FC2ブログ

記事一覧

金星 6/9

6/9に撮影した金星です。

金星 MX380 UVフィルタ、IDAS-G、フジトリアセテートIR96 UV,G,IRによる三色分解合成カラー
オライオン30cmF4反射望遠鏡 PowerMate5倍 ToupCam

最近は、安定して晴れそうもないこともあって、すっかり惑星に傾倒しています。
少し前にSemLockのFF01-387フィルターに新調したことを書きましたが・・・・
これが失敗!950nm程度から赤外リークがあり、これが影響を及ぼし、UVフィルターとしては使い物にならないことをこの日、確認・・・orz

仕方なく、朝日分光のMX380に戻しました・・・
ただ、ToupCamは、UV感度も、ASI120MMに比べるとセンサQEが高いこともあり、同時撮影はしなかったのですが、ASI120MMで1枚あたり、300msで撮像しててんで使い物にならなかったのが、ToupCamでは100msでの取得でもモノになることは確認しています。
実際、センサQEのグラフからは、2倍以上の感度が得られるだろうなーと思ってましたが、その通りの結果でした。
もっとも、夕方の西空低空の金星だと気象条件に左右されるので、これだけの結果だけでは、ToupCamの方が感度が高い!とは言えないんですけどね、、。
まぁ、カタログスペックでも、実際の感触でも、感度は高いのは間違いないと思いますが。
特にHα線への感度から考えると、DeepSkyには間違いなく、ToupCam、となります。

それはそれとして、UV光による金星はなかなかに美しいものですね!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

この前写してみたら、低空って事もあって揺れ揺れでかつ模様どころではありませんでしたが、金星ってフィルターかまさないと模様写りませんよね。
これから細く大きくなってくるので金星も撮ってみたいですが、フィルターまで手が回りませんし、大きくなると細くなるので模様写りませんね💦
ところでPowerMateですが、2.5倍と5倍がありますが、どちらにしようか悩みます。C9.25なので2.5倍の方が良いかな? 今の火星や、木星、金星は明るいので5倍でも良いかも知れませんが、土星は暗いから5倍は厳しいかな....

No title

> のんたさん、こんばんわ。
金星は難しいですね。明るい分、露光時間も短く済むのですが、逆にそれシーイングで歪みが大きくなって、さらに難しくしていると思います。
UVフィルターでの金星は面白いのですが、あんまりやられてる方は少ないかもですね・・。

PowerMateですが、惑星は大きく撮って処理する方もおられれば、小さく撮って処理する方もいるようなので、画像処理次第だと思いますが、個人的にはやっぱり拡大率を抑えて撮る方が良い気がするので、2.5倍がオススメかなぁ・・

No title

UTOさん、ありがとうございます。
どちらかを買うなら2.5倍のほうが良いですよね。できれば5倍もあると気流の良い時に拡大して撮れるので良いかもしれませんが、3万しますからね。5倍だとF10の望遠鏡でF50か。やっぱり迷うなあ。今回火星メインなので5倍で強拡大して解像度上げるのもいいかな......あ、火星模様が見えないので拡大しても意味ないかな...

No title

> のんたさん,CMOSカメラは画素ピッチが精細化しているのも考えると、やっぱり、2.5倍が良い気がします。
すごい惑星像を撮られているiwaLabブログhttp://iwalab.blogspot.com/2018/06/2018.html
の記事を見ても、F50は長すぎでむしろ2.5倍のF25で良いのではないでしょうか?(それでもオーバーサンプリングだそうですが)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ