FC2ブログ

記事一覧

昨晩は惑星

昨日は、朝からいいお天気でした。
金曜日晩も晴れるかも?と思っていたのですが、夕方はベタ曇り・・
MT160だけベランダに出してたのですが、仕事疲れもあり、酒かっくらってたら、ゲキチンしてました・・・爆
朝目が覚めたのは4時半。すでに明るくなっていましたが、晴れていてチョット悔しかったです・・

で、さすがに昨日は頑張ろう!と思って、夕方からオライオン30cmを設置。
実はUVフィルターを、これまで使っていた朝日分光 MX380

これだと透過率がかなり低いのが難点です。そこで新しくUVフィルターをゲット!


こちらが新しく入手したSemLockのフィルター。透過率が大幅にアップしています。半値幅は同じ10nmモノですが、透過率が向上した分、露光時間短縮が期待できます。
もう少し半値幅が広い方が惑星撮影には有利なのですが、金星の表面模様の表現を考えると、これ以上長波長側に依るのは好ましくないのは、以前、調達した台湾製のKUPO 
のフィルターをテストした時に感じています。
SemLockだと、このフィルターが理想的かもしれません。

が、普通に金星の模様だけ撮るなら、Bardarのフィルターをチョイスするのが無難なのかもしれません。
ただ、今回、金星用というだけではなく、星雲撮影用、とりわけ惑星状星雲様のNeIII 386.9nmを撮ってみるのに一番都合が良いフィルター(と、いうか他社ではオメガも含めて無かったかと・・)なので、チョイスしてみました。
どこかでM57あたりを撮ってみたいと思っています。

ちなみに、SemLockも朝日分光もΦ25mmのフィルターは、たいていのΦ31.7mm用フィルター枠にそのまま収めることができると思います。

さて、夕方は曇ってしまい肝心の金星は撮影できませんでした・・・
ただ、木星が撮影できる頃には雲がどいてくれました。

木星 オライオン30cmF4反射望遠鏡 パワーメイト5倍 QHY5Ⅲ178C

さすがに夕方はシンチレーションがイマイチなのもあって、出来栄えとしては良いものではありませんが・・・

夜半から撮影した土星の頃には、先月まであった、寒気による高周波の揺れがなく、シーイングは決して良いとは言えませんでしたが、細かなボケはなく、良い感じになりました。


土星 オライオン30cmF4反射望遠鏡 パワーメイト5倍 QHY5Ⅲ178C

さすが、sonyセンサ、いい色が出ます。
とはいえ、雲がでてきて撮影に難儀はしました。


火星  オライオン30cmF4反射望遠鏡 パワーメイト5倍 QHY5Ⅲ178C

あいにくと面白い表面ではありませんでしたが、良く写ってくれたと思います。
0時から1時半まで仮眠はしたのですが、熟睡できず、、、
その後もコマ切れ睡眠で、ちょっと体がだるいー・・

うーん、30代の頃に比べると、無理が効かなくなってきたかなぁー・・

何はともあれ、金星は残念でしたが、その他の惑星は雲間からとはいえ、無事撮影できて良かったです。

16cmとの違いは、やはり光量の違いでしょうか?同じ構造を出すにしても無理することなく、余裕を感じます。
これは星雲撮影でも同じなのですが・・・
シーイングが第一なのはもちろんですが、やはり口径というのも大きなファクターかな、と感じた次第です。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

一晩で3惑星、頑張りましたね。
シーイングが良い時は大口径の威力で細部まで楽に炙り出せると思います。
60歳代に入ると更に無理が出来なくなります。昨夜は木星を2時間半追いかけたら土星まで届きませんでした。

No title

> ヨネヤンさん、こんばんわ。

体力の維持だけはと思ってますが、なかなか・・
せっかくの晴れの休日でしたが、午後は爆睡して潰してしまいました(; ̄ー ̄A アセアセ・
でも、3惑星を撮ることができていろいろと楽しめました。

No title

おそらく同じ頃、私も木・土・火星を眼視観望してました。
大気の状態はまあまあだったこともあり、瞬間的にかなり細かい構造も見ることができて楽しめました。そのときの視たままの感じの写真を拝見できたのでうれしいです。
惑星も長門砲の方が良いのではないでしょうか?

No title

> kaienさん、こんばんわ。
おぉ、kaienさんも頑張られてましたか!
惑星もおっしゃる通り長焦点が良いのですが、撮影なら、まず口径が一番かな。
シュミット・カセですごいの撮ってる方々も多いですしね。
理想を言えば光学系の精度とコントラストもあると申し分ないのでしょうが・・

とはいえ、さすがにF4ニュートンだといくらバローで拡大しても、当然F4の時と同じピント精度が必要(ラックピニオンの動きがバローで5倍されちゃうわけですから)なので、正直苦しいデス・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ