FC2ブログ

記事一覧

月夜ですが・・

だいぶ、暖かくなってきました。
帰宅時の車の温度計では9℃。
月はありますが、これくらいなら、ちょっと望遠鏡出して何か撮ろうかな?という気持ちにもなります。

もっとも、帰宅する頃には薄雲が・・・
まぁ、これはAstroGPVのお告げ通りなのですが・・・

さらに悪化したみたい Σ(゚д゚|||)ガーン
とはいえ、霞んでいる感じはあるものの、一応晴れてますので、先程撮影開始してきました。

さすがにこんなお天気ですから、ガチで作品撮ろうというわけではなく、ゆるーい感じで手軽に、ToupCamでテスト撮影でもさせてみるか、という感じでラッキーイメージングのテストです。
望遠鏡はMT160でもいいかなー・・・と思いつつ、やっぱり、どうせやるなら!と、オライオン30cmにしてしまいました。
まぁ、、赤道儀設置してあるから、労力ってそんなに変わらないんですよ。
さすがに、40cmドブソニアンは、この条件下では、ちと勘弁ですが・・

パラコア2のバックフォーカスを合わせるのにちと苦労しましたが、その間に雲も取れてきたし、真冬より、シーイングも若干は良くなってきてはいるのかな?という気がします。
うーん、でも、もう少し良くならないと、ちと厳しいなぁ・・。

カメラは、一発カラーのQHY5III178Cで撮るか(これだとひょっとしたら作品になるかも)、ToupCamで撮るかは、最後まで悩んだのですが、、、結局、ToupCamでどれくらいまで写せるかも含めて、テストという形にしちゃいました (^^ゞ
ファイルサイズ的にも、画像処理がまだしも、こちらが楽、ってのもありますけどね (; ̄ー ̄川 アセアセ

明日の晩には雨が降る予報ですから、朝には望遠鏡片付けないといけません、、、。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます!
まーちゃるです。

最近暖かい日が増えてきましたね(^-^)
暖かくなってきたからか、シーイングがいい日も多くなってきたように感じます。
まあ、それにつれて最近感じるのは、朝明るくなるのが早い!
つい先月頭くらいまでは仕事で家を出る頃はまだ薄明るい感じだったのが最近はすっかり明るい朝になってきました(ノД`)

こうして僕達の貴重な夜がこれからどんどん短くなっていくんですね(*꒦ິ⌓꒦ີ)

No title

こちら(kobe1995と言いつつ)奈良は一晩中快晴でした。透明度は悪いけど(薄雲が掛かってた?)
シンチレーションは良かった。新月期は悪天候なのに満月付近は晴れる不思議。
月明かりでバックグラウンドが明るいので作品には成らないですが、順調に撮影できました。
フィルタワークをIバンド、Hαを後ろに持ってくればまだ6時まで撮影可能ですね。
人間の目にはすっかり朝の青空なのですが。Baaderのナローは半値幅7nmなので
系内星雲には良くても系外銀河には狭過ぎるので、12nmのAstronomikを使いたいが
そうすると今度はIバンドが無い。
Naの590nmを避けてこれより短波長のCyanとHα,I,それに全て素通しのWhite(クリア)
が欲しい。Hαが写らない民生用のL(IR-cut)フィルタとIバンドでも良いけど、どこか
同焦点のフィルタを入手できないかな。

No title

> まーちゃるさん、こんばんわ。
ほんと、日が昇るのも早くなってきました。薄明でフラット撮っているのですが、そろそろ、5時40分起きでないと・・って感じです。

貴重な夜の時間が短くなるのはイヤですが、でも、寒いのもイヤだしねぇ・・(; ̄ー ̄川 アセアセ
ASI1600MMCoolの方は何か進展ありましたでしょうか?

No title

> kob**995さん、こんばんわ。
そちらは快晴でしたか!こちらの方は薄曇り&急速に冷え込んでピンぼけ量産している感じです・・
まぁ、Toupの作例は作れるんじゃないかなーと思って、後で処理するつもりですが、、、1/3型だと視野狭すぎて、DSSで自動コンポできないな、きっと・・(;´д`)トホホ…
Clearフィルターは最近、本当に見かけませんね。困ったものです。
Iバンドも貴重だし、個人的には、赤外線スルーのRフィルター(光害除去)も欲しい。シアンフィルターもあると、色表現が増していいですよね。
特に彗星のイオンテイルには効果大だと思っています。
エドモンドはシアン売ってますが、未だに赤外スルーでしょうかね・・(これはこれで困る・・ ^^;)
フィルターワークをフルに駆使したい僕らには、同厚の様々な特性のフィルターが欲しいところなんですよね、、、
TTL社とIDASは同じ1.1mm厚なのですが、最近の画素ピッチが高精細のカメラに使うとちょっぴん(ちょっとぴんぼけ)になりました、、、
同焦点だったら、使い勝手が良い組み合わせが出来たのですが、、(。・ω・。)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ