FC2ブログ

記事一覧

2誌入選!

今月は天文ガイド、星ナビとも2誌入選でした (∩´∀`)∩ワーイ
新年そうそう、縁起がいいです・・!
なーんて、言ってる余裕は全くないのが真実でして・・・。

天文ガイド落選作 NGC1491 SXVR-H694 冷却CCDカメラにて Hα、RGB合成

まぁ、Hαだけを追加しても、競争力のある作品にはなりませんねぇ・・・
やはり、ナローバンドを絡めるなら、少なくとも、あとOⅢを加えて色表現なり、構造表現に加えるべきかな、と感じました。
散光星雲はこの時期、激戦区。ちょっと敵わないか・・。

天文ガイド入選作 渦巻銀河NGC908 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2使用 SXVR-H694 冷却CCDカメラ

星見丸からの撮影テストの一環で撮影したくじら座にあるやや大きめな渦巻銀河です。
したがって、露出時間は短めで、L=3分×48コマ R.G=3分×6コマ、B=3分×4コマでした。
視直径は6'程ありますが、やはり迫力に欠けるのは否めません。
このような小さなマイナーな天体を拾っていただけてとてもありがたいです。
秋の系外銀河は南に低いものが多いのですが、頑張って撮影してみよう!という意欲が湧いてきます。




星ナビ入選作 NGC488 オライオン30cm反射望遠鏡 パラコア2使用 SXVR-H694 冷却CCDカメラ
L=3分×18 RGB=各3分×6コマ

こちらも星見丸でのテストの一環で撮影したNGC488が入選してくれました。
NGC908よりも、先にこちらの撮影を行っています。
9/25の撮影だったので、シーイングも良かったのでしょう。星像はシャープで微光銀河も良く写ってくれました。
前にも書いたようにうるさく言えば、星像が崩れているものもあって(一部は捨てて、一部はシグマクリップで対処)それが、風のせいなのか、振動のせいなのかは悩ましいところですが、いずれにしても、ここまで構造描写してくれるなら、個人的には十分満足です。

星ナビ誌は〆切が早いので、どうしても、自分の送付タイミングが遅いせいで、落選した作品も沢山ありそうです・・・ (; ̄ー ̄A アセアセ・

星ナビ落選作 NGC1360とNGC1398 GENESIS SDF屈折望遠鏡 NPR-1073レデューサ ST8300M冷却CCDカメラ

惑星状星雲と系外銀河の珍しいコンビなので、出すだけ出してみました。
この構図、本当は直焦点で撮った方が良いのですが、前々から撮りたいなーと思っていた天体なので、撮れただけでも良しとしておこう・・。
それにしても、スライド式フィルターは、ちょっと面倒でした。低空になってRGBを撮影したせいか大気差で色ズレも生じたし、あと、僕のスライド式フィルターはPENTAX Kなのですが、やはり横から力を加えると、マウント部で回転ズレが発生して宜しくありません・・・。


土星状星雲も応募しましたが、こちらも時期的に落選でしょう・・
うーん、CMOSカメラによるラッキーイメージングは処理に時間がかかっていけません・・・。
もちろん、それだけの価値はあるとは思いますが・・・

来月分として年末にM42中心部を天文ガイドに応募したのですが、今月号にmeade16inchさんの作品が掲載されており、タイトルも含めて完敗です。
CMOSカメラは多数枚で処理が物凄くかかってしまう為、以前の様になかなか複数の天体を送れないでいるので、1作品のみの応募がやっとだったのですが、もう少し、頑張って処理すれば良かったです・・(当初はマイナーな銀河ももう一作品、応募する予定でしたので・・。まぁ、入選するかどうかはアヤシイですが・・笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

2誌入選おめでとうございます。
新年早々からダブルは幸先がいいですね。UTOさんの画像は入選も落選もレベルが高いですから選者も大変でしょうね。
今年も素晴らしい画像を楽しみにしています。

No title

> モカのパパさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
なんとか拾ってもらえた感はありますが、やはり入選すると嬉しいです。
今年は自宅からの撮影になりますが、頑張ってみます!

No title

こんばんは!
まーちゃるです。

ダブル入選おめでとうございます!(^-^)
UTOさんの場合は落選というよりは1人1作だから選ばれなかっただけで、どれもこれも入選レベルです(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

ともかく年初から2誌入選とは幸先いいです!
今年のご活躍を予感するには十分です✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。

No title

入選おめでとうございます。
マイナー銀河で入選はうれしいですね。NGC488は撮ったことがあります。「おぉ、ここまで写るのか。」と思いました。この細いらせん、見ごたえがあります。

No title

> まーちゃるさん,こんばんわ。
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます。
カリフォルニア星雲、とても美しく素晴らしい作品でした。
画質では敵わないですが、NFD328+ST10XMEで撮ってみようと思います。Astrodonは厚みがあるので、CFW-8だと入らないかも、ですが・・・
いやー、入選されている方の、特に散光星雲の作品群には脱帽です。ハッブルパレットも含めて、敵わないなぁ・・と感じています。

お互い、今年も頑張りましょう!

No title

> g-logさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
マイナー銀河での採用はほんとありがたい限り、嬉しい限りです。
NGC488は、露光時間が短かったので、どうかなぁと思ってましたが、シーイング・透明度双方に恵まれた様で良く写ってくれました。

No title

新年から2誌入選おめでとうございます。どちらも初見の天体でまだまだ興味深い天体がたくさんあるのだと知りました。今年もブログ、誌面と楽しみにしています。

No title

新年早々のダブル入選!おめでとうございます。
どの作品もですが銀河の微細構造など解像度が素晴らしいですね。
・・やっぱり口径なのでしょうか?いやそれ以上に腕の差なのでしょうね。(^^)

No title

2誌入選おめでとうございます。新年から素晴らしい成果ですね^^
銀河はいろいろな形のものがあって本当に面白いですね。まだまだ知らないものがたくさんありそうです。
マイナーな被写体でも、それを入選させてしまうUTOさんの技術も素晴らしいです。
僕もいいものが撮れるようがんばります。

No title

> meade16inchさん、こんにちは。
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます。
着眼点がずば抜けていた作品で、流石です。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

No title

> kaienさん、こんにちは。
どうもありがとうございます。
シャープ系処理もふんだんに使ってはいるのですが、でも、やっぱり大口径の威力は絶大ですよ。
今晩あたり、たぶん、ブログ記事にしますが・・

No title

> blueberryさん、こんにちは。
どうもありがとうございます。
銀河は、ホント、いろいろな形のものが沢山あって、興味は尽きません。
ぜひ、Blueberryさんも撮影していってください。
処理がまだ途中ですが、面白いものも撮ってはあるので、後で遠天MLに流します。

No title

2誌入選おめでとうございます。
色々大変だったのに凄いですね。UTOさんのバイタリティーには感心しまくりです。

No title

> のんたさん,こんばんわ。
そういえば、11月だったので、ちょうど子供が生まれて、バタバタしていた時期でした。星ナビに採用されたのは10月末に送付した分でしたが、天文ガイドのはもうほんと11/25くらいにギリギリあげて送ったなぁ・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ