FC2ブログ

記事一覧

30cm VS 40cm

大口径を夢見て、40cmGotoドブソニアンを導入したわけですが、オライオン30cm×冷却CCDカメラSXVR-H694でも、自分が撮りたい天体写真は撮れています。
40cmドブソニアン×CMOSカメラに期待するのは、よりディテールの向上、分解能の向上にあるわけですが、実際にどうなのか、比べてみました。


左:オライオン30cmF4反射望遠鏡 パラコアⅡ使用 SXVR-H694冷却CCDカメラ
右:SkyWatcher 40cmF4.4反射望遠鏡 パラコアⅡ使用 ALICE-Ⅱ CMOSカメラ

同日に撮影したものではありませんし、画像処理も別日にそれぞれ行っているので、厳密な比較ではありません。
が、天体写真の場合、気象条件に左右されることが多いので、どちらかというと雰囲気や特徴を掴むことの方が大事だと思っています。できれば、N数(比較検討の数)を増やして比較するとなお良いかと思います。

オライオン30cm側の方は、約1.6倍に補完拡大しているので、そのつもりで見てください。
とはいえ、こうして比較してみると、ハイライト部分は、40cm+ラッキーイメージングの威力で分解能上がっているようです。
反対に、暗黒帯の一部などを見ていくと、暗めの部分は、オライオン30cmの方が一部描写が良いところもあります。
なんともビミョーなところですが、、、
10年以上前になりますが、田中光化学工業のTaNaKaさんから、たとえシーイングが悪くて一番細かな構造が潰れても、次の構造などは、大口径の方が、描写がよくなると教わったことがありますが、この比較からすると、まさにそんな感触がありますね。

40cmドブソニアンによる撮影は、手間はかかりますが、どうやら、やる価値はありそうなので、とりあえず、まずはファインダーを見やすいように、後部主鏡ユニット側に取り付け加工するか・・・(゜-゜)
使い勝手が向上すれば、また使用頻度も上げられると思いますしね!
ぼちぼちとやっていきますか。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんは(^^♪

ん?これは先日の「爆発」のですか? 違うかな?
大きさと色くらいしか違いはわかりませんが、
どちらも素敵ですね

No title

やはり40cmのほうが解像度高いですよね。30cmでも十二分に凄いですけど。 ラッキーイメージングなら赤道儀が要らないのは魅力ですね。

No title

ううん、微妙ですね。
同じ口径でも、いや、口径が大きくても鏡の精度が結構効いてくる気がします。
高倍率の惑星とかやっているとその差が良くわかります。
UTOさんも少し同感しませんか?
25センチの中華製の鏡よりも15センチの木辺鏡の方が遥かに優れている気がします。
まあ、小生の場合はですが。
木辺鏡にも色々ありますからね

No title

30㎝でも凄い!と言いますか、40㎝の威力にオライオンが肉薄している感じでしょうか。40㎝砲もUTOさんの技術でまだまだ性能を引き出してくるのではと思っています。

大口径化を目指す私が少し前から気になっていたのですが、温度順応して落ち着くまでの時間はいかがでしょうか?UTOさんの40㎝鏡筒は主鏡の形状が特殊なので順応は早いと思いますが、オライオンの方でも30cm・・それなりの時間がかかると思いますが、そのあたりはいかがでしょうか?

No title

余裕の40㎝と言う感じで上が目指せそうですね。日本のシイングの限界も越えられる未来が感じられます。限界突破がんばれ。

No title

> *:☆.。.C .。.☆:*さん
こんばんわ。いつもコメントありがとうございます。
はい、前回のものなのですが、新しく買った望遠鏡と今までの望遠鏡とどれくらい違いがあるのかなーと思って、比較してみたんです。
結果は、まぁ、微妙なのですが、でも、今までの機材では撮れないところも写ってるし、ビミョー・・な感じです (^^ゞ

No title

> のんたさん、こんばんわ。
基本40cmなのですが、やはりラッキーイメージングでは淡い部分が弱いみたい。
そうすると赤道儀に搭載できるのが一番なのですが、まぁしばらくはCMOSカメラの進化に期待してドブソニアンで頑張ってみます。
将来的にはSRつくって、40cmを赤道儀に乗っけたいなぁ・・。

No title

> タキさん、こんばんわ。
眼視だと、0rion30cmF4より圧倒的にFS128の方が良く見えたのは経験してますが(シーイングというよりもコントラストと切れ味)、撮像では今の所は口径差の逆転を感じたことはないかなー。
もっとも、手持ちだと、4枚玉10cmフローライト屈折か、MT160になってしまうので、鏡面精度が良い鏡筒って、そういえば見たことないデス・・。

No title

> kaienさん、こんばんわ。
どうもありがとうございます。もう少し劇的な差が出てくれると嬉しいのですが、オライオン30cmもやるなぁ・・という感じですよねー。
シーイングとかも考えると、これが限界なのかもしれません。

個人的な経験ですが、20cmを1cmでも超えてくると撮れる映像に差が出てくるかな、と感じてます。

温度順応ですが、オライオンはシースルーセルなので、オリジナルなら1時間弱で十分、つまり、普通どおり使えます。GSOのミラーに換装してますが、少し伸びたかな、という程度で、割とふつーに使えます。40cmも今のところそんなにかからない感じです。ただ、28cmシュミカセはASC化しているので、補正板に通風孔があるのですが、こいつは、時間がかかります。2時間みてもどうかなーという印象です。筒内気流の影響も大きいのだと思いますが、ニュートンなら、温度順応はさほど心配しなくても良いかもです。

No title

> gqm*****さん、こんばんわ。
やっぱり?大口径に憧れていってしまいました (; ̄ー ̄A アセアセ・
なかなかの曲者ではあるのですが、こうして比べてみると、ラッキーイメージングでも大口径の恩恵に預かれそうなので、頑張ってみようと思います (`・ω・´)ゞ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

UTO

Author:UTO
子供の頃、図鑑で見たパロマー天文台の天体写真に憧れて、天体写真を初めて幾星霜・・
デジタルカメラの進歩によって、当時のパロマ天文台の写真を超える天体写真がアマチュアでも撮れる時代になりました。

月別アーカイブ