FC2ブログ

記事一覧

写真展のご案内

めっちゃ寒いですねー。
寒気が攻めて来ているようで、参ります。
それでも、晴れているのと、先日、土曜日の暖かな時に望遠鏡は星見丸に設置してあるので、今晩も銀河巡りを実施中。時折風があるようでブレてますが・・


さて。天体写真展のご案内です。
いよいよ、開催まで一月を切りました。中部天体写真同好会。
遙かなる星空-5

開催は豊橋美術館で行います。
今月号の天文ガイドで最優秀をとられた、渡部さんも名前を連ねております。
渡部さんは、昔は、NJP赤道儀に、自作改造された33cm反射望遠鏡を搭載し、クローズアップでの天体撮影もされてらした方で、言ってみれば、自分の撮影スタイル(オライオン30cm)のお手本とさせて頂いた、大先輩であります。

期間は3/6~3/11まで。
豊橋美術館にて、開催されます。
今回は、諸事情で、自分は参加していませんが(仕事が忙しい時期&大和も戻ってくる時期で、余裕がないのが明確でしたので・・・)、ぜひ、究極の天体写真展とはどんなものなのか。
興味がある方は、足を運んでください。


遠天なゆた写真展

さて、もうひとつ、遠州天体写真愛好会の天体写真展のご案内です。
なゆた浜北にて3/10~3/23まで、遠天ぷち写真展を実施致します。
作品点数としては40点程度になろうかとは思いますが、基本的に新作揃いの力作が集まると思います。
遠方の方はちょっと辛いかもしれませんが、
浜松駅から、遠州鉄道 新浜松駅→浜北駅 30分弱程度と、公共交通機関のアクセス自体は悪くありません。

自分の方も、5点ほど、用意してお願いしてきました(多分、こちらも現地には年度末で忙殺されて行けないです・・)

遠天本家写真展は、今年から場所を、磐田市中央図書館に移管して行うことになりますが、時期としては、10月を希望で出していますが、期間としては短くなってしまいます。

昨年、好評だった、なゆた浜北での写真展を今年も開催できる運びになりましたので、こちらの方も、ぜひ、拝見して頂ければ幸いです。


ついでに、ブログラムもやってますので、こちらも、宜しくお願いします m(_ _)m

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ