FC2ブログ

記事一覧

ひさびさにデジカメ!

3/12(木)
22時ころから晴れてくる予報だった。
風は強い(4~5)予報だったので、オライオンは使えないだろうねぇ・・
しかし、せっかくの新月期に何もしないのも勿体ない、、

と、いうわけで、久々にX-E1での撮影を検討していた。
可能なら、ε200+ST10XMEと、EM-200を併設しての撮影がBestだったが・・

卓球練習を終えて(うーん、体のキレが悪かった・・・。もう少し動けたらなァ・・)
帰宅後、19時頃だったがベタ曇り。
大和くんのお風呂を入れて出たのが20時半くらい?
そのまま2Fにつれてあがったまではいいが、自分も爆睡・・(;゚Д゚)
嫁さんが21:45には起こしてくれたのだが、、、そのまま0時前までお布団の中でした。

それから、起きてみると、空はまずまずの様子。
風もない・・。が、今からオライオンというのも被写体が思いつかないのもあり、当初の予定通り、デジカメのテストを実施することにした。

天の川付近の散光星雲が狙いなのと、ソードオフしたNFDの星像確認が主なので、
切削したリングやフィルターの取付方法に一苦労(結局、M52⇒M49⇒M48のステップダウンリング2つで解決)⇒NFDでは問題なし。後日、問題になるようなら、ステップダウンリングの購入を要検討、ですね。
いや、まぁ、過去に何回か買ってる筈なんですけど・・・。どこにいったのやらε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

赤道儀はEM-200を持ってくるのは面倒だし、アトラクスは五月蝿いし、せっかくなら3Fの方が条件が良い。ということで、NJPで試すことにした。

ガイドカメラは少し悩んだがASI120MMをチョイス。
ガイド鏡はVixen60S
ピントで悩むか、と思ったが、こちらは、どうやら前回もASI120MMで使ったようでOk。

どちらかというとNFDのピントが手こずった。

ピント苦戦ちう・・

星見丸からは都合が良い光源(街灯)が無いのが一員。
目盛りの値は記憶するようにしておきたい⇒メモすること⇒50付近みたい。

ミラーレスは一眼レフと違って、光学ファインダーではないので、てんでピンぼけだと、まったく星像が見えず苦労します、、、

空の透明度は思ったよりも良くはなかった。5/10はあげても良いかもしれないが、というところ。朝方、雨だったせいで、湿度が高いのかもしれない(が、ベランダに結露なし)光害はちょっと目につくレベル。
特に北の前にはなかったと思う光害がかなり厳しい。北東低空とはいえ、高度30度まで幅広く影響がある。
昨年秋まではなかったと思うが・・・。
まぁ、町中から撮ろうというのが間違い、もとい、ビハインドがあるのは承知の上です。が、こいつァキツイぜ、とっつぁん~・・・。

撮影はM17付近です。機材が機材なので、フォトコンテストとかではなく、遠天写真展用の写真を撮ろうかな、と。

撮影開始は2時前になってしまった。


途中からNGC7000に切り替えるかとも思ったが、薄明まで時間がないことと画質を考えるとそのままで良いか・・・
と思って朝まで放置したのが間違いの元だった。

途中で、エラーになったのかWindowsUpDateか?4枚撮影した時点で、PCが再起動させられてしまい、ガイドができていないかった・・

NJPなので300mmを5分くらい、と思いたいが、恐らく極軸が若干ずれているのだろう、星像は伸びていて、がっくり。

ノータッチでのM17

まぁ、NJP+NFD328でなんとかバランスは取れることも判ったし、久々の撮影はやっぱり楽しい。
特にデジカメはやっぱり撮影していて楽しくなりますね。
中途半端な寝起きだったので、躊躇した面もあったのですが、撮影して良かったです。

朝方、一応、フラットは撮影して完了。
睡眠時間は細切れだったが、それなりに取れたと思います。
まぁ、今日、大事な打ち合わせがあったので、無理はできなかったのもありましたが・・・。
打ち合わせの方も無事乗り切った今となればもう少し頑張っても良かったかなぁ・・

今晩は、GPVではダメダメだったのに、夜半まで晴れてました・・
いや、一応、出すつもりでしたが、やるなら、撮影手軽な、ラッキーイメージングと思ったのですが、20時過ぎの時点で星の瞬きが大きかったのもあって、諦めたんですよ、、、まさか夜半まで晴れるとは、、、(;´д`)トホホ…
おまけにシンチレーションも、20時過ぎ確認時点より良くなってるみたいで・・。
あーあ、でした。
ミスったなぁ・・。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

子供寝かしつけて自分も…ってありがち(笑)私も翌朝親から「あんたのが先に寝てたよ~」って言われてました(笑)
ミラーレスのピント合わせ、私も悩んでます。去年手に入れたNEX6なんですけどライブビュー機能が付いてなくて…
昔のマニュアルカメラって∞マークに合わせるだけでピント合うんですよね?そういうのが良いなあ(*'ω'*)
あ、遅くなってしまいましたがW入選おめでとうございます!!流石ですね(#^.^#)

No title

> あみかんさん、こんばんわ&どうもありがとうございます。

自分の体力面もあるのでしょうが、ここのところ、早寝です (^^ゞ

NEX6,ご近所さんも数年前にこれで流星を撮った!と見せていただいたことがありましたが、良いカメラですよね。ライブビューが無いとは驚きです。
ライブビューですが、てんでピントが合ってないと全然星が見えないのが欠点です。OVFの一眼レフの方が天体写真にはまだまだ向いている気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ