FC2ブログ

記事一覧

W入選でした!

いやー・・大和くんにミルクをあげてると自分の方が寝てしまいます、、(; ̄ー ̄川 アセアセ
まぁ、年度末の疲れも抜けきってないのかも、ですが・・・
と、いうわけで、少し遅くなりましたが。
天文雑誌5月号、2誌入選でした!!

星ナビ、天文ガイドとも、中天のメンバーが大活躍の5月号でした。



天文ガイド 5月号採用作品 スターバースト銀河NGC3310
腕が淡く難しい天体ですが、面白い姿をしています。

天ガコメント欄が狭いので、上記のコメントで応募していますが・・
NGC3310は、HSTだったか素晴らしい画像が発表されていますので、前々から撮りたい天体のひとつでした。

CANPの発表資料でも使った、自宅から2台体勢でVISACで撮影したのが5年ほど前、でしょうか・・
パイロット撮影、自分としては銀河巡り、ですね。その一環で撮像した天体で、その時に、思いの外、淡い構造があることを当時、確認。
作品として仕上げなかったのは、LRGB各データが揃ってなかったからか・・(子午線越えてB画像が撮れてないとか・・)、ガイドエラーで諦めたのだったか、ちょっと不明なのですが、、、
面白い天体だな、とは思ってたんですよね。

いずれにしても、5年前に作品として仕上げようと思っていた天体を再撮影し、入選したことは、自分にとっては意味がありますし、嬉しい限りです。
過去の経験が活きてたという事ですから・・・。
でも、流石にネタが尽きてきたなァ・・・。

もっとも、今回の誌面でのプリントを見ても、この天体、輝度差が大きいのもあって、雑さがみてとれてしまいますね・・・…( ̄ヘ ̄;)ウーン
このあたり、画像処理やプリントテクニックの改善が必要だなぁ・・(´。`)はぁ・・・



星ナビ 入選作品 NGC2841
美しく繊細な渦巻銀河で、こういう天体は、画像処理していてワクワクしてきます。

この銀河、撮影した生データは良く写っていて、処理がワクワクしていたのは確かです。
ただ、生データを見た時に感じた程の解像感は出せなかったかなぁ・・。
でも、色彩は自分好みにだせたのもあり、トータルの満足感は高いです。


星ナビ 不採用作 NGC2903

大口径40cmドブソニアン+ラッキーイメージングで銀河のディテールに今まで以上に迫ることができないか、検討しはじめました。
歩留まりが悪く、カラー画像は、今回過去の冷却CCDカメラ画像よりLRGB合成しました。

SkyWatchr40cmドブソニアンによるNGC2903です。
やはり、これでは箸にも棒にもかからないか・・・・(´;ω;`)ブワッ

過去作からみると、ハイライト部分は、口径40cmの威力がでており、ディテール描写は凌駕してました。
反面、淡い腕の部分(まあ、淡いというほど、淡くなない・・か・・・)については、過去に冷却CCDカメラで撮影したものに軍配が上がります。
画像処理に多大な苦労をしていることを考えると、ちょっとメゲちゃうなぁ・・。


天文ガイド 不採用作品 パンスターズ彗星 C/2016R2 オライオン30cm反射望遠鏡 SXVR-H694

2/3のパンスターズ彗星です。小さいながらも面白い彗星です。
自宅での撮影で、こういう淡いイオンテイルの描写はやっぱり不利かなぁ・・。見事にゲキチンでした。
なかなか彗星も難しい。


天文ガイド 不採用作品 NGC2452とNGC2453
珍しい惑星状星雲と散開星団のコンビです。

とも座にある小さな散開星団と惑星状星雲です。さすがに低空の悪シーイングの洗礼を受けて、輝星がぼけぼけ!肝心の惑星状星雲と星像サイズがほとんど一緒で、そりゃあ、これじゃあ入選しませんよね、、、(。・ω・。)


星ナビ不採用作品 NGC1808とNGC1792
やや低空の天体ですが、なかなかに面白い天体です。

こちらはイプシロン200とST10XMEによるもの。赤緯-37度とかなり低空の天体ということもあり、なかなかの難物です。実際、CCDStackでは、低空ゆえの大気の浮き上がり現象によって、星が一致しませんでした。
ステライメージにて、2点指定で、極力、NGC1808とNGC1792に近い星を指定してコンポジットしてなんとか。
どちらも、美しい銀河ですが、特に左上のNGC1808はスターバースト銀河で独特な構造をしています。
いずれオライオンでも撮ってみたい天体ですが、シーイングが悪い時期になるので、キビシイかなぁ・・。

晴天に恵まれた時期で、透明度も良かったので、マイナー天体ばかりですが、割と沢山送ってました (^^ゞ
なんとか、拾って貰えてよかったです。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

入選、おめでとうございます!!
系外銀河はUTOさんの得意とする分野で、
毎回のように採用で流石です。
不採用となった作品も素晴らしいと感じます。
自宅で撮影できると作品数が増えて更に採用の確度があがりますね。

追伸:IMX385、IMX183が気になって買うか迷っています。
Coolにしてみようかな・・・

No title

2誌入選、おめでとうございます。
最近、系外は下火だと思ったのですがutoさんやkさんの頑張りで長焦点作品が取り上げられてうれしいです。
今回は中天メンバーの掲載が多くてビックリしました。

No title

W入選、おめでとうございます!
わたしも、いずれは(何年後)目指したいものです。
UTOさん、何卒、初心者の私にご意見をくださいませんか。

No title

> タキさん、おはようございます。
銀河は好きな被写体なのもあって、マイナーなのも含めてかなり撮ってます。が、処理しても地味なのが多いので、NGC3310みたいにマイナーだけど面白いなんてのはなかなか無いのが悩みの種です。組写真という手もありますが、これはこれで結構大変ですし、、いくつか撮ってテーマが見えてこないと駄目でしょうし、、…( ̄ヘ ̄;)ウーン

IMX385は、良いですよね。仰るようにCoolタイプにした方が良いです。重量の点で軽量なのが良い場合なら、非冷却でラッキーイメージングというのもアリですが、カラーカメラなので、冷却して2分くらい伸ばした方が色ノリが良いかもです。
IMX183については、QSI690をお持ちなので、故障しない限りは不要と考えて良いかと。
画素が細かくなる分、さらに感度は落ちると思います。
ノイズは少ないと想うので、実質的な感度は変わらないかも、ですが・・画素ピッチが細かすぎるので、ピント・ガイド・光学系と、シビアーになるだけな気がします。

No title

> エムティさん、おはようございます。
どうもありがとうございます&入選おめでとうございます!

ここ数年は、系外銀河は確かに分子雲系に比べると掲載が少なかったかも?ですが、ぴんたんさんやRUKUさん達も美しく捉えていらして、採用が増えてきたかな?

天ガも星ナビも、中天メンバーが多かったですね!
こうして身近な人達が頑張ってるのをみると、こちらも頑張ろうという気持ちになりますね。
お互い、頑張りましょう!

No title

> ともぞうさん、どうもありがとうございます。

熱心にやられているので、目標を定めて取り組んでいけば、入選もそう遠い目標ではないと思います。
お互い頑張りましょう!

No title

天文雑誌5月号、2誌入選、
本当におめでとうございます。

今後も素晴らしい天体写真、期待しております。

No title

> チャロさん、こんにちは~
どうもありがとうございます。そう仰って頂けてとても励みになります!!

No title

UTOさんダブル入選おめでとうございます。
相変わらずUTOさんの銀河は解像感も高く色もしっかり乗って綺麗ですね。
ホント知り合いがたくさん入選されていて刺激になりますね。僕もたまには応募してみようかなあ.....

No title

2誌ご入選おめでとうございます。両方とも素晴らしい写りですね。
とくに星ナビのほうは構造が精細に写っていて思わず唸ってしまいました。
形も美しい銀河ですね。

No title

> のんたさん、こんばんわ~
どうもありがとうございます。
色は、原色干渉フィルターのおかげで綺麗に出ているのですが、でも、ST10XME側は最近上手くいかず悩んでいるところだったりします・・。

のんたさんも、ぜひ応募しましょう!きっとみんないい刺激を受けると思います。

No title

> blueberryさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
bleberryさんも同じく30cmで、画素ピッチのマッチングも良いので、すぐに同等以上の作品を得られるかも・・((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル
NGC2841は、美しい銀河で明るい天体でもあるので、ぜひ狙ってみてください。

No title

完全に乗り遅れました。遅くなってしまいましたが・・
(祝)2誌入選!おめでとうございます。
いや~NGC2903中心部の解像度は凄いですね。あの鏡筒がもし普通の赤道義に載ったとしたら・・やっぱり口径は少しでも大きい方が良いって事になるのではないでしょうか?
あと当然ですが自分で撮ったのとはあらゆる面で全然違いますね。良い勉強になります。

No title

> kaienさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。
40cmドブ、鏡筒部分が35kgとのことで、ちょっと無理させればNJPに乗せることはできそうな気もします ( ̄▽ ̄;)
それこそ安定した撮影はキビシイでしょうが・・・。
あと10年くらい経って、経済的に余裕があれば、星見丸にSRとEQ8クラスの赤道儀を導入して40cmを赤道儀に搭載、かなぁ・・?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ