FC2ブログ

記事一覧

おおぐま座の渦巻銀河NGC3359

6月も今週末でお終い。1年の半分が過ぎようとしています・・・。
うーん、1年がまじで早い・・Σ(゚д゚|||)ガーン

さて、この冬は良く晴れていろいろな銀河を撮ることができました。
ただ、まあ飲みすぎて、気がついたら朝だったり、なんてことも多々ありましたが・・ ( ̄▽ ̄;) 

それでも結構いろいろと銀河を撮ることができて個人的な満足度は高かったです。
そのうちのひとつが、おおぐま座のNGC3359です。

NGC3359 オライオン30cmF4反射望遠鏡 パラコア2使用 SXVR-H694 冷却CCDカメラにて。

この天体は2晩撮影したものから仕上げました。一応、作品化は検討したみたいです。
視直径7.0'×3.8' 10.5等と、小宇宙としては明るく大きめな天体ということもあって、少しは期待して撮ったようです。

NGC3953 オライオン30cmF4反射望遠鏡 パラコア2使用 SXVR-H694 冷却CCDカメラにて。


NGC2336  オライオン30cmF4反射望遠鏡 パラコア2使用 SXVR-H694 冷却CCDカメラにて。

といった天体たちと、組写真にしようと考えないではなかったですが(ちなみに、いずれも単体で応募して落選)
下2つはどうみても棒渦巻銀河だし、NGC2336はおおぐま座じゃないし・・・と、テーマ性に欠けることもあり諦めでした。

とはいえ、やっぱり、こうして渦巻銀河を並べてみると、似ているようでいて、色彩や形状が違っていて個性があることがよく判って面白いですね。

そのほか、1晩しか撮影していない中途半端なデータがまだまだたくさんあるので、ぼちぼちと処理していこうと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

ひさしぶりに銀河来ました!小さくて地味でも面白そうな銀河もたくさんありますし、それかまた遠望天体なので自分で撮ってみたい気持ちになります。
ホントに一年間早いですね。撮りたい天体はたくさんあるのに、ぜんぜん晴れ間が足りません。

No title

> kaienさん、こんばんわ。
久々に銀河です~。まだまだストックは残ってるので、ぼちぼちと紹介していきますね。
kaienさんも、ぜひ狙ってみてください!

それにしても、ほんと1年が早いですねぇ、、

No title

良いねぇ。私はこういうDeep Skyこそ天文雑誌で取り上げて欲しい(星景写真は朝カメ本カメに
行くべき)と思ってるんだけど入選しないんだよなあ。
ところでIC342を筆頭に北天の系外銀河って腕が紫色に写る傾向が有る気がするんだけど気のせい?

No title

> kob**995さん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。33359もなんとなく衝突とまではいかなくても、ちょっと腕の出方が変な?感じの銀河な気がします。
僕もDeepskyが好きなので、もっと取り上げてもらえれば嬉しいなぁ、、

星景写真、朝カメ、厳しいですかー。この分野は風景写真の要素も多分に含んでいるので、難しいのでしょうね、きっと。素人考えですが、星がなるべく点で目でみた情景の延長線の方が伝わるのでは・・と思わないではないですが、どうなのでしょう?
写真の原点って自分の見た感動を誰かに伝えたいというところだと思うので、、
星が線になっていたり、Hαが過剰に写っていたり、というのは天文ファンからすると計算され尽くしていることや、ここにこの星雲あるよねー、と共感は得られるのでしょうが・・・

北天の銀河、どうなんでしょう?僕はIC342は多分黄色系に仕上げると思うので、、
でも、銀河のカラーバランスって難しいです、、、。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ