FC2ブログ

記事一覧

火星 5/22

ううん、大和さんのお風呂の後にミルクをあげてると眠くなってしまって、いけません σ(^^ゞ
画像処理が進まない・・・

AS!のおかげでスタックは楽になったのですが、撮影時にフィルター情報を盛り込んだファイル名にしなかった上、AS!ではスタックする割合設定ごとにフォルダが作られて放り込まれていくので、後処理が大変・・・ Σ(゚д゚|||)ガーン
B画像どこだー!とか、これ、ASI120MMだっけ?ToupCamだっけ???とか・・・
あと、枚数的にスタックさせる割合間違えた~!とか、カラーカメラなのに、GlayScaleでスタックしちゃったΣ(゚д゚|||)ガビーン
とか、逆にモノクロカメラなのにRGBでスタックしちゃったりとか、踏んだり蹴ったり・・・(;´д`)トホホ…
寝ぼけ眼で処理するのはちょっとシンドイソフト鴨・・AS!・・・。


火星 5/22 3時20分頃? MT160 反射望遠鏡 パワーメイト×5倍 QHY5III178C

たまたまシンチレーションがこの時だけ良かったのか?16cmにしてはまずまず写ってくれたんじゃないかなー・・と、いうか個人的にはここまで写ってくれたら、満足です♪
ミュートンさんも例会で仰ってましたが、MTってミラー精度がいいし、なにより造りが良いので、いろいろと使いやすいんだよね・・・(もっとも、自分のはかなり老朽化してきてしまってますが・・・)

MT160とQHY5III178Cの組み合わせでここまで写せることが判ったのは良い成果でした。178Cもやっぱり良いカメラですね(今なら、IMX385にしますが・・ ^^;)


 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます。

師匠、火星像左右が、逆のような気がしますが・・・・

写りは最高にいいですね。

No title

> ミュートンさん,こんばんわ。
ありゃりゃ、逆ですか。鏡像ってことですよね。
そうすると、AS!のFitからSIに持って行った時かなー・・

写りはもう自分のレベルならこれで大満足なのですが、せっかくの機会なので、梅雨の間にダンガンマスクを作ってASC-11でチャレンジしてみようかなと考えているところです。
40cmドブは・・ファインダーをお尻につけてから考えてみます・・・が、それが一番の課題かなぁ・・

No title

確かに鏡像ですね。でも左右を逆転させれば良いので問題なしでしょう。
画像的には16cmで写したとは思えない良い写りですね。
FireCaptureとAS、慣れれば後が楽です。UTOさんなら直ぐにマスターでしょう。

No title

> ヨネヤンさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。鏡像、直しておきます・・(; ̄ー ̄A アセアセ・
FireCaptuerとAS!はホント便利でいいですねぇ。

No title

MT-160の鏡面精度の良さが分かる素晴らしい火星ですね。今は衝の前だから南を上にしたときに左側が欠けているようになります。大シルチスが夜明けを迎えキンメリア人の海が南中しているのが良く分かりますね。

No title

> ☆シュミット☆さん、こんばんわ。
鏡面精度はもちろん高いのでしょうが、中華鏡筒もミラー制度だけならかなりの性能があると思います。
ただ、斜鏡や主鏡セル、さらには接眼部・・(自分のはちとガタ来てますが・・)といった各部の造りが非常に良いので安定した撮像ができるのも大きなメリットだと思ってます。
例会でミュートンさんとお話したら、赤道儀の安定性でも歴然の差を感じた次第ですよ、、うちのアトラクスはガタがあるので、、、(;´д`)トホホ…

火星の向き、ありがとうございます (^^ゞ
いやー・・やはりAS!で反転してるかなあ・・。
またいろいろとご指摘していただけると、とても助かります m(_ _)m
今後とも宜しくおねがいします。

No title

いいですねえ。16cmでもこの写りは凄いですね。パワーメイト5倍と2.5倍がありますが、どちらが良いでしょう?C9.25なら2.5倍で良いでしょうか?
5倍だと暗くなりすぎるような...

No title

> のんたさん,こんにちは。
たまたまかもですが、いい感じで撮れてラッキーでした。
C9の焦点距離だと、自分なら、やっぱり2.5倍をチョイスしますが、画像処理と絡めて考えると大きく撮って、という方法もあると思うので、処理次第でしょうか・・
とりあえずは安価なバローレンズでテストしてみるのも一つの方法ですが、でも梅雨を考えると時間がないんですよね・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ