FC2ブログ

記事一覧

大気分散

今晩も晴れてます。
シーイングはイマイチですが、木星にちょうど大赤斑がいたこともあって、撮影してみました。

木星 オライオン30cmF4反射望遠鏡 パワーメイト×5 QHY5III178C カラーCMOSカメラにて

うーん、シーイングは止まって見える時は結構微細構造が見えるのですが、、、
こういう時は以前にも書いた様に、選別を厳しくすることで良い結果が得られる筈です。
が、PCの能力不足なのか?30秒で、160コマ程しか撮影できておらず、ガックリ・・・
もちろん、スペック的には全画素読み出しても50FPS出せる筈なのですが・・。ほぼ200万画素程度にクロップしたのに、全然フレームレートが出ておらずガックリです・・・。
こないだはここまでひどくなかったと思うんだけどなぁ、、、

さて、タイトルの大気分散のお話です。
この時期、低空になる惑星たち。
シーイグが良い夏場だと黄道が南に低いという、なんて悪循環・・。
ご存知の通り、カラーカメラで撮るとはっきり判るのですが、大気のプリズム効果で光が分散されて色がついて見えます。
モノクロカメラではどうなるかというと、


大気分散の例

この前(6/2)はシーイングが良かったですからね。ようやく確認ができるだけの画質の画像ができました。
フィルターで分光撮影したうち、L画像とR画像の比較です。
R画像に比べ、L画像では、カッシーニの溝が、大気分散によって、ぼやけてしまっていることがお解りになると思います。
これをしっかりと補正して撮るには、ADCの様なウエッジプリズムが必要になります。

しかし、ご覧の通り、Rフィルターでは、比較的くっきりとカッシーニが分解してることも判ります。
なぜかというと、波長が長い光は分散角が小さくなり、大気分散によるボケが小さくなるからです。

少し前にも書きましたが、火星の場合、IR光による撮影で、地表面をよりくっきりと描き出すことができます。
したがって、800nm程度のIRフィルターで撮影する場合、大気分散の影響を受けにくくなりますから、今回の火星大接近では、ADCは買わなくてもいいかー・・とか思ってるところです・・(; ̄ー ̄A アセアセ・

ADCはカラーカメラで調整するのが一番ラクそうですが(その後で同焦点のモノクロカメラに付け替え)、可視光で調整しちゃうと、IR光では過補正になると思うのですが、その辺りはどうやられてるんでしょう・・・? 

まぁ、今から買っても、テストする時間が無いのもあって、やっぱり、ADCは見送りかなぁ・・
結構今でもギリギリなので、ピントが出せるか解らないのと、使いこなしに時間がかかりそうですし・・
でも、土星だと欲しいですね~。どうしようかな・・

土星のRフィルタの作例も分散が皆無ではなさそうですが、でも、個人的にはここまで写れば十分満足。
カメラ感度も良くなっているので、土星も赤外スルーのRフィルターを使うことで光量を稼ぎつつ、分散も抑えることはできるかもしれませんので、やっぱり、お得意のフィルターワークで頑張るかな・・。
いや、でも、、うー・・ん・・ ( ̄  ̄;) うーん

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ