじゃん!!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
いや、マジで、今年は後半は晴れませんでしたねぇ・・・・・。

やきもきさせられている中、ミュートンさんの計らいのおかげもあって、遅れていた星見丸が完成!

早速、NJP赤道儀を設置します。が、晴れない・・・

そんな中、家族サービスで、平塚の七夕まつりに行ったり・・・

自分の方は同窓会に参加したり、

また、岡山から嫁さんのご両親が来られたのもあって、直虎記念館に行ったり

美味しいうなぎを食べたり・・

沼津港に行って、沼津丼を食べたり・・

韮山反射炉に行ったり

そのほかにも軽トラ市や会社の夏祭り、と、この夏は、かなり家族サービスが充実しました。逆に言えば、それだけ晴れなかったとも・・(; ̄ー ̄A アセアセ・

おっと、忘れちゃいけない?遠天写真展の時に、星景写真のY田さんから教えてもらい、一部で話題になった袋井のオムライスのお店、クロスロードに行ってきました。美味しかったです。
先日、少し前にTVでも紹介されてたなぁ・・・。ラジオでも話題になってました。



星見丸の方も、着々と準備は進めていきます。
更新したPCでの制御確認等をしているうちに丸1日費やしてしまいました。
2式展開しても、問題なく撮影できそうなことを確認。ただ、残念ながら夜は曇り。

こんな感じで設置してあります。今は、EM-200用のピラーは端にどけてしまいましたが・・
ようやく撮影できたのは、8/22日未明だったかな?

星見丸ファーストライト! パンスターズ彗星とすばる  NewFD300mmF2.8L望遠レンズ フジ X-E1デジタルカメラ

遠雷がピカピカしていて、おまけに夜明けには曇ってしまったので、2時間程度のわずかな晴れ間からなんとか捉えることができました。
透明度には恵まれたため、自宅からでも案外良く写ってくれました。X-E1の素晴らしい性能もあってこそ、ですが。この写真は、天文ガイドのCometFileに久々に採用!
星見丸でのファーストライトが見事に入選で、幸先がいい (∩´∀`)∩ワーイ

しかし、なかなか安定して晴れてくれません・・・
9月には、2Fのアトラクス用に物置も設置。イプシロン200用の鏡筒バンドやST10XMEの電源等をここに入れてあります。

あまりにも晴れないので、テストもできないのもあって、ポチリヌス菌が発生(笑)
まぁ、ALICE-ⅡとTrueTechのフィルタホィールだと、ケラレが出たり位置再現性が悪く、それも問題だったのもあって、思い切ってポチってしまいました。
Astrodonのフィルターだと厚みがあって入らないのは想定外でしたが ( ̄▽ ̄;) 

ついでに?ToupCamもポチ。まぁ、アパートにいる間にポイントサイトでためたポイントをAmazonギフト券に換金したのもあって、実質的に1万円くらいで買えました。
AR0130センサー採用、いいですよ、このカメラは。


M57 Orion30cmF4 直焦点 ToupCam L=2秒×53 RGB=2秒×15~30コマ程度

ドーナツ星雲 M57 オライオン30cmF4 直焦点 Astorodon Hαフィルター使用 2秒×34コマ。 

・・・雲間からの撮影なので、使えたのは僅かに34枚でした。相変わらず晴れない・・・。ZWO ASI120MMに比べると、Hα線に対する感度は確かに向上している感じです。あと、縦縞も、自分のASI120MMに比べれば薄いかな。まぁ、Aptina製センサなので、縦縞は出ますが・・・。
質の良さ、素性の良さは感じます。背景がカットオフされる問題はあるのですが、Hαフィルターでこれだけ写ってくれれば問題なし、か。

土星状星雲も、良く構造まで写ってくれていると思います。
それにしても、たった、2万円弱のカメラで、この撮影性能は驚きです。120万画素といえば、ST-8クラス。当時は130万円くらいしたものです。1画素1万円の時代でしたからねぇ・・・。自分もST7Eは、50万円出して買いましたし、転送はパラレルポートで、ST7Eなら、1枚送られてくるのに25秒。ST8Eだと、約1分待ち。
それがいまや、120万画素で、30fpsで撮れちゃう。QEも当時のST7Eより高く、ローノイズ、ブルーミング無し。これだけのカメラが2万円で買えちゃうなんて!隔世の感があります・・・。


さて、9月は卓球大会があり、チームは見事に優勝!2年ぶりの優勝でした。

打ち上げも楽しかったです! (^_^;)

さて、9月末からは、嫁さんは、出産のため、実家に・・・
久々のひとり。遠征三昧!!と行きたいところですが・・・相変わらず晴れねー・・(=`ω´=)凸

10月末にやっと晴れる様になってきました。遠征も行きたいところですが、星見丸での撮影環境の構築の方が急務。寒くなる前に、安定した撮影ができるようにしておかないと・・・

良く使うであろう、オライオンとイプシロン200+ST10XMEはなんとか撮影テストまで完了。
しかし、困ったことに、アトラクス側は、ガイドケーブルの接触不良か、N方向だけ信号が入らず、、、
NJP側のハンドルコントローラも、1年近く放置していたせいか、こちらも断線したのか、ハンドコントローラ側のEが入らず・・。もっとも、こちらはCielから制御する分には問題無しだったので、撮影に支障はありません。

NGC488 オライオン30cmF4反射望遠鏡 with パラコアⅡ SXVR-H694 冷却CCDカメラ L=3分×18、RGB=各3分×6

さしあたり、星見丸から冷却CCDカメラの撮影もこなせることが判り、一安心。厳密には星像崩れはあるのですが・・・それが風のせいなのか振動のせいなのかは分からない。とはいえ、ここまで解像してくれれば、個人的にはOkです。
CMOSの短時間露光とは違って、やはり冷却CCDで長めの露光時間を与えることで、背景の微光銀河も見えてきて、こういうの好きです。


X-E1にR64フィルターを使うことで、バンド幅が狭いHαフィルターになるのではないか・・・と思ってテスト撮影した時の1枚です。
そういえば、この時の画像、処理してないや・・・(Δ;・ Δ・)
月夜でも綺麗に撮ることができそうなことは確認できましたが、Hαパスフィルターになるのではないかという期待は外れました。上手くいきそうなら、撮ってみたい天体がありましたが、無理ですね。
でも、自宅でデジカメで撮っていくなら、こういうのもアリかなぁ~。
ただ、構図はちょっと窮屈ですね。モザイク・・はNewFDだと苦しいのですが、検討してみるかな・・・


NGC253とNGC288
こちらは、GENESIS SDF屈折望遠鏡とST8300Mとの撮影テスト。こちらも、ACアダプタが1個みつからない問題はあったもののST402用のものがあったので、テストしました。スライド式だとちょっとシンドイ上に、星見丸だと階段をあがるときにどうしても振動が伝わってしまうので、モノクロ信号はST8300、色信号はNewFD328+デジカメで行うのが良いかも。このセットは過去実績があります。しかし、うーん、ST8300Mは、遠征して使う分には申し分ない性能なのですが、光害がある自宅から撮るのには感度面でちょっと苦しいかも・・・。



こういういろいろなテストができるのも自宅ならでは、ですね。





10月末は、しょうちゃんの七五三祝いで、岡山に。

あかりもすっかりお姉さんらしくなってきました。

そして、11/4に、第二子、大和くん、誕生!
ただ、予定日11/17に対してずいぶんと早産だったこともあり、呼吸が止まる症状があって、結局まるまる一月入院してしまいました。
心配していましたが、今は元気そうでほっと一安心、といったところです。

大和くん、つぶらな瞳がステキ(笑)


11月半ばには、ALICE-Ⅱの運用していく上で、ASC-11との組み合わせテストも実施。アトラクス側は先に書いた様に、N側がガイド信号が入りませんが、ノータッチなら関係ないものね。

セイファート銀河 M77 
L画像は、2秒と6秒で撮影したのですが、結果としては、合成F値が8.9と暗かったこともあり、もういま一歩。
淡い部分、もう少し写ってくれると思ったんだけどなぁ・・
あと焦点距離が長くなっている分(約2500mm)、風の影響をうけて星像が大きくブレるものが多く、これを目視選別で排除しなければコンポジットも上手くいかず、、
K&Rさんの銀河ホイホイを真似ることができれば良かったのですが、ちょっと無理そうですね。
枚数多くても、全自動でコンポジットまでできれば良かったのですが・・・
次回は、クローズアップAC Pro1Dを使用して合成F値をもう少し明るくして様子を見てみたいとは思います。
とはいえ、やはり撮影時は手間でも、一昨年取り組んでいたSXV-AOを用いたシステム構築が正解かなぁ・・


さて、今年は、お天気がわるく、観望会はことごとくダメでしたが、星を見る集いでは、無事、雲間からになりましたが、月を眺めてもらうことが出来ました。


そして、シュミットさんのウィンターセールで、とうとう?40cmを購入!
ALICE-Ⅱとの組み合わせでどこまで撮れるのか・・・
暖かくなり、シーイングと風が落ち着いてくる春先から可動試験を行っていく予定でいます。
しかし、流石に40cmと30cmを2台だすと、ぶつかることが多くて、これはちょっと無理がありそう。
そうなると、ちょっと出番が難しい・・・
流石40cm!という映像が得られればまた話は変わってくると思うので、実戦テストが楽しみな様な、怖い様な・・・
まぁ、使えるところで使っていくつもりではいるのですが、ひょっとしたら即戦力になるかも?という考えは甘かったですねぇ・・( ´Д`)=3
あと、2台は出せる寸法計算なのは間違ってはなかったけれど、実際にはちょっと苦しい。
まぁ、テストを行う段階では、写真の方式でもいいか・・・。
コンセントが絡まりやすいのは、対応検討ですね。


ユネスコ浜松 科学教室 かわな天体観測会
こちらも、お天気が危惧されていましたが、予定を変更し、21時前にはなんとか星空を見せてあげることができました。カペラや二重星団を見せて喜んで貰えました。

それにしても、遠州地方は、例年なら冬は快晴が続くのですが、今年はこの時期になっても、お天気が不安定で参ります。


そして、あかりの七五三と、大和の一ヶ月祝い(実際にはもう2ヶ月近くになってしまいましたが・・)で、岡山神社へ。
着物をおとなしく着てくれたのはいいのですが、神社、なぜか怖いらしくマジ泣きして困りました。

いやー、それにしても、建て替え・引っ越し・出産、と、バタバタとした慌ただしい1年でした。
お天気も、安定度に欠けた1年で、辟易とさせられたものです。
その一方で、自宅が完成し、星見丸での撮影も、なんとか一通りの撮影は実施できることも確認できました。

冷却CCDの撮影も支障が無いとなると、ALICE-Ⅱのプライオリティは下がってくるのですが、そこはまた40cmドブソニアンでの撮影で、CMOSの持つ可能性を追求していきたいと思っています。
40cmならではの、系外銀河のディテール描写を否が応でも期待したくなりますが・・・(゚A゚;)ゴクリ
大枚をドブに捨てた(笑)なんてことにならないといいのですが。
それにしても、相変わらず茨の道を選んでるなぁ・・。
ま、ダメにしても、良い勉強です、やってみないと、どうしても期待を抱いたままになってしまいますからね。

そういえば、10年前も、JSOの22cmシュミットカセに期待していろいろとやってたなァ・・
あの時は移動できる大口径として、CATさんから買ったのでした。22cmF8.5。スペックだけなら理想的でしたが・・
シビアな光軸調整、流れる周辺像、難しいバランス、と、様々な問題があり、実戦投入にまで至りませんでした。
うっ、これって、GotoDobもまんまそんな気が・・・


でも、個人的には、もっと遠くを、もっと鮮明に捉えたい!と思っているので、やはりあらゆる可能性は検討したいんですよね。オライオン30cmでも、十分に満足の行く宇宙を見せてはくれるのですが・・・自分の手の届く範囲にさらなる可能性があるなら、やぱり、そこは追求してみたい。


なにはともあれ。来年もよろしくお願い致します。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

今年は本当にいろいろなことがあって大変でしたね。
しかし、大和君の誕生は、おめでたい事でした。
来年もよろしくお願いします。

No title

ご長男も誕生し、家も建てて、新機材も...
すごい充実した1年でしたね。
来年もよろしくお願いします。

No title

> GENTAヽ(^o^)丿さん、こんにちは。
今年は、ほんといろいろとバタバタした1年でした。でもだからこそ充実していたのかもしれません。
大和も元気になったようで一安心。
また家に戻ってきたら大変になりそうですが、自宅撮影で頑張ろうと思います。
こちらこそ、来年もよろしくお願いします。

No title

> blueberryさん、こんにちは。
ほんといろいろあった1年でした。
新機材は、果たしてどうなるか、未知数ではあるけれど、40cmの威力、期待したいところです。
来年はもう少しは落ち着いて撮影テストはできると思ってます。
こちらこそ、来年もよろしくお願いします。

No title

こんばんは
いやぁ~家じゅう望遠鏡だらけですね。
外から眺めたらひな壇みたいに見えることでしょう(^^;
40センチご購入おめでとうございます。
購入することを事前にほのめかしていただけたなら無償で手配できましたのが残念です。
つい先日、これと同じ機材を無償で差し上げてしまいました。

良いお年をお迎え下さい。
来年もよろしくお願いいたします。

No title

> タキさん、こんばんわ。
いやー、流石にタキさんには遠く及びませんが、それでも10本弱あります。
40cm、そうだったんですか_| ̄|○ il||li
また大口径が手に入ったら、ぜひお願いします (; ̄ー ̄A アセアセ・

こちらこそ、来年もよろしくお願いします。

No title

今年はカメラのこととか、色々と教えていただきましてありがとうございます。私もちょびっとだけでもレベルアップにつなげてゆきたいです。
また来年もよろしくお願いいたします。

No title

> kaienさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ボクも自宅からX-E1の活用も考えていきたいなーと思っているので、こちらこそいろいろと参考にさせていただいています。
今年もお互い、頑張りましょう!

No title

2017年お疲れ様です。なんだかんだと、確実に軍拡している辺りがさすがです。
40cmドブは総合科学博物館で持っている人がいて、何度か覗かせてもらったのですが、光害の少ない所でこそ実力を発揮できる、という感じでした。撮影だと又違ってくるとは思いますが…。また、色々参考にさせてください~。

No title

> 玄さん、こんばんわ。
大口径があれば町中でも良くみえるのではいかと思っていたことがボクにもありました(^_^;)
撮影だと大口径ならではのディテール描写に期待したいですが、果たしてどうなるか・・まぁ、やってみます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ