FC2ブログ

記事一覧

6月1日写真の日

だそうです。会社から帰る時にラジオが言ってました (^^ゞ
知らなかったな~。


リング星雲 M57

と、いうわけで1枚。
自分の中で、納得がいくまで撮れた写真ってどれだけあるだろう・・?

このM57は、5年ほど前に撮影したものですが、それこそ今で言う秘伝のタレ方式で、後日に仕上げた作品です。
今見ると、ツメは甘いものの、でも、これ以上のM57を撮るのにはどうすればいいのか悩みます。
L,R,G,B,Hα,OIII,HeIIの7色で仕上げたレインボーカラー合成処理を実施。
特にHeIIのおかげでM57の星雲の色彩は、天文台ちっくな色合いになっています。


各フィルターを通してみると、HeIIで外側のドーナツが消えるのがわかりますね!
撮影しようと思ったきっかけは、高校天文部の友人のN波さんから貰った星の書籍の中のパロマ天文台で撮影された写真からです。
ドーナツ星雲のドーナツが全く無くなった写真が掲載されていて、興味を引いたものです。
その波長がHeIIと知ったのは、大学生の頃だったと思いましたが・・・
HeIIは残念ながら、天文アマチュア向けのフィルターは市販されていないので、エドモンドの470nmの狭帯域フィルターを購入して使っています。透過率55%程度のものですが、もちろん、効果はあるようです。
HαとOⅢで、外ハロの様子が違っているのも判りますね。

写真の日といいつつ、写真らしからぬ作品を紹介してしまいました (; ̄ー ̄A アセアセ・
でも、このM57は、自分が撮影した中で満足した数少ない作品です。
もっとも・・今後は、40cmドブ+CMOSで撮影した画像を上乗せして、さらなる改善を試みたいとは思っています。

天体写真って、モチーフは同じなのですが、だからこそ、どう撮っていくか、あるいは過去の資産を引き継いだ上で、どう、画質を向上させていくか・・
ほんと、ライフワークにはうってつけの趣味だなぁ・・と思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちは(*'ω'*)
写真の日は知りませんでした。
M57、リングの微細な構造や周囲の淡いトコまで写っていて流石ですね。

No title

ご存知なかったのですか?
びっくり。
気象記念の日でもあります。
電波の日でもあります。

No title

> あみかんさん、こんばんわ。
僕も知りませんでした~(^^ゞ
M57,ありがとうございます。
この天体は明るいのもあって昔からいろいろな方法で撮影してきたのですが、この作品が集大成かなぁと思ってます。
周辺星像がーとか、完成度はちと低いのですが、星雲の描写自体は満足していて、これ以上はどうすればいいかなーと思っているところです。
40cmドブで撮ってみて、どうなるか・・

No title

> NGCさん、こんばんわ。
いやー、全く知らなかったです。帰りのK-mixのラジオで聞いて、これはブログに書かねば、と思いました (; ̄ー ̄A アセアセ・
さすが、いろいろとご存知ですね!

No title

私も全然知りませんでした。HeⅡでドーナツが消えるのも全然知りませんでした(^^;
でもUTOさんの記事のお蔭で一つ利口になりました!

No title

写真の日?そうだったんですね。なんで6月1日なんだろ。語呂合わせになっていないような...
M57素晴らしいですね。これが5年前の写真だなんて。フィルターによる写りの違いも興味深いです。 UTOさんの言われるように積み重ねていくことによって同じ対象でも違う顔を見せてくれるので飽きません。でも金食い虫の趣味でもあります...

No title

> ☆シュミット☆さん、こんにちは。
輝線星雲は、NarrowBandで見知った星雲がまるで違う星雲の様に写るのも面白いところです。
HeⅡは惑星状星雲で良く使われているので、アマチュア用に出てきても面白いと思うんですけどね・・
撮影用ならHβよりはるかに面白いと思います。
もっとも、自分もHβでの撮影はもう15年以上していないので、今撮ってみたら新たな発見もあるかも?ですが・・どうかなぁ・・。
基本的にHαと同じ分布で強度が弱くなるだけという印象でした。

No title

> のんたさん、こんにちは。
写真の日

昔の文献によると、天保12年(1841年)6月1日に、はじめて日本人により写真撮影がなされた(島津斉彬を写した)とされていたため、この6月1日を「写真の日」とした。しかし、その後、この点は間違いであることが判明した(正しくは、安政4年(1857年)9月17日であった)。ただ、いったん定めたこともあり、そのまま6月1日が「写真の日」とされている。(Wikiより ^^;)

(´・∀・`)ヘー

天体写真はモチーフは同じですが、いろいろな撮り方、表現方法があり、本当に飽きません。
M57もやり尽くした感はありますが、40cmドブ+ラッキーイメージングでさらなる向上が見られれば、その結果はこの画像に上乗せしたいと思っていますし、そういえば、CMOSで撮影したHαの描写はこの画像より上だったかも。
突き詰めたと思ってもまだまだ先があるのも面白いところですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ