FC2ブログ

記事一覧

スライド式アダプタ

 
これは、どっちかというと、一緒に購入したミューさん宛みたいなものですが・・・
ST8300Mのカラー撮影を行うのにあたって、こんなことを考えています。
 

使うのは光映舎のスライド式アダプターです。
なにしろ、冷却CCDカメラを使い始めてから、もう今年で14年目ですから・・
CV用(Nikon)、ST用(PENTAX)と2つも持っていたり・・ (^^;

裏面にはM35.5 P=0.75?のネジが切ってあります。

そこで、こんな感じで、M42オス-M35.5オスリングを一つ作成していただいて、スライド式アダプタを付けようという魂胆です。
スライド式アダプタのフィルタ径は34mmです。専用フィルタホィールは36mmだったかな?
どちらにしても、そんなに径は変わりません。
ただ、外径M35.5ねじ切りのリングということは内径はもっと小さくなってしまいます。出来る限り広い方がいいですが・・・常識の範囲内で考えて、30~32mmでお願いしますと、依頼しました。
まあ、多少蹴られるかもしれませんが、、、
しかし、リングを薄く作成していただければ、カメラレンズも使える可能性が(一応)あります。
高精細ABG付きのST8300なら、カメラレンズでの撮影も楽しそうな気がします。
ST7のフランジと、ST8300Mのフランジはほとんど同じとすると、やっぱりリングの厚みが増える分無理か・・?
リングが仕上がりの予定はGW明け以降になると思いますが、ちょっと楽しみですね。
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

naokiです。
遅くなりましたがブログ開設おめでとうございます。
今後いろいろ参考にさせていただきますね。

No title

naokiさん、ありがとうございます。
あまり参考になる様な事はないかもしれませんが、今後ともよろしくお願いします。

No title

ブログ開設されていたのですね!
ミューさんのブログコメントではじめて知りました。
さっそくお気に入りに登録させていただきます。
このカメラは凄く気になっていますので、レポート楽しみにしています。

No title

UTOさん、了解です
カメラレンズが使えればいいな~
タカハシから54~42リング買ったので
モノクロでしばらく撮りますね
今週の土曜日は UTOさん、飲み会でしたね
仕方ない一人で行くかな
コーチさんの所みたいに暗かったら遠征しなくても
いいのにね

No title

コーチさん、ありがとうございます。
一応、ファーストライトはすでに行ってるので見てみてね。
意外といいカメラでびっくりしてるんですよ。

No title

ミューさん、こんばんわ。
まあ、こんな感じですが、焼津の御大はミューさんが考えられていた方式での作成を検討しているようです。
バックフォーカスはうろ覚えですが、カメラレンズはちと期待できそうにない様な、ひょっとしたらギリギリでいけるような、微妙な感じ。どちらにしても無限遠より回らないレンズはNGですが、タムロン328とかだとひょっとしたら、ギリでピンがくるかもしれないんですよ。どちらにしても、実機であわせてみて考えるしかないですね。

No title

これですとカメラ回転はどうなさるのですか?

No title

naokiさん、こんばんわ。
僕とミューさんが使いたい機材は回転装置付きですので、実は考慮してないんですよ。
イプ160,200,MT160にはいい回転装置が付いてますし、ミューさんのタムロン328にも回転機構がありますので。

No title

もう一つ質問です。
カメラマウントの強度はいかがですか?
ガタやスケアリングはいかがでしょうか?

No title

naokiさん、こんばんわ。
ST8300はさほど重量が無いので、概ね問題ないだろうと思っています。Kissよりはさすがに重たいですが、EOD40Dとは同じくらいです。
デジカメの方がもっとセンササイズが大きい訳ですしね。
なんとかなるだろうとは思います。

でも、やっぱり、ガタはあると思いますよ。
カメラマウントって余所でも書いた気がしますが、あれはレンズをつける為のものであってカメラをぶら下げるモノじゃあありませんから。
まあ、さほどST8300に期待してなかったこともあって、
あるものでやってみるというのがあったんですけど (^^;A
これがダメそうなら、もう少し真面目に考えてみてもいいなって気になってます。
その場合は多分、フィルタホィール導入の検討でM42ねじ込み接続になると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ